ESCAPE FRONTIERS 完全再現ライヴ

2017年03月13日 18:48



生で観れるものなら観たかったJOURNEYの「ESCAPE」「FRONTIERS」完全再現ライヴ at 武道館。
昨夜WOWOWでオンエアされました。すごく楽しみな放送だったし、WOWOWには本当に感謝なのですが
ライヴ自体のクオリティは、演ってくれただけで嬉しい・・・というレベルだったのではないかと思います。
もちろん標準以上の十分満足なライヴでしたが、なんか演奏がとっちらかっていて
いつものJOURNEYクオリティではありませんでした。
スティーヴ・スミス復活で、ペリー以外の当時のメンバーが完全復活、昔からのファンは喜んだわけですが
やはりアンサンブルがイマイチな原因はドラムかな?という感じでした。
皮肉なことに前ドラムのディーン・カストロノボのすごさを証明することになりました。
JOURNEYが売れ線バラードばかりではない、立派なハードロックバンドであることを示す楽曲は
二ールのギターとドラムのアンサンブルがキモだと思うんですが、そういう曲では今のスティーヴ・スミスは弱いと思います。
ディーンはその点ですごかったんだな・・・と痛感。
それと、各アルバム1曲ずつ、知らないサポートメンバーがボーカルとったのですが
アーネル、キーが高くて歌えなかったんでしょう。
この企画立てた時点で予測できたことでしょうから、まあ仕方ないか・・・
個人的名曲「After the fall」はアーネルの声で聴いてみたかったです。

話はまったく変わりますが、自分の体調の関係で、ライヴ関係はいつもうちの奥さんが
それほど興味のないミュージシャンでも付き合ってくれています。
たまにはこっちも付き合おうかということでもないのですが
彼女の好きなユーミンが、今年久々に大規模な全国ツアーをやるということで
どうせ取れないだろう・・・と、九州内行けそうな会場二か所申し込んでみたら
二か所とも当たってしまったので、いつものお礼に付き合うことにしました。
学生の頃付き合っていた子がユーミンの大ファンで、自然にほとんどの曲は知っているし
当時徹夜で並んでチケットを手に入れ(当時はネットも携帯もなし、頼りは自分の体のみ 笑)
あの頃としては考えられないステージのレベルに感動したことを思い出します。
いや、ほんと日本人アーティストで当時あのレベルのステージはなかったです。
あれから30年・・・いろいろと思い出しそうです。
スポンサーサイト

やったー!!

2017年02月24日 23:04



まさかこのライヴをオンエアしてくれるとは・・・(泣)

さすがWOWOW、感謝 !!

3/12(日) 20:00~

JOURNEY

2017年01月10日 17:12


fr.jpg
2015年のポール武道館公演の時の日記に
また武道館に来たい、次はJOURNEY来ないかな? 的なことを書きましたが
まさかこんな形で来るとは・・・

武道館公演1日のみこの2枚の完全再現ライヴ !!

絶対行けない日程・・・残念すぎる(泣)

商業ロックに走ったとさんざん言われた2枚ですが
自分にとっては青春のマスターピース(笑)
今も月に1回は通しで聴きます。

はぁ・・・前回みたいにWOWOW生中継ないかな。

JOURNEY

2013年03月11日 22:20



東日本大震災からちょうど2年のこの日に合わせて
JOURNEYの来日武道館公演があり さっきWOWOWの生中継!!! が終わりました

JOURNEYといえば80年代 特にブルース系ロックファンの
「商業ロック」攻撃の的にされたバンドです

今まで何度も語りましたが 美しいメロディ好きの日本人のツボに
見事にハマった名曲の数々は今も色あせず
JOURNEYを知らない若い音楽ファンにも
WBCのテーマ曲「SEPARATE WAYS」等で今も刷り込みが行われています(笑)

ま それはおいといて・・・

今回の注目は我らがスティーブ・ペリーから数えて3人目の新ボーカル
なんとアジア系!! フィリピン人のアーネル・ビネダ
この人は元ホームレスというくらい貧しい人だったそう
地元バンドでJOURNEYのカバーを演り YOU TUBEにアップしていたのを
N・ショーンが見つけて加入させたという超ラッキーボーイ

それにしても前ボーカル スティーブ・オージェリーもこの人も
とにかくペリーに声が似ている

アメリカやイギリスのロックバンドというのは
ほぼギタリストが リーダー&バンドの顔で ボーカルはキャラも声もコロコロ変わるのが常
同時代 リッチー関係のバンド TOTOしかり VAN HALENしかり・・・

JOURNEYというバンドはなぜこうもペリーのそっくりさんを
求めるのだろう?

うーん 一生懸命な姿勢は好感もてるが
声量 ピッチ ともに微妙・・・
放送前の評論家の方のベタポメに 必要以上の期待をしていたからなおさら・・・

そっくりさんにするからこそ
こうやってスティーブ・ペリーと比較もされるのに・・・

ショーンのギターはあいかわらずのかっこよさ
生中継だから放送音のチェックまでは煮詰められなかったからか
すべての音に残響成分多すぎで 芯の音が聴こえない(泣)
とくにギターはディレイ リバーブまみれ
残響系大好きな自分から見てもこれはいくらなんでもやりすぎ・・・

ショーンは「LIGHTS」でお決まりストラト以外はほぼ画像のこれ
PRSのオリジナル カラーはブラック
せっかくギター違っても 昔のレスポールの時と同じ音(笑)
何使っても結局こういう音作り追い込んでしまうんでしょうね
いや 変わらないで何よりです
小指使わず速弾きするところもいつも通りかっこよすぎ!
このタイプのギタリストで小指使わない人珍しいですよね?どなたか・・・(笑)

セットリストは全盛期「FRONTIERS」当時のライブとほぼ同じ
日本人のファンのことよくわかっているのでしょう

なんやかんやいってもやはりJOURNEY大好きです