PERFORMANCE 2017

2017年06月09日 22:31

logo_live2017のコピー

1公演当たった~ホッ・・・
今回は公演数メチャクチャ少ないから厳しかったんだろうなぁ、良かった・・・
スポンサーサイト

PERFORMANCE 2017

2017年05月22日 09:37

logo_live2017のコピー

今年の達郎のツアー、九州で行ける日程は
2公演のみ。
1つ目は、先行、2次ともハズレ !
ガッカリ・・・
あとは月末申し込みの、もう1公演のみ・・・今年は無理か・・・

PERFORMANCE 2015-2016 南九州2DAYS

2016年04月04日 18:40

以前書いた山下達郎PERFORMANCE 2015-2016、わが南九州の2公演。
2会場ともなんと同じ ?? 列 30番 !!

行ってきました。年齢的にこういうのそろそろきついですが(笑)
まずは4.2(Sat) 宮崎市民文化ホール。
今のところ毎回買えているご当地アルミプレートのために、今回も並びました。
DSC_9126.jpg
DSC_9135.jpg
今回奇跡のど真ん中で、一度席に着くと開演前トイレに行きづらいので
ロビーで休んでいたのですが、そのおかげでサイン付CDがどのくらいで売り切れるのかがわかりました(笑)
開場17:03。18分後の17:21に「ただ今のお客様で、山下達郎直筆サイン付CD販売終了しました。ここからは特典クリアファイルとなっております」の声。結構早くなくなるんだ・・・

このツアー、残すところ沖縄のみで終了なので(実際は訳あり公演が2つありますが・・・)
ネタバレもういいでしょうね(笑)

11月の博多とほんの数曲の違いでした。

SET LISTS
1  SPARKLE
2  DAYDREAM
3  WINDY LADY( MORNING GLORYがなくなった )
4  DOWN TOWN
5  土曜日の恋人
6  エンドレス・ゲーム
7  風の回廊(コリドー)
8  すてきなメロディー
9 過ぎ去りし日々    
10 CAN'T TAKE MY EYES OF YOU( 北島三郎を真似てやりたかったという(笑)ワイヤレスマイクに交換して花道へ )
11 DANCER( 今の達郎バンドの素晴らしさが凝縮している曲だと個人的に思う )
12 CHAPEL OF DREAMS( 2016年明けて変更 )
13 おやすみ、ロージー
14 ANGEL( 2016年明けて変更 )
15 ホワイト・クリスマス~クリスマス・イブ( まさかのひっくり返りと歌詞とび・・・達郎でもやはりあるんだ・・・)
16 希望という名の光(何度聴いても素晴らしい・・・)
17 さよなら夏の日
18 SUGAR
19 BOMBER
20 LET'S DANCE BABY( クラッカーのところでは「来るたび多くなってるな」)
21 アトムの子

(EN)

22 Happy Happy Greeting(ハウリングで巻き戻し 笑)
23 RIDE ON TIME
24 恋のブギウギトレイン
25 YOUR EYES

次が鹿児島で連日だからか、宮崎では最近の他公演に見られるアンコール5曲はありませんでした(泣)

開演18:03 終演21:32。

アンコール1曲目で突然すさまじいハウリングがありました。
これはさすがに演奏ストップだろうというレベルです。
メンバーたちが一人また一人と気付く中、佐橋氏が真っ先にドラムセット前方を指差し
異変を発見。なんとタムのマイク脱落でした。それにしてもさすが佐橋氏。

今回の宮崎のお客さんたちはノリが良く、達郎氏も終始御機嫌でした。
Sax宮里氏の故郷ですから応援も盛り上がります。
そうそう、前回宮里氏のプレイに無難さを感じたことを書きましたが
今回ははじけていました。1音目から「ブワー」です。かっこよかった~
途切れることないロングトーン。吸いながら吹く !! 循環呼吸とかなんでできるんだろう・・・

で、そのまま夜中鹿児島へ移動(笑)

DSC_9143.jpg
すごい久しぶりの鹿児島。6年ぶりか・・・
コンサートの話題とは関係ありませんが、今回節約のために
楽天トラベルで、とにかく安くて天然温泉あるところをさがして
夫婦二人朝食付きで1万2000円弱のところを予約。
ここ「シルクイン鹿児島」というホテルなんですが。
大当たり !!
DSC_9140.jpg
朝食は鹿児島ご当地ものが多い手作り感いっぱいのもの。
天然温泉だし、チェックアウトでは栄養ドリンクまでくれるし(笑)
DSC_9139.jpg
疲れているし、金も使えないしで、あまりウロウロせずホテル近所の鹿児島中央駅を少しブラブラして
4.3(Sun) 鹿児島市民文化ホールへ。
DSC_9145.jpg
桜島が目の前という最高のロケーションなのに、あいにくの雨・・・
DSC_9144.jpg
DSC_9147.jpg
ご当地プレート鹿児島も無事ゲット(笑)
DSC_9151.jpg

SET LIST は・・・来て良かった !! アンコールが、宮崎+1。「いつか」追加。
「LAST STEP」を期待していたのですが、念願叶わず・・・

開演18:02 終演21:30。
鹿児島のお客さんもいいノリでした。
ノリだけは宮崎がちょっと上回ってたかな?
宮里氏の故郷という盛り上がりのおかげもありますが。

機材オタクとしては(笑)今回気付いたことが。
佐橋氏のアンプ、SHINOSだということは変わりませんが
以前のよりデカいやつでした。佐橋氏のような職人ギタリストにとって
コンサート会場向け的にいえば、他にもいいアンプは山ほどあるでしょうが、
達郎の音楽にということでいえば、やはりピッタリないい音してますね~
ギターはいつものゴールドの57ストラトとキャンディアップルの64ストラトがメインでしたが
ストラト「らしい」音と相性バッチリです。

さて、今回ぜひ書きたかったこと・・・

最近行ったコンサート、特に達郎はいつも2階席、それも端よりという運の悪さ。
まあチケット手に入らなかった方々からすれば「行けるだけで満足しろ」という話でしょうが、
今回2公演とも中央どころか「ど真ん中」
地方の2000人収容レベルのホールというのは、1階前方だと、たいてい30番前後が中央です。

オーディオの世界では、左スピーカーと右スピーカーの辺に対して
正三角形の頂点で聴くのがベストポイントだとよく言います。
今回まさにそのポイントだったわけですが、やはりこの場所はすごいです。
いろんな意味で。
宅録やPAを少しでもかじっている方はわかると思いますが、コンサートPAというのは
CDのような、あまりにもハッキリとした定位にすると、おかしなことになります。
例えば左寄りのギターは右のお客さんにはほとんど聞こえない・・・とか。
だからほとんどの場合、ステレオとモノの中間くらいでいくと思うのですが
今回初めてそれを実感できました。結構ステレオ振ってるんだな・・・と。

あと、同じセットリストを2会場連日で聴くと・・・

会場の音の差が歴然 !!

悔しいですが、宮崎市民文化ホールより、鹿児島市民文化ホール、はるかに音が良かったです。
もちろんエンジニアは、会場に合わせて調整するわけですが
ハイハットの音、グランドピアノの音の分離の良さ、コーラスのふくよかさ、すごかったです・・・
難波氏のピアノが、あの強いリズムセクションの音に埋もれずなんと素晴らしく響くことか・・・

いや難波教授、グランドに移った時はほんと聴きほれました。

DSC_9152.jpg
今回はもう達郎氏のCDは買うものがなくなってしまったので、佐橋氏の仕事を振り返るという
面白い企画のアルバム買って、サインもらいました。



望月三起也氏が亡くなりました。
10代の頃からの愛読書「ワイルド7」
eddys_i_01.jpg
物持ちがいいことはいつも自慢していますが
マイ本棚。中学生の頃買った「ワイルド7」がまだまだこの通りです。
その後の続編、スピンオフも、手に入らなかった1冊以外全てあります。
DSC_9161.jpg
ご冥福をお祈り申し上げます。

DSC_9160.jpg
DSC_9153.jpg
ようやく晴れたと思ったら、近所の桜はもう半分以上散ってしまいました・・・

びっくり

2016年03月25日 22:35



山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016全国ツアーラストは、以前も書きましたが
なんとわが南九州 !!

今日2公演分のチケットが揃いましたが
2会場とも良席ど真ん中 !!

ファンクラブでもないし、今まで倍率高いチケットで良席だったためしがなく
いつも2階席とか端っこ・・・

このツアーは前半観ているんですが
セットリストも数曲変わっているようです。
来週土日連チャン !! ハードですが
いつ観れるかわからない達郎御大のライヴ、楽しんできます。

PERFORMANCE 2015-2016

2015年11月06日 03:07

幸せなことに3シーズン連続で達郎のライヴ行くことができました。
入場時に仲良くなった方たちと話していると、今回申し込んだ公演ことごとくハズレ。
最後にやっと立見席取れたということ。立見ってホール内にポイントが固定してあって
そのエリア内に駆け込んで、早い者勝ちの場所取り、グッズも買いに行けないということで
やはり達郎観るのは大変なことなんだなと実感しました。



おなじみの福岡サンパレス。
近いうちに建て替えということを聞きました。仕方ないことですが寂しいですね。
DSC_0712.jpg
DSC_0711.jpg
ん? こんなところにギター使った看板が・・・

って、福岡サンパレスにギターショップがあるのは以前から知っていました。
毎週観ている伊藤政則さんの番組「ROCK TV」の撮影場所「BOTTOM'S UP GUITARS」の
福岡店です。
http://www.buguitars.com/hakata/
DSC_0714.jpg
今回、失礼なことにちょっと暇つぶしでお邪魔させていただきました。
置いてあるギターはもちろんハイエンドばかりで、鑑賞しかできませんが、
自分が使用しているギターブランド「Provision」のベースがあったりして、ちょっぴり嬉しかったです。
店員さんはとても感じが良く、布袋さんが現在使用しているシステム見せてくれたり
前の日は達郎さんのサポートギタリスト、あの佐橋氏が遊びに来たそうで、「今日も来られるかもしれないので
もう少し後で来てみませんか?」と誘ってくださったり、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

DSC_0721.jpg

グッズ売場は、先行販売では買えない例の「ご当地アルミプレート」目的の人で大忙し。

DSC_0725.jpg

サイン付きCD売場は数十メートルの列。(画像の、売場には常時3、4人のため写っていないだけ。この右側長蛇)
今回はプレートもサイン付きCDも1人1枚になっていました。

DSC_0722.jpg
DSC_0734.jpg

目的の品は無事ゲット(笑)

DSC_0731.jpg

今回はなんだか各地で「カレンダーがレアグッズ」と騒がれているので
何となく買ってしまいました(笑)

福岡サンパレスの音の良さは昨年体験していてもう当然のことですが、
とにかく「音に浸っている」という言葉がぴったりの気持ちよさ。
分離はいいし、回らないし、嫌な周波数こないし・・・素晴らしすぎます。
いい音というのは小さく感じますね。もっとデカい音出して~ !! って感じ。
もちろん音質的なことだけではなく、元音、演奏が最高レベルであることは言うまでもありません。
達郎のコンサートというのは、ミュージシャンや楽曲の好き嫌いは置いといて、文化遺産的に
興味ない方にも一度だまされたと思って経験してほしいライブです。

以下ネタバレ 閲覧注意!!


今回は達郎さん、あの「ネットでバラしたら、火炎放射器で・・・」って言わなかったです(笑)
定刻18:30スタート。終了は21:45 みっちり3時間ごえの大サービスでした。

SET LISTS

1  SPARKLE
2  DAYDREAM
3  MORNING GLORY 
4  WINDY LADY
5  DOWN TOWN
6  土曜日の恋人(ライヴ初公開だったんですね~知りませんでした)
7  エンドレス・ゲーム(今のメンバーで素晴らしいアレンジに生まれ変わりましたね)
8  風の回廊(コリドー)
9  すてきなメロディー
10 過ぎ去りし日々    
11 CAN'T TAKE MY EYES OF YOU
12 DANCER
13 CLOSE YOUR EYES
14 おやすみ、ロージー
15 I ONLY HAVE EYES FOR YOU
16 クリスマス・イブ
17 希望という名の光(やはりしみます・・・挟まれる名曲たち・・・大瀧ファンは涙ですね)
18 さよなら夏の日
19 SUGAR(達郎さんのソロ聴けただけでもうけ !! ピック使ってましたね !!)
20 BOMBER
21 LET'S DANCE BABY(コーラスの新メンバーお二人、自分は黒っぽさにこだわりないので、いいですね)
22 アトムの子(実は聴くのはあまり好きな曲ではなかったけれど、ライヴでは楽しいですね)

(EN)

23 Happy Happy Greeting
24 RIDE ON TIME
25 恋のブギウギトレイン
26 YOUR EYES

○ネット上いろいろなところでこの日のライブのことが書かれていますが、意外とみなさんが忘れている
興味深いMCが・・・「今、みなさんが驚くだろうある人の曲を書いている」ということ。
いったい誰なんでしょうか?楽しみです。
○他会場で演っていた「ラスト・ステップ」が聴きたかったよ~(泣)
○小笠原さんのドラム、観るたびに良くなっていきます。この日は入りを間違えましたが
達郎氏が、自分の話しかけタイミングが悪かったときちんとフォロー。ライヴならではでかえっていいですよ。
○宮里さんのサックスますます円熟味を増してきたけど、一つだけ不満・・・・
たまにはソロの一発目の音、安全に・・・無難に・・・と入っていくのではなく、爆発的に「ブワーッ」とミス恐れない
発音とかあるといいなあ・・・若いんだから。特にノリのいい曲は。「JOY」時代の音源聴きなおしてほしい。
マネしてほしいって言う意味ではなく、スピリットの話。
全てのソロ、1音目、そ~っと様子うかがいながらソロ始めるんですよね。達郎氏はハッキリと、自分はロックバンドを
演ってるんだ。と言い切っているんですよ。J-POPやAORではないんです。
○80年代から演っているお馴染みの曲が今でも新鮮に聞こえるのは、佐橋氏のギターの存在が大きいです。
当時ブラスが合いの手だった曲がギターに置き換わる・・・という場面が多々あります。曲が生まれ変わっています。
でも佐橋さんのあのストラップの低さは何度見ても解せない(笑)あれってロックなギタリストが
弾き難くても意地で下げる・・・というのがお決まりの考えなんですが、結局弾き難いから思いっきり猫背になって
普通だったらチョーキングで恍惚の表情!! となるところが、顔は思いっきりギターの手元見て・・・ってなってしまっています。
あれもスタイルの意地なんでしょうか?
○達郎さん、衰えるどころか・・・って感じですね。ますます研ぎ澄まされていく感じ・・・客の野次イビるのも
最近は愛があふれすぎていませんか?(笑)

ということで、来年4月のツアー終盤。またまた九州 !! 当たりますように !!