SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2017 Daisy

2017年08月06日 01:43

コンサートが二つ続きました(汗)
IMG_2859.jpg
うちの奥さんの福岡の友達と三人で松田聖子のコンサートへ。
待ち合わせは達郎でおなじみ福岡サンパレス。

ちょうどランチタイムなので友達がここのレストラン予約していてくれました。
自分はどちらかといえばラーメンとか明太子とか安上がりなのですが(笑)
今日は女たちに言われるがまま・・・
IMG_2846.jpg
IMG_2849.jpg
IMG_2851.jpg
こんなコースを・・・
いや・・・かなりうまかったです。口コミの評判がいいのを知りながら
コンサートでここのホールに来るだけで
全く立ち寄ろうと思ったことさえありませんでした。
おまけにここ円形の展望レストランで、360度ビューです。絶景 !!

IMG_26022.jpg
IMG_2856.jpg
会場は毎回マリンメッセ福岡です。
IMG_2858.jpg
外のツアートラックにはまたまた直筆サインが。みんなの記念撮影スポットになっていました。
IMG_2863.jpg
IMG_2873.jpg
しかし、いまだにこれだけのお客さんが集まるという・・・
それだけでもすごいです。自分が生涯聴き続けたアイドルはこの人だけですから
感慨深いものがあります。


いつもはステージに没頭するんですが、今日はコンサート観ながら、こんなことを考えていました。

ブリっ子って言葉が流行りましたよね。聖子ファンは、明菜ファンとかからよくこの言葉言われていたんですが、
ブリっ子って、本当にかわいい子がやらないと、ただのお笑いになるんです(笑)
まあポールとジョンのファンの違い(毎度念を押しますが「ポールとジョンの違い」じゃないですよ。「ファン」の違いです)
と同じで、自分「反~」を売りにする人の方に、かえって「あざとさ」感じるんです。
「校舎のガラス割った」「盗んだバイク」って歌詞に入れて不良の共感得る人とか(ただの犯罪)
震災の時だけ、今まで言ってなかったくせに「ほら見ろ」とばかりに
「ずっとウソだったんだぜ~」と、反原発を歌にするエセ思想家ミュージシャンとか、
気が向いた時だけ外国から中継で愛想悪く紅白出る元アイドルとか・・・(笑)
事務所の仕掛けだとしても、それで売ろうとしていることは間違いありません。
松田聖子のすごさ、50代になってもアイドル通すって、もう笑えるほど全くぶれがないです。
高齢者になっても(笑)いつまでも応援してあげようって思います。
その姿勢と自分が好きなミュージシャン、
達郎の音楽に対する頑固さ、ポールのサービス精神、Charの好きなことやり放題(笑)
ジャンルとか関係なく、結構かぶるんですよね。

2017. 8. 5 (土) マリンメッセ福岡

SET LISTS

1 春の風誘われて~Spring has come again~
2 友達で恋人がIt's a wandeful ~Shake It!! Baby~
3 あなた Propose tonight
4 私・・恋してる
5 今を愛したい
6 あなたへの愛
7 薔薇のように咲いて 桜のように散って
8 あなたに逢いたくて~Missing You~

Acoustic
9 セイシェルの夕陽
10 時間旅行
11 モッキンバード
12 Sleeping Beauty
13 ひまわりの丘
14 SWEET MEMORIES
EN
15 秘密の花園
EN2
16 モッキンバード

17 赤いスイートピー
18 時間の国のアリス
19 メドレー
 青い珊瑚礁
 風は秋色
 天国のキッス
 渚のバルコニー
 Rock'n Rouge
 チェリーブラッサム
 夏の扉

EN
20 SQUALL
21 20th Party
22 「ありがとう」
23 いくつの夜明けを数えたら

約2時間のコンサートでした。普通コンサートの時間ってこのくらいですよね。
自分が行くコンサート、長い人が多いから新鮮でした。

さて、ハッキリ書きますが、毎回前半に固めた新譜の曲は、ほぼテープ、口パクです。
それ考えるとこの人のコンサート一番の見所はもう中盤のアコースティックコーナーですね。
ここはバンドの演奏も生々しいし、MCも面白い。
特に福岡のファンは毎回得している気がします。恒例になった久留米弁。
芸能人が方言でしゃべるとわざとらしいのが多いですが、この人はもう九州離れて長いだろうに
いまだにネイティブです(笑)
歌は一時期さんざん叩かれた、まるで演歌の不自然な「タメ」をすっかりやめました。
もともと素晴らしい歌唱力なので、ほんと良かったです。新譜の曲も多少CDとイメージ変わろうが
本当に歌えばいいのに・・・会場に子供たちもかなりの人数観に来ていました。その子たちに
ウソの姿でなく、今のアイドルとは鍛え方が違うところを見せてほしかったです。
達郎やポールとかと同じように、見事にファンの世代交代が続きそうじゃないですか。

逆にこんなことも考えてしまいました。今の若いアイドルのコンサートって、
全部が全部じゃないだろうけど、カラオケ、口パク、あれが2時間続くのか・・・
ファン、すごい忍耐力だな・・・いや、動く姿見れればそんなことどうでもいいのか・・・と。
IMG_2876.jpg
会場を出ると、こんな素敵な景色が待っていました。福岡も都会だけど結構美しいな。
IMG_2882.jpg
IMG_2878.jpg
夕ご飯。自分はやっぱりこういうのだな。博多ラーメンと明太子ご飯(笑)

ということで今夏のコンサート終了 !!
スポンサーサイト

松田聖子35周年コンサート

2015年08月09日 23:14

今日の日記は、ロックンロールな方には相手にされないかもしれません(笑)

以前書きましたが、アイドルとか一切興味なかった自分が唯一聴いていたアイドルが松田聖子です。
今年が35周年ですが、自分デビュー時(「裸足の季節」)からファンでしたのでそのままこちらも35周年です(笑)
高校生の時からですから、長い付き合いなんてレベルではありません。

とはいっても、コンサートによく行くほどではなく、前回2010年の30周年記念ツアーが初めてでした。
やはり若い頃は生で観るのはバンド系で、いくら好きでもアイドルのコンサートに行くという発想は
ありませんでした。ところがバンドで松田聖子を演り始めたものだから、ボーカルと一緒に観にいってみよう
となったのが前回2010年だったわけです。

今回は福岡に住む、うちの奥さんの大親友が誘ってくれた上、チケットまで取ってくれたので
福岡の大学に行っている次女に会うついでに(どっちがついで?)35周年コンサート、マリンメッセ福岡行ってきました。
DSC_0450.jpg

ということで初のマリンメッセ福岡。
DSC_0429.jpg
東京ドームやヤフオクドームと比べたらアレですが・・・まあまあ大きいです。

お決まりのトレーラー展示。
DSC_0440.jpg
DSC_0438.jpg
DSC_0430.jpg
後部。よく見ると・・・
DSC_0431.jpg
直筆サイン !!
これは気付かない人いるでしょうね。
DSC_0470.jpg
かわいかったので、つい・・・(笑)

DSC_0458.jpg
さすが大物・・・会場は満員。

以下覚書のセットリスト、特に「書き込むな」とか言われなかったので・・・
あと名古屋公演残っていますので、見たくない方は見ないでください




01 Fairy dust~魔法の世界~
02 Bibbidi-Babbidi-Boo
03 Theme of Mouse~マウスのテーマ~
04 しあわせの瞬間~Happily Ever After~
05 I will love you forever
06 あなたに逢いたくて
07 felicia ~君は僕の太陽~
08 星空への祈り

アコースティック・コーナー

09 愛されたいの
10 潮騒
11 Sunset Beach
12 セイシェルの夕陽
13 Sweet memories
14 秘密の花園

15 赤いスイートピー

メドレー

16 時間の国のアリス
17 青い珊瑚礁
18 風は秋色
19 硝子のプリズム
20 渚のバルコニー
21 Rock'n Rouge
22 チェリーブラッサム
23 夏の扉

アンコール

24 Squall
25 20th Party
26 「ありがとう」
27 いくつの夜明けを数えたら

着替え時間のダンスコーナーでは「未来の花嫁」などもインスト演奏 !!

紅白以来悪評高かった、タメすぎの歌唱。
本人の耳にも届いたのでしょうか、かなり昔の歌い方に戻っていて安心しました。
それにしても53歳であそこまで「アイドル」としてのショーにこだわる姿勢。
自分は好きです。今回、そろそろ年相応に、と言ったらしい・・・意見が合わなかったバンマスと離れ
ワイドショーとかでいろいろ言われたらしいですが、松田聖子のこの姿勢は正しいでしょう。
ポール・マッカートニーがなぜいいか?
73歳の今でも大量火薬の炎の前でロックンロールするからですよ(笑)
歳相応だと、JAZZの「KISS ON~」ばかり演っていたら?
ということでバンドメンバーかなり入れ替わりました。

ところで、松田聖子は現在アイドルとはいえ立派なシンガーソングライターでもあります。
興味ない方は知らないでしょうが、最新アルバムは全曲作曲ですからね。
こういう元アイドルもあまりいないでしょう。今回のアルバムの楽曲はなかなかのレベルだと思います。
ただ、エンジニアリングがあまりに可哀想・・・どうしちゃったんでしょう。
特にマスタリングはひどいのでは?

中盤のアコースティックコーナーの選曲はもうツボでした。
一番聴いていた頃のマイナー曲ばかりです。
シングルB面とか、アルバム最後のバラードとか。
ファーストアルバムのラスト曲、「潮騒」は特にきました・・・

セットと照明ももちろんハンパありません。
曲ごとの作りこんだ映像も素晴らしい・・・
今年はKISS、ポールと観ていますからこっちのハードルも高いのにです。

PAも丁寧。バンド系エンジニア、少し見習った方がいいかな?
音源多いのに全くダンゴにならずクリア、おまけに会場は音響的に不利そうなのに。

ただ一つ、安全策か?ボーカルはかなりコンプでつぶしすぎでした・・・

予想はしていましたが、今回福岡のファンは特に久留米弁のMCが長く、得しました。
おまけにあの転倒事件。聖子さんは災難でしたが、大丈夫そうだったので
ファンにとってはある意味サプライズ(笑)本人も自虐していたので
禁句というわけでもない、いい思い出って感じでしょう。

同年代のアーティストの一生懸命な姿からは本当に元気をもらえます。

松田聖子30周年コンサート

2010年08月06日 11:29

P1000168.jpg
P1000170.jpg

松田聖子の30周年記念コンサートに行ってきました。
すごいパワー、歌唱力、サービス精神・・・
たかが15曲くらいのライブで「疲れた・・・」なんて言ってられません(笑)
怒涛の30曲!2時間半!!

2010.8.6 鹿児島アリーナ
松田聖子「30th ANNIVERSARY SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 MY PRELUDE」

SET LIST

1.  Into the mirror world(New Album 01)
2.  You are my ideal (New Album 02)
3.  I just want to be (New Album 06)
4.  Tomodachi (New Album 10)
5 . 風に揺れながら(New Album 04)
6.  30th Party((New Album 09)
7 . ハートのイヤリング
8.  渚のバルコニー
9.  野ばらのエチュード
10. 赤いスイトピー
11. いくつの夜明けを数えたら(New Album 03)
12. Sweet memories
13. 瞳はダイアモンド
14. あなたに逢いたくて~missing you~

30周年感謝のメッセージ&ムービー

15. 時間の国のアリス

リクエスト・コーナー

16. Sha la la(New Album 05)
17. 制服
18. 真冬の恋人たち

ヒット・メドレー

19. 裸足の季節
20. 青い珊瑚礁
21. 風は秋色
22. 風立ちぬ
23. Rock'n Rouge
24. チェリーブラッサム
25. 夏の扉

(アンコール)
26. 天使のウインク
27. 20th Party

(アンコール2)
28. Only My Love
29. SQUALL
30. いくつの夜明けを数えたら(New Album 03)