FC2ブログ

『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』

2020年07月30日 22:53

山下達郎初の配信ライヴ 『TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING』
パスするとか言っていたのに、結局ギリギリで買ってしまいました(笑)
やはりちょっと気になって・・・
配信にお金出したの人生初です。

さきほど終わりました。見逃し配信なしの、リアルタイムオンリーです。

結論を言うと、気志團万博はもともとWOWOWが撮影していて、オンエアも毎年されています。
しかし、もちろん達郎のセットはカット。おそらくその時の素材そのままですから、ちょっとずるいと思いましたが、
音は明らかにいじってあったのと、達郎の野外フェス出演と言うレアな状況でしたので、まあいいです。
拾得の方は観て良かった・・・ホールツアーでもこの状況(アコースティックコーナー)は観たことあるのですが、
ライヴハウスで3人きり。すごい緊迫感、一音一音ハッキリ聴こえます。
本当にごまかしのきかないライヴで、ホールではわからない達郎のすごさがわかりました。
こういうところで観ることができたお客さんは幸せです。

それと、改めて・・・こんなに長い間達郎の音楽と付き合って来て、生で何回も観たとはいえ、
「SPARKLE」を弾く達郎の手元をアップで観たことなんて、考えてみれば初めてなんですよね。
この数秒だけでも感慨深いものがありました。
ボーカリストとして神ですが、やはりこの人は「ギタリスト」です。

ということで、家で観たのに、なんかどっと疲れました(笑)

一応参戦したライヴ扱いということで・・・



SET LISTS

2018. 3. 16 18 京都 拾得

ターナーの汽罐車
あまく危険な香り
砂の女 (鈴木茂カバー)
希望という名の光
SINCE I FEEL FOR YOU (バディ・ジョンソン カバー)
WHAT'S GOING ON (マーヴィン・ゲイ カバー)


2017. 9. 17 気志團万博2017

ハイティーン・ブギ
SPARKLE
BOMBER
硝子の少年
アトムの子(ここから竹内まりや登場 !!)
恋のブギ・ウギ・トレイン
さよなら夏の日


1986. 10. 9 郡山市民文化センター

SO MUCH IN LOVE


1986. 7. 31 中野サンプラザホール

プラスティック・ラブ

最後の2曲はすごいレア映像です。
「プラスティック・ラブ」の、なんとかっこいいこと・・・







スポンサーサイト



Tシャツ

2020年06月11日 16:55

先日言っていた、達郎氏の高円寺JIROKICHI応援Tシャツがようやく届きました。
注文販売でしたのでかなり時間がかかりましたが、サンデー・ソングブック聴いていたら
あっという間に予定枚数終了したとのことで、買っておいて良かったです。
達郎さん直筆サインありがとうございます。



IMG_2728.jpg

さて、今日はTシャツの話題ですが、2年ぶりにユニクロとフェンダーのコラボTシャツが出ました。
以前ここで話題にしましたが、これ結構早くなくなるので、発売を待ち構えていて即注文しました。
今回は4枚。ちなみに今だけ790円です。安いですよね。Tシャツはいくらあってもいいので嬉しいです。

427648_sub8_popup.jpg
まずはストラト。
427649_sub8_popup.jpg
デザインがかわいいので弾いていませんが(笑)テレキャス。
427647_sub8_popup.jpg
そして、フェンダーコラボではありませんが、かわいいのでTAMA。
427650_sub8_popup.jpg
そして娘の愛機なのでジャズベ。次会った時見せびらかすためです(笑)


追記

たった今、服部克久さんが亡くなったことを知りました。
ご冥福をお祈りいたします。
自分実はこの方、このアルバムを聴いたことがきっかけで、結構聴いていたのです。
shinsekai.jpg
「自由の大地」ほんと名曲です。
そして、今日も達郎の話題を書きましたが、実は達郎氏本人、ファンにとっても、とても大切な方でした。
最近の作品で言えば「希望という名の光」のストリングスアレンジ(あれ大好き。ライヴの時は省略されて残念)は
服部さんです。
同年代の方々にとっては、「ザ・ベストテン」のテーマ曲もですよね。

本当に残念です。達郎氏は師弟関係のように付き合っていたので、さぞ落ち込んでいることでしょう。



大好きなこの曲を聴いて偲ばせていただきます。

サンデーソングブック

2020年04月26日 22:33



達郎ファンだったら知らない人はいないラジオ番組「サンデーソングブック」
コロナで暗い雰囲気になっているファンたちを喜ばせようと、達郎氏の粋なはからいで、
3週連続でライヴ音源特集でした。毎回時代等でテーマがあるのですが、来週はライヴ音源の中でもカバーもの限定。
計4回になる感じでした。

この番組は昔から愛聴しています。しかし、実は達郎氏には申し訳ないのですが・・・
自分70年代以降の洋楽しか聴いていませんので、オールディーズと言われるジャンルには
ほとんど興味がないのです(笑)それでも毎回聴く理由は、合間のトークと、時々かかるライヴのレア音源のため。

毎回、長年のファンを語りながら、だったらなんでそう何度も聴けたベタな曲をリクエストする人が多いのだろう?
と、??? なのですが、今回の選曲は本当にレアでした。
(ラジオ番組で昔から不思議なことです。なぜ今までかかっていない曲、買いたくても買えない音源をリクエストしないのだろう?)
達郎氏も時間がある時だったらミックスダウン&マスタリングまでしてオンエアするのですが、
今回の物量はすごかったのでしょう。全てPAアウトそのままということわり付きでした。
いえいえそれで十分なんです。「あしおと」や「夜翔」、「ひととき」までかけてくれて、達郎さん本当に嬉しかったです。
あげるくんに叱られなければ(笑)聴けなかったファンの方々に聴かせてあげたい音源がたくさんありました。

サウンドストリート時代から聴いていますが、ほとんどかからなかったライヴ音源と思われる曲は・・・

「HOT SHOT」
「LOVE TALKIN'」
「MERMAID」
「MUSIC BOOK」
「あしおと」
「ひととき」
「新・東京ラプソディー」
「土曜日の恋人」
「夜翔」

といったところでした。

また、番組中、経営に打撃を受けているライヴハウスの中でも、今回氏自身のアコースティックライヴが中止になった
高円寺JIROKICHIのために、コラボでTシャツ販売&収益寄付という案内もあり、さすが達郎さん !! と
早速注文入れました。Tシャツの注文数分、直筆サインも書いて入れますとのこと。さすが !!
jiro.jpg

残念・・・

2019年07月20日 22:49

「Dragon Ash」に所属する・・・と、知名度のあるバンド名でインパクト狙う記事でしょうが、
RIZEのJESSE(ジェシー)と、KenKenが逮捕されたというニュース。
特にRIZEを聴くわけではないですが、JESSEはCharの息子、KenKenはジョニーの息子ということで、
JL&Charファンとしては、衝撃的なニュースでした。見た目のイメージはヤバくても、法的にはクリーンでいてほしかったものです。
ロッカーはそのくらい・・・と言っても、この国では許されることではありません。
音楽活動自体できなくなるわけですから。
Charも若い頃同じ経験をしているし、バタバタしていることでしょう。残念です。
兄の金子ノブアキはいい役者なので、全く無関係であることを祈ります。

山下達郎ツアー2019、今年は地元1会場だけ狙っていましたが、先行、一般夫婦二人ともダメでした。
あの「チケットを準備することができませんでした」のメッセージ大嫌いです(笑)
昨年もダメだったので、2017年まで全て当たっていたのが夢のようです。
運が良すぎたのでしょう。やはり達郎はプラチナチケットです。
達郎、来年はツアーしないことがわかっています。ガッカリ・・・

山下達郎 PERFORMANCE 2017

2017年08月03日 10:45


行ってきました。長崎自動車道で「通過」はしたことがあるけれど、
九州で唯一足を踏み入れたことのなかった佐賀市。
IMG_2815.jpg
佐賀市文化会館。いいホールでしたが、真夏日、室内でも30度はあろうかという中、
ロビー空調停止はみなさんの大不評をかっていました。コンサート運営側だけでなく
ホールにとっても「お客さん」ではないですかね?これはさすがにひどいわ、
下手すると熱中症とか出るかもしれません。
市の運営でしょうから、他県から来た人たちのイメージ落としました。
IMG_2819.jpg
IMG_2817.jpg
IMG_2838.jpg
達郎のツアー二度目のリストバンド方式・・・
転売対策のこのシステムですが、一番大変な思いをしているのは
転売屋ではなく、本当のファンの方たちです。
実際、入場するだけでこんなに苦労するコンサートは自分が参加する中では
この方のコンサートだけです。
並んでいる時、今回のツアー何度も参加されているという女性ファンの言葉が聞こえてきました。
「本人はこのシステムはもちろん知っているだろうけど、この様子は見たこともないでしょうね
本番始まるまでに毎回もうヘトヘトになる」
達郎氏は、人一倍世の不条理に対してストレートに批判する人なのですが(笑)
IMG_2823.jpg
以下に書いているようにライヴ自体は毎回もう大満足のクオリティなのですが
悪いことばっかり書いていますね(笑)
ついでにもう一つ・・・
今回なんと、ファンが毎回楽しみにしている、直筆サイン付CDと
ご当地アルミプレート、別の列にされ、いくら早くから並んでも
どちらか一つしか買えなくなりました。うちのように連れがいる人はいいですが
お一人で来られている方たちは、実際あちこちからため息が聞こえてくるくらい
このシステムでとどめのガッカリでした。
IMG_2827.jpg
IMG_2840.jpg
とはいえ、まあ無事二つともゲット(笑)


以下 ネタバレ注意 !!










2017. 8. 2(木) 佐賀市文化会館 大ホール

開演 18:33 終演 22:00 !!!

SET LISTS

ポケット・ミュージック (Opening Music)
SPARKLE
いつか
ドーナツ・ソング(「夏への扉」「Willie And The Hand Jive」等インサート)
僕らの夏の夢
風の回廊
Guilty(鈴木雅之ヘ提供曲セルフカバー)
Futari
潮騒
ターナーの汽罐車 ~Turner's Steamroller~
It's Not Unusual
The War Song
So Much In Love
Stand by Me
Joy To The World
クリスマス・イブ
蒼氓(「People Get Ready」「私たちの望むものは」等インサート)
Get Back In Love
メリー・ゴー・ラウンド
Let's Dance Baby(「Summertime Blues」「Cheer Up! The Summer」等インサート)
高気圧ガール
Circus Town

(EN1)
ハイティーン・ブギ(近藤真彦ヘ提供曲セルフカバー)
Ride On Time

(EN 2)
Down Town
Last Step
Your Eyes

氏曰く、今回のツアーは「客と自分の年齢や健康のことを考え、3時間切りにする」が
当初の目標だったらしいですが・・・
なんと3時間半ジャストのステージ !! 今までの達郎ライヴで最長でした。ありがたや・・・
ほんと、終演10時というホールコンサートは記憶にありません。

今回は、~周年とかいうコンセプトのないツアーでしたが、
内容から、自分は勝手にこのコンサートツアーサブタイトルを、
「We Love 80's of Tatsuro Yamashita !!」
と命名したいくらい、最新曲の少ない、80年代全盛期(失礼 !!)愛にあふれたセットリストでした。
もしかして最近の曲「僕らの夏の夢」一曲だけ ?!
自分と同じく現在50代のファンにはたまらなかったはずです。

達郎のSHINOSギターアンプの右横にはいつもの初代ゴジラ(ラジコン)がありますが
今回はなんと左横にシンゴジラが !! 自分もゴジラ好きですが、達郎氏も好きなんですねぇ。

「SPARKLE」で始まらないライヴ観てみたい・・・

達郎氏もMCでハッキリ言いましたが(笑)
今日のお客さん、あまり盛り上がらない・・・
特に一番いいブロック、最前中央ブロック。ここの方たちが
終盤「メリー・ゴー・ラウンド」でみんな立ち上がってっても誰一人立たない(本当にたった一人も)
さすがに「Let's Dance Baby」では周囲をキョロキョロ見回して悪そうに立ちましたが・・・
自分前から言っていますが、そりゃあライヴの楽しみ方それぞれ自由です。
でもそこ取れた人たちって、すごい運なわけでしょ。関係者席は別として。
ある程度盛り上げる義務もある気がするんですよね。チケット取れなかった人とか
二階席や悪席でがんばって盛り上げようとしている方たちもいるんです。
これコンサートの流れや、客へのサービス心に影響しますから。
達郎氏自身、立ちっぱなしはさせない人なので、足腰大丈夫な人はたった数曲の盛り上がる曲くらいは・・・
プレミアムな最前センター。その1ブロックだけ誰一人立たない・・・ありえないかな。

今回の自分的ハイライトは、「FUTARI」~「潮騒」
これは泣けました。80年代バラードの超名曲2連発です。
そして城北トリオ(笑)によるアコースティックコーナー
「ターナーの汽罐車 ~Turner's Steamroller~」
これは素晴らしかった。特に難波氏のピアノ・・・
これは原曲のピアノソロも氏の少し気だるい、何ともいえない感じのプレイです。
広規さん西新井だったんですね。うちの長女最近まで
足立区に住んでたんで(笑)しかしこのトリオのコーナーでもう1曲は聴きたかったです。

「蒼氓」の中に、岡林の「私たちの望むものは」がインサートされていますが
最近スガシカオのバンドKOKUAもカバーしていましたので
やはりこの曲ってミュージシャンの頭の中に残っている曲なんだなと実感。

「ハイティーン・ブギ」は誰でも知っている歌謡曲ですが
ミスマッチかと思いきや・・・さすが達郎が歌うとかっこよすぎです。

自分、セットリスト知った上でコンサート行っているので
アンコールで「Down Town」演った後、達郎が一度スタンドに戻したテレキャスを
また持ち直した瞬間に「今日来て良かった !!」とガッツポーズしました(笑)
ここでマイクだけ持てば、本当にラストお決まり「Your Eyes」なのですが
バックメンバーなしで、テレキャスといえば・・・おまけの「Last Step」ですもんね。
「JOY」を聴いて以来、この曲生で観るの念願だったんです。
(もう一生観ることはない予感・・・)
固定セットリストには毎回入っていないので、完全にその日の運です。
しかし今夜は少し予感がしていました。ここ数年で達郎のライヴ5回観ていますが、
いくらあのボーカル神、達郎とはいえ、最近はその日のコンディションで、少々つらいんだろうな・・・(もちろん声の調子)
ということがわかったりするのですが、今夜の歌はすごかった・・・
本人もMCで語っていました。明らかにリップサービスではない「今日は本当に声が出ている」と。
もともとすごいライヴの中でも、本当に「当たり」でした。
前述した通り、盛り上がらない客層でしたので、これは明らかにお客のため・・・ではなく
達郎自身の、このコンディションだったらもっと歌わないと・・・という気持ちからでしょう。

ということで今夜は、これもまた今日がドンピシャ発売日だった「COME ALONG 3」聴きながら寝ます。