FC2ブログ

いい歳して・・・

2019年06月02日 00:29


怪獣映画かい !! と言わないでください(笑)

レジェンダリー版ゴジラ第2作目、「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
この作品はキングコングの作品も入れて実はシリーズ3作目となります。
昨日公開で、ネット上のレビューには結構厳しい意見も目立ちましたが、
実は小3で劇場初ゴジラデビューして、最近のアニメ以外は全て観ている立派なゴジラっ子ですので
当然劇場で観てきました。

さきほど厳しいレビューが目立つと書きましたが、シリーズをずっと観ている人間からすれば、
監督やスタッフのゴジラ愛が存分に感じられる作品で、最後まで楽しめました。
客層も若い人から自分より結構上のリアルタイム世代まで広く、最近こんな映画あまりないなと微笑ましい気分にもなりました。
客の入りも「空母いぶき」とはまるで違う多さ。
怪獣映画にはドキュメント映画のような科学的根拠などのリアルさや、文芸作品のようなセリフや演出の緻密さなんかは
自分全く必要ありませんので、怪獣のかっこよさとノンストップのストーリー、対決シーンのカタルシスがあれば良いです。
自分は十分楽しめました。2014版でも全世界でかなりの興行収入だったので、これはもっといくかも・・・

観たいシリーズ映画は同じ年に集中するから困ります。
今年はあと、リンダ・ハミルトン復活のターミネーターも、現SW最終作もあります。
スポンサーサイト

空母いぶき

2019年05月26日 01:01


観てきました。

20代前半の頃、かわぐちかいじ氏のマンガ「沈黙の艦隊」が大好きでした。
潜水艦乗りの、あの独特の闇を感じさせる表現だったり、荒唐無稽な設定でも、政治的に
リアルに感じさせられたり、とても深いストーリーでした。

それから数十年、かわぐち氏の作品に触れることはなかったのですが
2014年、設定は違えど、あのテイストのマンガがまた始まりました。
それが原作の「空母いぶき」現在12巻、もうクライマックスにさしかかっています。
ibuki12.jpg

さて映画です。
ネット上ではまたまた叩かれていますね(笑)

原作と違う・・・(自分のような原作愛読者の感想でしょう)
あの場合戦闘方法がおかしい・・・等。

もうね、映画はエンターテインメントなんですから(笑)

一番言われているのが、原作は敵が「中国」とはっきり表現されているのに
映画では、よくわからない相手になっているところです。
自分も原作成功の一番の理由は、現実の尖閣問題を見ながら悶々としている人たちが
何だかスッキリするストーリーだからではないかと思っていますので気持ちはわかります。
せっかく「政治的な」ドラマを描こうとしながら
気遣いも「政治的」でこうなってしまったということです。まあ仕方ないのでは。
ストーリーの改変についても、あの原作を2時間でスッキリ終わらないといけないという苦労は
認めてあげていいと思います。

リアルさについては、自分映画に求めるリアルさというのは
けっして「現実的であること」ではなく、荒唐無稽な設定であっても
登場人物の動きやストーリーの流れが「リアル」ということですから
これについては特に不満は感じませんでした。
ただ、無意識に「シン・ゴジラ」と比較しながら観ていた気がします。
ゴジラという、とんでもなく荒唐無稽な設定。その時日本人は・・・というあの作品の方が
もしかするとリアルに感じていたかも・・・

いいなと思ったのが、最近の日本映画あるあるの
演技力ではなく、アイドルを使うなど、タレントとしての知名度を使い興行収入を上げよう
というキャスティングを感じなかったことです。
役者見ながら「なんでこいつ・・・」とイライラすることはありませんでした。

CG。昔、あるCGクリエイターが「金さえあればハリウッドには負けない」と言っていて
なんとなく同情していたのですが、やはり根本的に勝てないのかな・・・と思いました。
特に昔から特撮の鬼門と言われる「水」の表現(自衛艦が立てる波など)
空気の表現(ミサイルの軌跡など)
クリエイターの自分の仕事に対するハードルの高さが、やはりアメリカとは違う気がします。

あなたのそばに・・・(宮崎大成住宅 ローカルCM)

2019年05月02日 23:41

それぞれの県に、ローカルCMがあり、そのBGMがあると思うのですが
宮崎県民にはとてもなじみ深いCMソングが個人的に2曲あります。

一つは銀行のCM。作曲はプロの方だそう。(行員の方5人による合唱バージョンもあり プロ級レベル)
もう一つが宮崎市にある大成住宅という会社のこのCMです。
バージョンはなんと9パターンもあり、最新のものが現在も普通に流れているため
県民のほとんどは口ずさめるのではないかという曲です。
旋律も非常にキャッチーで、歌声も多少危なげながら、個性的な、
原田知世ファンとかは好きそうな声で、一度聴くだけで耳に残ります。
余談ですが、自分は個人的にフル音源持っていますので、ギターソロなどのアレンジを聴き
90年代に流行った、ちょっと照れ臭いサウンドから、CMではこの部分だけで良かった・・・などと思ってしまいます(失礼)

また、この曲には興味深い話があって、90年代中頃にCMが始まった時
宮崎県民は、あまりに洗練されたCMだったので、この会社の所在を知らない人(自分も)は
全国放送のCMだと勘違いして、「song by miyako」のmiyakoってどんな歌手?とか、
この映像の女の子がその人なのか?とか話題になりました。
自分は当時から稚拙な曲とはいえ、もう作曲していましたから
こういうTVから流れてくる曲にもアンテナはっており、この曲のクオリティにもすぐ「ピピン」ときたものの
当時ネットもありませんので、解決することもなくモヤモヤしていました。

そしてネットの時代になり、この歌を歌っているのが、この会社の社長の娘の鬼塚美也子さんという人だとか(いい話)
CMに出ている人は、福岡のモデルの方だとか(不確実情報)かなり後になり知ることになります。
CDも発売されていて、この会社「大成住宅」本店のみで販売しているとのこと。
ということで、9バージョンの中でも、とてもシンプルでお気に入りの動画です。
(撮影場所、沖縄好きな人だったらピンときます !! 後方にあの島が・・・)

(こっちのバージョンは、バックに九州の人だったらすぐわかる山が !! 宮崎県がないのが残念・・・)


という記事を書いた翌日、本日5/3。
なんと奥さんの用事で急に宮崎市へ行くことに。
それも大成住宅の場所を調べると、目的地からたった5分の距離。
これもなんかの縁だと思い(笑)音源を正当に所持していたわけでもないので
95年くらいのCD、さすがにもう販売していないだろう・・・と思いながら
寄ってみると・・・ありました!!
IMG_8500.jpg
誰かにあげることもあるかもと2枚購入。
IMG_8513.jpg
懐かしい縦長のシングルCD。
この写真の方が、CMの人とは違うので、歌っているご本人でしょうか?
IMG_8517.jpg
一番興味のあった、どこのどんな人が作曲しているのだろう?という疑問も解決。
対応してくださったベテラン社員の女性からお聞きしました。
宮崎とは縁もゆかりもない、福岡県で活躍されている方だそう。
CDにあった作詞者、作曲者を検索すると、すぐに出てきました。
福岡の、CMソングライターコンビの方たち(なんと福岡ローカルCMソング数百曲作られているそう !!)でした。
現物手にして、すべてスッキリしました。

GW

2019年04月30日 20:03

史上最長のGW !!

いつも通り家でじっとしています(笑)
うちの奥さんと「成田出国」のニュース見ながら、「日本人って不景気と言いながら若くて金持ち一杯いるよね」(笑)

買物に行くスーパーがTSUTAYAの隣なので、用事はありませんでしたが、
今日はこんな素晴らしいもの発見 !!
「ボヘミアン・ラプソディ」ソフト発売のチラシ二種類。これは内容も結構いいですよ。

おまけに、左のチラシ広げて裏返すと・・・
IMG_8484.jpg
もうポスター並みのかっこよさ !!
これはゲット必須 !!

でもこうやって音楽関係とか映画のチラシ集めるもんだから、余計な荷物が増えるんですよね。

関係ないですが(笑)最近お気に入りの食べ物。
ローソンのカツサンド !!
羽田空港の空弁にカツサンドありますが、あれに匹敵の味かな?
IMG_8463.jpg

COMPLEX

2019年04月25日 21:18


COMPLEXはたった2枚のアルバムと、解散時のライヴアルバムしか発売されていない
非常に歴史の短いバンドでしたが、よく聴いたし、運よく結成当時、リアルタイムでライヴも観ることができました。

そのたった2枚のアルバムからのベスト盤・・・というのがなんだか笑えますが
今回リマスターされ再発されたので手に入れました。
さすがに当時のアルバムとは全く音質・音圧が違います。
amazonのレビューで「音量上げれば全く同じ音」というのがありました。
ほんと自分の聴く環境のこと考えずにリマスターを語る人が多いです。
MP3にして、ちっちゃいヘッドフォンで聴けば、そりゃあ劇的には違いわからないでしょう・・・

布袋さんの歴史の中で、今このCOMPLEXを聴き直してみると
悪く言う人は多いですが、非常に面白いユニットだったなと感じます。

BOOWYの頃の布袋さんのギターの面白さといえば、ライヴでキーボードがいないので
シンプルでタイトなリズム隊以外の、コード感を感じさせたり、空間を埋めることなどを
頭のいいアレンジ、ステレオエフェクターを駆使し、ギター一本でやってしまうということでした。

ところがCOMPLEXは、リズムもシンセもモロ打ち込みで割り切り、
ギターはプレイ、音色ともにシンプルに・・・
歌謡界から距離を置いた当時の吉川の音楽性とも、不思議とマッチしていた気がします。
尖がった二人がぶつかって・・・と言われますが、自分は見事に歩み寄ってる・・・という印象を持ちました。
当時、氷室が「布袋、あんなことやりたかったのかよ・・・」とバカにしたコメント出し、話題にもなりました。

お気に入りの曲は(静かめナンバーに偏っていますが・・・)

「2人のAnother Twilight」 布袋にしか作れない曲
「Can't Stop The Silence」 布袋本人のお気に入りらしい
「CRY FOR LOVE」 文句なしの名曲
「HALF MOON」 この頃からベックに憧れ始めたか・・・?
「AFTER THE RAIN (朱いChina)」 アコギ弾きながらよく歌いました(笑)