FC2ブログ

松任谷由実 タイムマシンツアー at 神戸ワールド記念ホール

2018年10月08日 00:44

ユーミンが45周年記念で出したベスト盤「ユーミンからの、恋のうた」初回限定版に
特典として、45周年記念アリーナツアーの、最速先行予約が付いていました。
うちの奥さんがユーミン好きで、昨年のツアーも地元で行ったので、
今回のツアー日程の中で、無謀でない距離、仕事が休みの日ということで、神戸公演を申し込みました。
20数年ぶりのアリーナツアーということで、「ユーミンもしかして引退するんじゃないか?」という不安もありました。

やはり特典だったからか当たりました(笑)それも良席。

ということで、少し遠いですが、神戸行ってきました。
もうしばらくすれば、遠くまで無理してまで(ほんと・・・)観たいアーティストもいなくなりそうなので、
あと少しだけがんばろうと思います。
親の面倒や体調のことで、めったに県外に出ないので、いい気分転換にもなります。
ym4.jpg
神戸は通り過ぎることはありましたが、きちんと来たのは人生二回目。
それも今回の会場は来たことのないポートアイランド内の、神戸ワールド記念ホールです。
ym5.jpg
ステージ配置こんな感じなんですが、さっきも書いた通り、ほんと奇跡の良席、
ステージ中央真横スタンド最前列 !! 申し訳ないけど、アリーナよりずっと目の前で見える席です(画像は後方俯瞰)

どうしても演る側の気持ちや都合も少しだけわかるので、本番始まる前
今まで体験したことのない、アリーナ中央にあるステージ見ながら、
地下入口はないから、客入れ始まったらユーミンたちはもちろんもうこの↓だな、とか
ということはメンバー全員もうこの中で、控室やトイレも仮設でこの中か !!(笑)とか余計な事ばかり
考えてしまいます。

ym1.jpg
ステージの内容は言うまでもなく圧巻 !!
というか、ユーミンいつまでこんな「危険なステージ」演るつもりだろう?

「危険」という意味は・・・
昨年のツアーの感想で、こんなことを書きました。
「誰か一人の一つのミスでステージが破綻してしまう綱渡りのような演出」と。
少し専門的な話になりますが、出音、ダンス、サーカス風演出、ステージのメカ的なこと、プロジェクション等のライト・・・
これらが全てピタリとリンクしないと成り立たないショーです(今回まだ2会場目で少々甘かったが・・・)
リスクを一つでも消していこうとすれば、こういうショーを成立させるには、アイドルの多くがやるように、
まずは「生演奏はできるだけしない」(CD音源流す)「歌うたわない」のが今の日本では普通でしょう。
しかし、キャラメルママからスタートし、入れ替わりあれど、ずっと素晴らしいプレイヤーに支えられている
幸せなユーミンに、その選択肢はあり得ません。
(松田聖子はアイドルですが、一部口パクはあれど、ほぼバンド生演奏で頑張っています)
メンバー同士離れていても、イヤモニで、毎曲とっかかりの合図や、毎演奏全く同一のテンポをモニタリング
していたとしても、演奏者まで踊りながら、あれを全て「同期&生演奏」は信じられないレベルでした。

そして、アリーナのような大会場でやる必然性をしっかりと味わいました。
大会場でやる理由は、ほぼ全てのアーティスト、「動員数」のためでしょう。
観客から見えようが見えまいが、普通にバンド演奏は同じ距離感で演り、見るのはスクリーンで・・・という。
ユーミンの演出は、中央の「円形」で全方向へ向けて演るということに、とことんこだわったものでした。
達郎がよく言う「大会場のライヴなんて自分はあり得ない」ということとは、もともと種類が違う生演奏なわけです。
大きいところで演りたかったからこうした。と、明確です。
まあ、達郎のライヴは別の意味で「日本のバンド数少ない良心のライヴ(笑)」ですが
達郎のバンドは、あくまで「ライヴハウスの延長」で、
間違えて最初からやり直したりできます(今までに二回目撃 笑 それはそれで楽しい)
ユーミンのライヴはやり直しききません。
ym3.jpg
そんな「カッチリ」したショーの中、自分目が離せなかったのが、昨年のツアーで初めて観た
この方。ギタリスト遠山哲朗氏。昨年はセットのせいで、音は聴こえるが見えず・・・だったのですが
今回は目の前。バッチリ目撃できました。
ユーミンのバンド史上、いなかったタイプの「危険なギタリスト」です(笑)
面白い !!
ユーミンのライヴはおそらく、CDの音源を元に、ライヴ用に変更された、カッチリしたアレンジができています。
今までのバンド、ギタリストは、ほぼその通りに弾いていると思います。
この遠山氏、ここでその音か !! という感じの危ない音使いや、意図的な不安定な音程などを
キャンディアップルレッド、62ストラトのアーミングを駆使して出します。ソロは半分以上アドリブでしょう。
そして結構大変な事を弾いている時でも、ダンサーと踊ります(笑)
亡くなった中川氏や、レスポールの似合う市川氏も渋くて良かったのですが
事情は知りませんけど、もうこのスタイルはきつかったんだと思います。
そして遠山氏のプレイで特筆すべきは、フラメンコギターです。これは普通エレキギタリストが演る
レベルではありません。ユーミン、しばらくこの人離さないでしょう。
いいギタリストなのに、ネットではあまり引っかかりません。なぜでしょう?
ym2.jpg
ネットで探していたら、足元もわかりました。ポップスのバックバンドの人にしては意外にシンプル。


それではネタバレ注意 !! 今回のセットリスト。
赤文字、予想外曲。収録アルバム。







2018.10.6(Sat) 神戸ワールド記念ホール

01. ベルベット・イースター
02. Happy Birthday to You ~ヴィーナスの誕生
03. 砂の惑星 (THE DANCING SUN)
04. WANDERERS
05. ダンテライオン~遅咲きのタンポポ
06. 守ってあげたい
07. Hello, my friend
08. かんらん車 (流線形'80)
09. 輪舞曲
10. 夕涼み
11. 春よ、来い
12. Cowgirl Blues
13. もう愛は始まらない
14. CARRY ON (TEARS AND REASONS)
15. セシルの週末
16. ハートブレイク
17. 結婚ルーレット
18. 月曜日のロボット
19. ダイアモンドダストが消えぬまに
20. 不思議な体験
21. Nobody Else
22. ESPER
23. COBALT HOUR
24. 宇宙図書館

EN1

25. カンナ8号線
26. DESTINY

EN2

27. ひこうき雲

EN3

28. タワー・サイド・メモリー (神戸ご当地ソング ない会場はどうする? 笑)

今回のセットリストですが・・・
45周年記念ツアー、久しぶりのアリーナツアー、ということで、予想されたのが
ベスト的な楽曲です。しかしこれはユーミン版の「マニアックツアー」(達郎)だったと思います。
自分的ハイライトは、「不思議な体験」あたりでした。
ユーミンの曲、おそらく2/3くらいは知っていると思うんですが、今回知らなかった曲がありました。
なんで今回これを・・・という曲があります。このあたりもユーミンの面白いところです。
達郎は「ライヴは一期一会だから、今回しか来られなかった人のことを考えて有名な曲しか演らない」
と言っていますが、それはリピーターにはつらいですよね。

前述した、引退の心配ですが、ユーミンの口から「まだこんなもんじゃ終わりませんよ」と
完全否定のお言葉が・・・

神戸のお客さん。ノリが・・・なんとスタンド席、本編最後の曲まで立ちませんでした。
おまけに、コンサートの常識、「以上をもちまして・・・」のアナウンスがあるまでは
アンコールが続く・・・ということを知らない客が、今までに見たことない数、ゾロゾロ帰って行きます。
(終電を気にしてポツポツ・・・は大会場あるあるですが)
関西弁のお客さんたち、いつも思う「隣の人と話すのにそんな大きな声必要?」状態で、
始まる前は「ライヴ中黙っていてくれるだろうか?」と心配させるも
本番始まると・・・「シーン」(笑)
ユーミンは客の反応すごく見ていますから、心配になりました。
一部だけすごく盛り上がっているスタンドブロックは、ずっと照明当たっていました。
あんなことするのは初めて見ました。「ここ見て」スタッフの意図的でしょうね。
九州や東京の会場の雰囲気しか知りませんが、こちら、こんな感じなんでしょうか?(笑)
アンコールの拍手の音量は、福岡サンパレス2316人(笑)より小さい。
大げさな・・・と言うなかれ・・・真面目な話です。
まあ楽しみ方は人それぞれですが、ロックコンサート(あえてこう呼ぶ)は応援もあって完成の「ライヴ」
寂しいです。

ym6.jpg
今回なんと、小さい頃から大好きなガーナチョコレートがスポンサーに !!面白いグッズです。
ym8.jpg
うちの奥さんが買って着替えて、ライヴに向かったTシャツはなんと・・・
ym10.jpg
フラッシュ撮影すると、こんなことに・・・これは面白い・・・
ym11.jpg
ユーミンがMCで言っていた、神戸の街とポートアイランドを結ぶ赤い橋。
ym12.jpg
帰りは新幹線の時間まで、三宮をブラブラしました。
ym13.jpg
かわいいコーラの自販機発見 !!
これは「映え」ですね(笑)
スポンサーサイト

一般的駄作

2018年10月01日 21:51


今、この本を読みながら眠っています(笑)
なかなか面白いです。
小さい頃から絶対「伝記」は読まないタイプの人間だったのですが
ミュージシャンの伝記だけは「常に」誰かのを読んでいます。

突然何をって感じですが、例えばこのジェフ・ベック。
かなりの数のベック本読んできましたが・・・
本人も評論家もこのアルバムのことを多く語ったりはしません。
「ブロウ~」と「ワイアード」から、ちょっとだけ触れられて
決まって「フラッシュ」の悪口にすっ飛びます(笑)
51_TEKXcCNL.jpg
自分にとって中学生の頃から捨て曲なしの名盤。
時々、やっぱり本当はこっちがそんなにいいのかな?とか不安になって(笑)
「ブロウ・バイ・ブロウ」や「ワイアード」を試しに聴いてみますが(人生で数回目 笑)
やっぱりこれには及ばん。

ポール来るのでいつもの通りひとりポール祭(笑)始めましたが
ポールも、何年もかけて続けているリマスタープロジェクト、今度は「ワイルド・ライフ」だそう(怒)
これはどうする?これは !! そんなに本人にとっても駄作なのか !?
BTTE.jpg
超名盤だぞポール !!

KISSいよいよ来年フェアウェルツアー。このアルバムの曲はもう聴けないのか !?
UNMAS.jpg

ZEPファンたちよ。これはⅡやⅣよりそんなに悪いのか !?
51B6YQTW0JL.jpg

とにかく世間一般と合いません(笑)

デリバリー(笑)

2018年09月22日 12:13


Charひさびさの新譜が届きました。
御覧の通り、デリバリーピザの箱を模したもの。憎いデザインです。
IMG_6343.jpg
このように、オマケがたくさんと、これはシングルEPですので
WAVEファイルのダウンロードカードがついています。
自分現在アナログ盤は聴ける環境にないので、聴けるのはこちらのみ。

Charは90年代に、自主レーベルから早々と「通販のみ」の販売を始めていました。
まだ時代がついてきていなかったので、すぐにレコード店にも並ぶようになってきましたが
今考えると、先見の妙はすごかったと思います。
その「江戸屋レーベル」立ち上げ時に、Charがインタビュー等でよく語っていたのが
「デリバリー方式だと、聴きたいと思うヤツが自分で動かないと買えない」と言っていたのを
思い出します。
最近また自主レーベル「ZICCA」のみの販売が多くなってきたChar。
今回の「デリバリー」が、当時語っていたことのシャレならすごいことです(笑)


曲は、本当にピザ関係の仕事で書き下ろしたというもの。
クールなインストです。特に1曲目が秀逸。歌わないCharが実は好きだったりします(笑)
曲調も、1曲目は特に、また使っていなかった引き出し開いてきたという感じでしょうか。

衝撃的 & 残念なお知らせが !!
舞い込んできました・・・

kiss last

KISSが「最後のツアー」と発表。

前回こんなことを書いたばかりでした・・・

「自分の好きなミュージシャンとか、いつ倒れて、コンサート活動できなくなったり
新譜出せなくなったりするかわかりません。」


いずれこういう日が来ることがわかっていましたが、残念です。
ちょっと落ち込みます・・・

「フレッシュン・アップ・ツアー」スタート !!

2018年09月18日 21:59

IMG_6284[1]

今回も無事に手に入りました。

ポール・マッカートニーの2018ワールド・ツアーがスタートしました。
9月17日カナダのケベックです。

自分はセットリスト見る派ですので、早速調べてみました。
ビートルズとポールの曲で知らない曲はありませんが、ちょっと予習です。

ポールのツアーは始まってしまえばほとんどリスト変わりませんから・・・

ネタバレ注意 !!






1. A Hard Day’s Night (オープニングは毎回変えるじゃない!!ツアーの顔だよ~)
2. Hi, Hi, Hi
3. Can’t Buy Me Love (入れ替えようよ~)
4. Letting Go (よっしゃ)
5. Who Cares
6. Come On to Me
7. Let Me Roll It (ほんともういいです)
8. I’ve Got a Feeling
9. Let ‘Em In
10. Nineteen Hundred and Eighty-Five
11. Maybe I’m Amazed (リンダなら「MY LOVE」に入れ替えようよ~)
12. I’ve Just Seen a Face (入れ替えようよ~)
13. In Spite of All the Danger
14. From Me to You
15. My Valentine
16. Michelle
17. Love Me Do (「Please Please~」とかに入れ替えようよ~)
18. Blackbird (入れ替えようよ~)
19. Here Today
20. Queenie Eye
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. Fuh You
25. Being for the Benefit of Mr. Kite! (もういいです)
26. Something (毎回でも聴く 笑)
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da (もういいです)
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R. (ここから下は仕方ないわ 笑)
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude
アンコール
33. Yesterday
34. I Saw Her Standing There
35. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers / Carry That Weight/ The End


赤文字が、最近自分が行き始めてからは
演っていない曲と、ニューアルバムの曲です。

う~ん・・・こんなに変わり映えしないなら、もっと新曲演ってほしいような・・・
ここ数年では一番の名曲と言われる「エジプト・ステーション」一曲目の「I DON'T KNOW」さえ演っていない !!
どういうこと ??
そうそう、「エジプト・ステーション」好きですが、あんなに地味なアルバムが
なんと全米1位に !!
関係者も、もうCDの「盤」で、また、一枚通して聴く旧来のスタイルでセールス考えるのは
今のリスナーのスタイル考えて無理であろう・・・と予測しながら作ったと言っています。
これはまだリスナーも捨てたものではないと喜ばしいです。
「アルバム」を通して聴く。こんな当たり前のことができなくなったら寂しいです。

最近昭和生まれにはつらいニュースが続いていますが、
自分の好きなミュージシャンとか、いつ倒れて、コンサート活動できなくなったり
新譜出せなくなったりするかわかりません。
ポールなんか特に、まだ生で聴けていない曲がたくさんあって
本人は「ヘイ・ジュード」演らないコンサートなんか考えられない
マニアックなリストは演らない・・・とか言ってますが、
有名な曲でも、もう少しは入れ替えてくれないと、自分「ペニー・レイン」みたいなベタな曲も
おそらく死ぬまでに聴けません(泣)

思うに・・・やはり歌のキーとか、弾きながら歌うのがつらいベースラインの曲とかを
避けている気がします。「ペニー・レイン」「心のラヴ・ソング」とか、みんな聴きたいのに演らないのは
やはりそれでしょう。2015の武道館では、リハ音漏れ聴いた人が、「ペニー・レイン」三回も演っていたと
言っています。本番では演りませんでした。「三回」ということは、納得いかない出来だったのでしょう。
近年執拗に演っている「ミスター・カイト」なんかは、歌いながらでは大変なベースラインですが
これは必死で練習したと本人が語っていますので、おそらく演奏が楽しいのでしょう。
一度目は感動しましたが、その後お客さんで喜んでいるって話はほとんど聞かないので(笑)


しかし、昭和40年前後生まれの我々の世代が生で聴きたいコンサートって
今からどんどんなくなっていきます。まあわざわざ遠くまで金使って行かなくて済む、って話も
あります。
今のうちにポールなんかは、贅沢言わずに、こんな瞬間↓だけでも楽しみに行きたいと思います。
DSC_8633.jpg
ドームでは、ビジョンでしか顔も見えないポールを、毎回この距離で見られているんですから
セットリストに多少文句があろうと、幸せですよね。
IMG_6216[1]

エジプト・ステーション

2018年09月11日 20:18


前作「NEW」は、2013年、久しぶりの来日ツアー「OUT THERE JAPAN」前後、
メディアでもしきりに取り上げられ、盛り上がり、良い意味で私たちファンのBGMになり、
思い出に残るアルバムになりました。
今聴き直しても、あのアルバムはポップだし、良作だったと思いますが、
当時はそれこそポール祭という感じで、内容について、正直冷静に評価できませんでした。

このニューアルバム「エジプト・ステーション」は、決してわかりやすい曲が多くはないのですが、
ポールの「今、作りたいものを作った」という気持ちが非常に伝わってくる気がします。

それとやはりポールはクラプトンのように、年相応に枯れていくベテランシンガーではなく、
本当にロックンローラーだということを再認識しました。
サウンドも昔を懐かしむ音ではありません。(「NEW」は昔懐かしさを狙っている部分があった)

また、音とは関係ないですが、ポールが描いたジャケットが素晴らしい。
配信ではなく、「紙を手に持つ」喜びにあふれるアルバムだと思います。

また運よく東京ドーム最終公演に行けることになりました。
その時また、この中のおそらく4曲くらいを生で聴き、アルバムの評価も変わってくるでしょう。

「I Don’t Know」秋に聴くのにいい曲です。
ポール76歳、最後の来日か? などという決まり文句には惑わされませんが
こういうロックアルバムを作るのは、もうそろそろ終わりかもしれません。