--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布袋寅泰 at 延岡総合文化センター

2016年11月05日 23:40

布袋寅泰 Maximum Emotion Tour~The Best for the Future~
at 延岡総合文化センター 2016. 11. 5(土)



ここ数年の布袋さんのツアーは必ず行っていますが、今回はなんとうちの街に来てくれました。
こんな田舎に・・・まずはそれだけで感謝です。

IMG_0293.jpg

前回はアルバム「New Begining」に合わせたツアーで、考えてみればもう二年前になるんですね。
今回は35周年記念ということで、全曲リマスターで発売したベストアルバム
「51 Emotions」を引っさげたメモリアルツアー、SET LISTもこれまでここまではなかったメジャーナンバーの
オンパレードでした。
余談 このリマスターベスト、最近のリマスターの「良い」傾向(音圧を上げる、ドンシャリ気味にする等の安易なものではない)
が顕著に出ていて素晴らしかったです。

毎度のことながら、うちの奥さんを付き合わせての参戦(笑)
会場はうちからクルマで10分のご近所。ほんとありがたい・・・

IMG_0294.jpg

グッズの先行販売。G-SHOCK愛用者としては気になるモデルですが
さすがにこれはいつも着けては歩けません・・・

IMG_0307.jpg

すごいっすね、このダルマ(笑)

IMG_0310.jpg

このグッズのディスプレイはみなさん見習ったほうがいいですね。素敵です。

IMG_0318.jpg
IMG_0320.jpg
tw.jpg

IMG_0309.jpg
ts.jpg

このTシャツデザインはいいわ。3種類あったのに会場で見かける人ほとんどこれだったような・・・
またまたピックとかタオルとか・・・買っちまいました(笑)ツアーグッズはほんと嫌だ・・・


さてライヴについて。

うちの田舎街ということで心配だった客の入り・・・
全くの杞憂でした。満席、ライヴハウスのような盛り上がり、2時間20分のライヴ中一度も座れず(笑)
今回は6列目 !! という良席だったんですが、左寄りだったため、Lスピーカーのライン上、バランス悪いし
耳が痛かったです。ここのホールは馴染みの場所なんですが、完全にクラシック系向き。
ロック系の時は良くないんですよねぇ。今日もやはりそうでした・・・

意味もなく感慨深かったのは、自分このステージでギター弾いたことあるもんですから
「ああ・・・同じ場所で !!」などと、くだらないことを考えていました(笑)

布袋さんのライヴで初めて良席だったんですが
前だとよくわかることが多々・・・特に、布袋さんピック投げる投げる(笑)
一度は、自分と奥さんの間 !! をピックが通過(笑)なんとキャッチできず後ろの人に取られる(泣)

以下、ネタバレ注意 !!(今回はツアー中盤を過ぎ、セットリストも全ての会場変更なしなので、そんなに気にしなくてもいいかもですが・・・)

バンドメンバー

Dr ザッカリー・アルフォード(元 デヴィッド・ボウイ・バンド)
Bass 井上富雄(元 ザ・ルースターズ)
Prog & Key 岸利至
Key 奥野真哉 (ソウル・フラワー・ユニオン)
Gt 黒田晃年

またザッカリーのドラムが聴けて良かったです。やはりこの人は布袋さんの楽曲に向いてますよね。
中村達也のドラムもいいんですが、あの人の良さは独自のタイム感を持ったバンド向きです。
あれはあれで普通のロックの世界では素晴らしいですが。
布袋の、もともとデジタルビートで作られた楽曲の再現だと、ザッカリーがいいですね。

井上さん。今日自分が会場に駐車する時、裏で奥野さんと一服していた井上さんに手を振ったら
振り返してくれました(笑)もう布袋バンドの常連になってしまいましたね。

さて新顔黒田さん。この方調べてみたら、佐藤竹善さんとやってたんですね。
どうりで8ビートオンリーな感じがしない、16で生き生きするギタリストだと思いました。
でもまだこのバンドでは緊張するでしょうね。あのメンバーですよ。


SET LISTS

2016.11.05(土) 延岡総合文化センター
開場 16:30 開演 17:00 終演 19:20

01. POISON
02. BEAT EMOTION
03. NO. NEW YORK
04. BE MY BABY
05. SERIOUS?
06. SURRENDER
07. ラストシーン
08. WILD LOVE
09. WANDERERS
10. Stereocaster
11. ESCAPE
12. 8 BEATのシルエット
13. C'MON EVERYBODY
14. DREAMIN'
15. SCORPIO RISING
16. TEENAGE EMOTION
17. スリル

en 1

18. ホンキー・トンキー・クレイジー
19. バンビーナ

ene 2

20. LONELY★WILD
21. DEAR MY LOVE


今回のセットでは 08. WILD LOVE が狂喜するほど嬉しかったです。
ギタリズムⅢで一番のお気に入りでした。
毎度のことですが、自分が嬉しい曲は、大抵お客さんたちには受けていないようです(笑)
みんなそんなに毎回「バンビーナ」や「スリル」が嬉しいんですかね?

あと、最近はアレンジを変えて演っていた 07. ラストシーン が原曲のアレンジに戻りました。
これはサポートギターが入ったからでしょう。あの頃の楽曲はギター2本が前提のアレンジが
多いですから。

でも個人的に自分は布袋さんが一人だけで大変なギター弾きながら歌も歌う・・・というスタイルが
好きです。なぜならそれが数多い日本のギタリストの中で、おそらくCharと布袋さんくらいしか
できないことだからです。
余談ですが、ネット上では本当ひどいヤツが多くて、布袋どこが巧いんだとか
Charが過大評価・・・とか見かけます。日本一は松本だ !! とかは本当に苦笑するだけですが・・・
あのねぇ。ギターって競技じゃないんですよ。いかに速く、正確に・・・とかね。
だとしたらギタリストはハードロック、メタルの人とジャズ・フュージョンの人しか残りませんから。
8小節だけ聴いて、これはCharだ !! とかわかるのがアーティスティックっていうことだと思います。
素晴らしいと言われるギタリストの人たちも、ルーツがクラプトンとか、リッチーとかわかったりする中
この人は本当にルーツがわからないです。それこそが唯一無二の個性かと。

マニアックな話になりますが、前回のツアー、「New Begining」のインストだらけの時。
ステージ上にアンプがないことに驚きました。いくら打ち込みのデジタルビート大好きで
ギタリズムではギターをオールラインで録ってしまった布袋さんでも
ライブではいつもアンプ鳴らしてマイクでとっていましたから。
後日、あれはケンパー使ってライン、ステージ上はモニターのキャビだけ、ということがわかりました。

今回は再びD by 13のアンプに戻りました。
しかし・・・隣にマイク立ったマーシャルのキャビだけが !!
まだ不明ですが、おそらくケンパーのシステムも生きているのでは ? と思いました。
音は前回の繊細な音から、結構中域の強い、荒い音になりました。
多くの人はこのロックっぽい音が気に入るでしょうね。自分は前回の音が捨てがたいです。

ギターは今回、ゼマイティス DISCの使用が目立ちました。
ブルーのグレッチもたった一曲でしたが、あれは印象に残るギターですね。

宮崎は布袋さん第二の故郷と毎回言っていますから、
MCではローカルな話も飛び出しました。
「昨日は高千穂に行ってきました。素晴らしいところですね」
なんか嬉しかったです。

終演後は最近お約束の、外でお見送り。
布袋さん、見送りのファンに、深々とお辞儀をしてワンボックスカーに乗り込んで行きました。
もう当分日本のツアーはないようなことを言っていましたので寂しい限りです。

帰りは奥さんの「コンサートでお金使ってるから、夕ご飯は安いところでね」「はい」(笑)
ということで、うちの街の餃子の名店へ。(どんだけ餃子好きなんかい !!)
スポンサーサイト

HOTEI JAPAN TOUR 2014 at MIYAZAKI

2014年11月16日 23:25

今夜は布袋さん3年ぶりの宮崎公演でした。
LONDONに移住後は初ライヴ。

DSC_9600.jpg


DSC_9599.jpg
前回よりは少し小規模の、宮崎メディキット県民文化センター演劇ホールでした。

前回は30周年ということで、活動の集大成のツアー。
BOOWY~現在までのベスト的なセットリストでしたが、今回は世界に向けて作った
新譜を中心としたセットリスト・・インストが多く、ヒット曲しか知らないファンには結構つらい選曲だったと思います。
達郎といい、最近この手のライヴが多いな・・・(笑)

とにかく今回一番感じたことは、今までロックギタリストとはいいながら
意図的に片足突っ込んでいたJ-POPとの決別でした。
自分はこの世界を圧倒的に支持します。ニューアルバムのインストは本当に素晴らしい・・・
例えばJベックが好きな、布袋さん嫌いには一度だまされたと思って聴いてほしいです。
イギー・ポップはいいから全曲インストでも良かった(笑)

日本のファンは間違いなく少なくなりそうですが、ロックギタリストとしては
ますます面白くなりそう・・・

それにしても2階席は足元機材やドラマーの手元が見えて面白い(笑)
ザッカリー・アルフォートのドラミングばかり見てました。
ベースはコンパクトエフェクト直列並べ ? モジュレーション系のかけ方が激しくて
ピッチが怪しく感じられるほど。
うまかったけどピッチ的に気持ち悪いところがありました。
ベースのサウンドはシンプルがいいなぁ・・・

布袋さんのボードは、昔の大規模なピート・コーニッシュのものではない
最近話題のFree The Tone製、コンパクトが5つくらいしか乗ってない
すっごい小型のものでした。
向こうでパプとかでも演奏すると言っていたので、持ち運びに困らないようにでしょうね。

今まで意外とどんなギター使っても同じような音出していた布袋さん。
まあこれはいいギタリスト共通のことだけれども・・・
それが今回は、システムがシンプルになったせいかはわかりませんが、
テレ、ストラト、ゼマイティス、ファルコン・・・という、ギターのキャラがハッキリ出てて
面白かったです。

それにしてもキャビネットにマイクが立ってなかった。PAシステムがすごく気になります。

印象的だったのは、自分でマメにチューニングする布袋さん。
最近は、大物になるとテクがチューニングのために頻繁にギター交換して
本人はチューニングなんてしませんからね。



以下ネタバレ・・・知りたくない方は注意 !!







SET LIST

1. CAPTAIN ROCK
2. MATERIALS
3. SPHINX
4. MISSION : IMPOSSIBLE
5. CIRCUS
6. MEDUSA
7. WALKING THROUGH THE NIGHT
8. KILL OR KISS
9. HOW THE COOKIE CRUMBLESS
10. NEW CHEMICAL
11. IMMIGRANT SONG
12. STRANGERS 6 THEME
13. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
14. INTO THE LIGHT
15. BAD FEELING
16. C'MON EVERYBODY
17. GLORIOUS DAYS
EN
18. DANCING WITH THE MOONLIGHT
19. LONELY★WILD
20. DEPARTURE

なんとギタリズム1から4曲も !!

それにしてもファンもそろそろ40~50代・・・フルスタンディングはそろそろきついっす(笑)
みんな終わったらヘトヘト・・・

DSC_9607.jpg
珍しい・・・布袋さんが直筆サイン付きCD売るなんて・・・
開演前時間があったから楽屋で書いたそう。
他の公演でも販売あったのだろうか・・・
しかし・・新譜じゃないとダメってのが多くて困ります。
前から言ってるけど、ファンは絶対コンサート来る前に買って聴いてるって(笑)
他アルバムでもいいじゃない・・・また2枚になりました(笑)
hotei comp
思い出話になりますが、こちらは高速のSAで偶然会った(笑)布袋さんにいただいたサイン。
比べるとやはり1対1で話しながらのサインはすごく丁寧です。

偶然、それもプライベートな空間で会ってびっくり(この時はさすがに「自分何か持っている」と思いました 笑)
当然色紙などあるわけもなく、2歳になったくらいの長女の絵本を強奪(絵本の表紙は固い 笑)
サインペンもあるわけもなく、バッグに入っていたメモ用ボールペンで(笑)書いていただきました。

「名前書くよ」「ハイ」
「これ絵本じゃない?あなたじゃなくて子供さんの名前書こうよ」と。
自分の名前書いてもらおうとしていた自分は多少ガッカリ(笑)

サインをいただいた後クルマに戻ると、絵本取られた娘は大泣き(なんてひどい親)

その後二度目のびっくり。
クルマは布袋さんと会った所からかなり離れていたのに
クルマの置き場所を目で追っていてくれたのか
うちのクルマのウインドウまで来て、娘をあやして「バイバイ~」って。

世間でいろいろ言われたりもした布袋さんですが
自分はしっかりあの人の人間が見えた日でした。

布袋30th

2011年09月25日 23:34


P1000308.jpg

布袋30周年記念ツアー 宮崎市民文化ホール行ってきました。
BOOWY期からの歴史を網羅する涙が出そうなセットリストでした。
それにしても50歳目前の布袋のパワー恐るべし・・・
素晴らしいギタープレイも堪能しました。
そして毎日のように10km程度走っているというのもうなずける動き・・・
この人にしろCharにしろ、若い頃より巧いというのがすごいです。
それと・・・20代~60代くらいまでと、幅広い年代層お客さんのノリ
一度も座れませんでした。元気すぎる(笑)


セットリスト(他県のライブ、ネットで書かれていた方のを少しいじりました)

BOOWY期メドレー

01. DREAMIN'
02. IMAGE DOWN
03. MARIONETTE

COMPLEX期メドレー

04. BE MY BABY
05. GOOD SAVAGE

GUITARHYTHM期メドレー

06. さらば青春の光
07. DIVING WITH MY CAR
08. YOU
09. ラストシーン

このあたりの展開は最近のライブ映像などでお馴染み

10. PRIDE (INSTRUMENTAL)
11. MIRROR BALL

圧巻はこのインストコーナー!!
ほとんどストラトのクリーントーンによるプレイですが
まるでGUITAR SHOPの頃のベックばりのプレイ
よく歌います トーンも絶品!!
それにしても布袋さんはミストーンが少ない!!

12. GUITARHYTHM
13. MATERIALS
14. DRUMS SOLO~(KEY&BASS)THEME OF MISSION IMPOSSIBLE
15. スリル
16. POISON
17. バンビーナ
18. C'MON EVERYBODY
19. GLORIOUS DAYS

いや、中村達也のドラムはいいです
荒っぽいんだけど音楽的です
ツアーメンバーにもかかわらず、会場からは何度も
達也コールが・・・

ベースは元ルースターズの井上富雄
この人がよくわかりません・・・
ファンの方には申し訳ないけど
布袋さんもしかして存在感をアピールしないベースが好き?

ENCORE 1
20. NO. NEW YORK
21. 恋をとめないで

ENCORE 2
22. PROMISE
23. LONELY★WILD

終わって冷静に考えると
PAもう少しどうにかならないものか・・・
布袋さんクラスだとエンジニアもかなりのレベルの方だと思うのですが
ちょっと田舎で気を抜いたか・・・

さて2週間後はCharのライブ
ギターファンにはなんて幸せな今年の秋でしょう・・・

布袋

2010年06月22日 22:53



下でチラッと書いた続きです(笑)

布袋さんを知ったのは20歳くらいの頃(ああもうそんな昔・・泣)
BOOWYが「JUST A HERO」というアルバムでブレイクし、新宿の高層ビル街で野外ライブ
したことが話題になった頃です。
それから布袋、氷室ともども聴いていますが、最近の布袋さんは本当に日本を代表する
ギタリストになったと思います。

しかし・・・BOOWYが「LAST GIGS」出して、布袋さんがギタリズム出した時
「ああ、布袋さん好きなこと始めたんだな」
COMPLEX始めた時、「ああ吉川と一度やりたかったんだな」
とか思いながらも、ん?なんかギター面白くない・・なんで?と考えてみました。

なんでか?

そう、キーボードです(笑)

BOOWYの頃の布袋さんは3ピースという超シンプルな編成の中で
キーボードという空間を埋めてくれる非常に便利な楽器に助けてもらうことなく
ただのロックンロールスタイルではないアンサンブルに挑戦してたんですね。
リズムもコード感もメロディも一人で・・・
だから面白いギターだったんです。
スタジオ盤は結構シンセかぶせてたりするけどライブのギターは本当に面白い。
映像は「LAST GIGS」がメジャーですが、布袋さんのギター楽しむなら
「CASE OF BOOWY」がおすすめです。
あの名曲「CLOUDY HEART」も「JULIET」も「IMAGE DOWN」もこちらがずっと素晴らしい・・・

最近のアルバムのプレイ、サウンド、本当に素晴らしい。
でもやっぱり「JUST A HERO」や「BEAT EMOTION」を聴いてしまいます・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。