LUKE

2014年04月29日 15:36

スティーヴ・ルカサーの最新ソロ「Transition」は前から大のお気に入りで
最近のソロ3作は同じく素晴らしいと聞くからいつか聴かないと・・・
と思っていたのになかなか聴く機会がなかった。

最近ネットウロウロしてたら・・・
「All's Well That Ends Well」のルーク直筆サイン入りを発見!!
ついポチッと買ってしまった(笑)



おおーっルークのサイン!!

まあサインというのは直接もらわない限り100%の信憑性はないけど
向こうのCDショップが販促で限定販売した物と言うし、まあルークとかなら本物かも(笑)ということで。

個人のコレクション出品というのは怪しい物だらけだけど、CDショップが売った物というのは
その事実がその場で買った多数の人に知られているから意外と安心という。
あのポール・マッカートニーもHMVとかで販促サイン会とか今でもやってるからオドロキ・・・
なんとうらやましい!!

話は逸れるけど、サインなんて興味ない人にとってはまったく意味のない物だろうけど
自分の場合、何か運よく好きなギタリストと直接会えたりして
その時々やはり記念にサインもらうもんだから、ついつい集めてたまってしまった。

その中には、布袋さんとか今は雲の上の人と言ってもいい人もいたりして
本当に当時もらってて良かったなあと思ったり、

村治佳織さんのサイン見ると、直接間近でお話ししたこと思い出して、
一日も早く完治してカムバックしてほしいと思ったり・・・


ということでこのアルバム。

ルークのギターはマニアックに楽しめるけど(もろベック!!という曲もある)
「Transition」に比べると、少し曲が弱い・・・
あのアルバムは別にTOTOを知らない洋楽ファンにも薦められそうな
曲のクオリティと、いい意味での聴き易さがある。

「録り」という面から聴いても、特にリズム隊は、あっちが圧倒的に音がいい。

最近の3枚のうち2枚聴いたので、あとこれも聴かないと仕方ない(笑)
Ever Changing TimesEver Changing Times
(2008/04/29)
Steve Lukather

商品詳細を見る


聴いたことある人いたら感想教えてください。

後記・・・このアルバム廃盤なんですね。
中古でメチャクチャ高いです(涙)
スポンサーサイト

スティーヴ・ルカサー

2013年02月20日 19:11



今月号のギターマガジンとプレイヤー誌で
ルークの特集やってて、
そういえば最近信頼するマイミクのtaka-n氏も「いい」と
つぶやいてたな~と思い出し、さっそく注文入れました。

来るまでひさしぶりにTOTO聴きまくろう・・・

ルークといえば80年代の
エフェクト使いまくりの印象が強いけど
最近はすっかりシンプルなサウンドになっているそう。
あの頃の音をボロクソに言うブルース系の人が多いけど
あれはあれでいいと思うなぁ・・・

自分の音作りも最近また悩み中(笑)