FC2ブログ

CASIOPEA 40周年

2020年03月05日 13:54

先日WOWOWで、CASIOPEA 40周年ライヴのオンエアがありました。
とはいえ現メンバー3rdの演奏でしたが。
それでネットをウロウロしていたらamazonで見つけたのがこれ。読むところがたくさんありそうだったので
オフィシャルショップに飛んでみると・・・あらら直筆サイン付き。即ポチッといきました。

この本なのですが、これはいい・・・資料性も抜群です。

歴史的なこと
すべての作品を野呂氏が紹介
野呂氏のギターIN-DX製作記(ここがすごかった・・・オーダーシート内容全て?解説)
全パート全楽器紹介&解説
レアグッズ(記事 チケット)←最近多い、ミュージシャン展覧会のパターンを意識してるか?(笑)
インタビュー(メンバー全員&スタッフ)

IMG_1925c.jpg
これで現メンバー大高さんのサインが増えました(笑)

CASIOPEA 40周年かぁ・・・

以前ここで、最近は野呂さんのギターに対する興味が薄れてきたと書きました。
その理由は主に音色のことなのですが、考えてみればそれはそれで80年代から全くブレてないすごさでもあるなと
思ったりもします。
今でこそ聴く音楽の中で最優先ではありませんが、CASIOPEAとの付き合いはすごく長いです。
リアルタイムですから、リスナーのこちらも40周年(笑)
大抵後追いですから、よく考えてみると、CASIOPEAと松田聖子くらいか・・・

c1st.jpg
中2か3の頃、オールナイトニッポンがきっかけでした。
同年代の方はご存知の通り、あの番組は夜中ですので、CMもない音楽だけが延々とかかっている
謎の時間があります。まあパーソナリティの休憩時間でしょうが。
そこでかかっていたのが、後でわかる、この1stアルバム収録の「Swallow」
「なんだこれは?」なぜか一発でやられました(笑)しかしそこからが大変・・・
無茶苦茶不便な時代。誰の曲とかわかりません。思えばやられた日から随分たってから
それがCASIOPEAというバンドだとわかった気がします(どうしてわかったかは全く覚えていない)
この曲は、野呂氏たちがまだアマチュアバンドのコンテストに出ていた頃、ちょうど審査員がナルチョの時に
演奏した曲だと、後々野呂さんが何度も語っています。コンテストなのにアンコールを求められ、
もちろん違う曲など準備しておらず、この曲を2回演奏したそう。
そしてその頃もらったイーストウエスト「ベストギタリスト賞」賞品の、ヤマハSG-2000との出会いによって、
野呂氏は40年後の今でもこのシリーズしか使わない・・・ということになっているのです。

それにしても、どのミュージシャンにも言えることですが、1stアルバムには、何か得体のしれないパワーがあります。
このアルバムも、後々ライヴを重ねて名曲に変身していくすごい曲が多数収録されています。
まだいろいろ荒いですが自分的名盤①
ちなみにこの頃のCASIOPEA初代ドラマー佐々木隆氏も、リズムが正確な暴れん坊という感じで
神保氏とは違う魅力があります。
muc.jpg
第1期CASIOPEAがそのスタイルを確立したかな?と個人的に思うアルバムが「MAKE UP CITY」
これが自分の人生で一番聴いたCASIOPEAのスタジオアルバムです。名盤②
神保ファンはこれが必聴スタジオアルバムかも。というのも次作から西海岸ミュージシャンが関わって
レコーディングが少し変な方向に行ってしまい、神保氏の魅力がスポイルされてしまうのです。
crosspo.jpg
4人のメンバーが、それぞれ作曲家としても完成したかな?と思う「CROSS POINT」名盤③
冒頭の「SMILE AGAIN」はファンにすごく人気のある曲なのですが、本人たちは発売の頃を除いて
おそらくずっとライヴで演奏していません。動画サイトに行けば、これをカバーしているバンドの多いこと。
素晴らしい曲だということを物語っています。ギターの音色も、この曲はなぜかもろアンプっぽい音です。
mjm.jpg
そして世間一般に認知された。ということで「MINT JAMS」名盤④
ヨーロッパにファンが増え始めたということで、日本では発売予定もなく要請され急遽作られたライヴアルバム。
結果、いままでで一番売れたアルバムに。
phg.jpg
このあたりから一般の音楽ファンにも「ああカシオペアね」と話が通るようになった「Photographs」名盤⑤
「スリル・スピード・・・」と言われていたCASIOPEAから完全に卒業した大人のアルバムです。
好きなんですが、人間の限界に挑戦しているようなCASIOPEAが大好きな自分は、当時少し寂しさも感じました。
jive.jpg
もしかすると初期からのファンを多数裏切ることになったかもしれない「Jive Jive」これは迷盤①(笑)
自分は実験的で好きです。前作までと曲調もサウンドも激変します。評判のよくないアルバムですが、
今でもよく聴くアルバムです。

アルバムはこの後も2期、3期、現在の3rdと続きますが、今回はここまでにします。またいつか。

cagain.jpg
そしてこれは現在入手困難なレアアイテム。
「CASIOPEA AGAIN」というDVDなのですが、何がすごいか?

LD(ご存知ですか?笑)全盛の頃、CASIOPEAの映像は結構な数発売されていて、その中には貴重な
六本木ピットインの映像なんかもありました。その中でもファンの間で「もう観られない映像」と言われていたのが
↑で紹介した「MINT JAMS」収録時の「音」ではなく「絵」の方です(笑)
まずは、大ファンもあれ(82年築地中央会館)の映像があったとは思いもしなかったのです。
それが当時人知れず発売されていたのですが(自分は持っていますよ 笑)それらを1枚のDVDにまとめたという
すごいやつなのです(笑)ピットインの映像にはなんと若き日の大村憲司氏も・・・

↓その映像、今はこうして上がっていますが。

「MINT JAMS」の中でも、当時のCASIOPEAらしい楽曲、演奏テクニック、仕掛け、
一度も「フリーのリズム」にならない(客の手拍子崩さない 大変なこと ありそうでないですよ)リズム隊ソロ・・・
名演中の名演「DOMINO LINE」(1982年築地中央会館)


そして手に入らなくて困っているのが、2期CASIOPEAのスタート作品として、音と映像を同時発売した、
映像の方の「THE PARTY-visual stack-」DVD。手元にはVHSのみで、現在ビデオデッキがないので観ることができません(泣)
ドラマー日山氏のCASIOPEAデビュー作で、楽曲自体は賛否あるでしょうが、演奏もダンスもエキストラの客も驚異の1発撮り、
ダビング、修正なしのすごい作品です。ナルチョ初登場。

CASIOPEAの歴史は機材のデジタル化とともにあるのですが、このバンド自体の演っていることは
逆に超アナログで、そこがこのバンド最大の魅力でした。
スポンサーサイト



経済情報82のテーマ

2018年12月18日 20:36

CASIOPEAの話題が続きますが・・・

以前ここで野呂さんと偶然連れション状態(笑)になったことを書いた時の話。

「 『経済情報82のテーマ』が大好きでした。あの短い曲にCASIOPEAのかっこよさが詰まっている
気がして・・・(大意)」と、トイレで並んだ状態(笑)で言うと
野呂さんとても喜んでくれて、当時90年くらいですから
「あんな曲覚えているんですか !!」と驚いてくれました。
これがその曲です。検索かけたらすぐに見つかりました。
アップしてくださった方すごい・・・そしてありがとう !! 懐かしくてたまりません。

野呂さんには他に、当時「FULL COLORS」が出たばかりだったのに
今でも「MAKE UP CITY」が一番好きですとか失礼なことも言ってました。
なぜアンプを使わずラインになったのか等、機材のことも話しました。
ここまではトイレ内の出来事(笑)

この日は「ギタークリニック」という名のミニライヴだったのですが、
質問コーナーで誰も聞かないので、なんと質問もさせていただき、地元のFMで流れ、人生初自分の声オンエア(笑)でした。
物持ちをいつも自慢していますが、この時のエアチェックテープが見つからない・・・(涙)



黄金期メンバー4人とナルチョはお話しさせていただいたことあるのですが、
意外に、にぎやかそうな向谷氏は「あっ、どうも・・・」って感じ(笑)
でも最近鉄道関係の仕事で「情熱大陸」に出てたのは嬉しかったです。
最近は鍵盤弾くと「ピアノ巧いんですね」と言われるという話が爆笑でした。
桜井氏は人のよさはにじみでていますが口数少ない。
神保さんはとにかく人当たり良くて話している間ずっとニコニコ。
ナルチョはテレビやビデオで見るままの、あのスーパープレイを一切感じさせない
面白いオジサン(笑)
そして野呂さんは、一見人当たりが良さそうではないのですが
マニアックなことを聞いたりすると、食いついてきて、あの素敵な低い声で
淡々と話し相手してくれるという感じで
それぞれ短い時間ではありましたが、5人の中でも自分は野呂さんとの会話が至福の時でした。

AIR SKIP

2018年12月14日 22:53

自分、物持ちのいいことはいつも書いている通りです。
今夜、CASIOPEAの、とあることを検索していたら、なぜかこの懐かしいカセットが
いろいろなところで話題になっていることを初めて知りました。

カセットがダメになって聴けないからCD発売希望署名しよう !! とか
これに入っている「EYES OF THE MIND」ライヴバージョンが神 !! とか・・・(笑)

そのカセットの名は「AIR SKIP」
当時流行っていた、ベスト的な選曲をDJでつなぐという編集盤で
LPでは発売されず、カセットのみという形態でした。
自分がなぜこのカセットを買ったかというと、たしか83年だったと思うのですが
初めてCASIOPEAのライヴに行った時、グッズ売り場で
LP1枚買ったら、メンバー直筆サイン色紙プレゼントというのをやっていて、
めぼしいLPは、前回書いたベースの先輩と分担して(笑)買っていたため
仕方なく買ったのです。

ところが聴いてみると、先程のネットの話題通りのことを当時自分も感じていて
大抵の曲は過去音源でどうでもいいのですが、ライヴ音源が2曲あり(未発表 おそらくその後も)
そのうちの1つ、「EYES OF THE MIND」は、大のお気に入りということもあり、いろいろなライヴバージョンを
聴きなれていたのですが(当時はFMでよく放送されていた)
そういった数ある音源の中でも、ぶっちぎりのかっこよさだったのです。(これは現在でも変わらない)
神保・桜井・向谷、3人の演奏はそれほど変わらないのですが、この時の野呂さんのプレイは鳥肌ものです。

その後心配性の自分は、テープの寿命を考え、この曲だけはきっちりデジタル化して保管しています。
ちょうど前回書いたように、カセットMTR→デジタル化というシステムは常時稼働状態だったので
大切なFMエアチェック(懐かしい死語 笑)音源なども一気にやりました。

余談ですが、この曲名に「THE」があるのとないのがあることをご存知の方は
筋金入りのCASIOPEAファンです(笑)

しかし、この画像さっき撮ったもの。1983年のカセットが、ケースの紙もよれず、破れず
絵もクッキリ・・・我ながら感心します(笑)

野呂一生 自叙伝

2017年02月12日 01:16


IMG_2045.jpg

CASIOPEAの野呂さん(自分には3rdではなくやはりこっちがしっくり・・・)が自叙伝を出しました。
野呂さんは昔からアルバムのライナー書いたりジャケットのイラスト書いたりしていたので
予想通りのユーモアあふれる、もう慣れたものといった、楽しい文章でした。
ギターマガジン等のインタビューは学生の頃から読んでいたので
それぞれのアルバムの制作秘話などは昔から知っていたことばかりでしたが
自叙伝ということで今回初めて書かれた赤裸々な事実には驚かされました。
CASIOPEAメンバーチェンジの真実、解散の真実。

中3の頃、オールナイトニッポンの途中に流れていた曲が気になって仕方がない・・・
という1stアルバムの曲(今でも覚えている出会いの曲は「SWALLOW」)との出会いから最近の3rdまで、ずっと聴き続けていますが
正直なところ歳をとるほどエレキギター本来のシンプルな音色が好きになってきて
あの当時斬新だったハーモナイザーや、コーラスかけっぱなし、もろラインの野呂さんのサウンドが
最近ちょっと苦手になっていました。
しかしこの本を読んでいると、自分自身の当時のことまで思い出されて
CASIOPEAの楽曲たちは時代を一緒に生きてきたんだなという思いを強くしました。

いつものことですが、単純な自分がこの本を読み終えてしたことといえば
お察しの通り、当時特にお気に入りだったCASIOPEAの曲聴きまくりです。

聴いた曲は(笑)

GYPSY WIND
SMILE AGAIN
TAKE ME
CHANDELIER
EYES OF MIND
DOMINO LINE
FROM OVER THE SKY
SWEAR
太陽風
Juicy Jam

Happy Birtday Paul !!

2015年06月18日 20:37

うちの家族と誕生日がすごく近いので覚えていました。
今日はポール・マッカートニー73歳の誕生日です。
これからも健康で、いつまでも楽しませてほしいです。

「OUT THERE」というツアー名をおろして・・・
セットリスト一新で、2年後くらいにドームツアーぜひまた。

さて、最近ポール関係やロックの話題ばかりでしたが
昨夜はなぜか久しぶりにコレを聴いていました。
DSC_0327.jpg
ご存知の名盤「MINT JAMS」/CASIOPEA。神保さんにお会いした時、サインいただいたのですが
「他の3人もいつか書くかもしれませんよね。端に書いときます」だそう・・・お人柄ですよねほんと。

サイン自慢が続きますが、ネタはまだまだあります(笑)

さて「MINT JAMS」の話のつづき・・・
はじめはなんと2000円 !! のレコード。当時LPは2500円ですからバーゲンです。
次にCD化後すぐ買って、そして2000年代にリマスターされたもの・・・と、もう3枚目です。

高3の時、本当に聴きまくりました。ギターのアドリブ、口ずさめるくらい(笑)今も全曲言えます。
というか、自分的にこれがなぜ名盤かというと、野呂さんのアドリブがもう
あらかじめ構築されていたのではないかというくらいの完成度です。
特に「TAKE ME」のソロ。
高中氏なんかは、ソロは小節単位で構築していると公言していますからいいですが
これは今聴いてもアドリブではなく「瞬間作曲」です。

「TAKE ME」といえば・・・
新生CASIOPEA 3rd も演っていますが、本当に申し訳ない野呂さん・・・
あの曲のキーボードは、オルガンありえないでしょう。
そりゃあオルガニストをメンバーに入れたわけですから
弾かせたいのはわかりますが、あのせつないメロ、減衰しないオルガンの音で
弾きますか普通 !?
今更YAMAHA GS-1の音を再現しろとは言いませんが
せめて減衰するピアノ系の音です。

CASIOPEA思い出話その1
DSC_0328.jpg
「HALLE」のツアーの時、なんとCASIOPEA打ち上げ場所隣のテーブルで食事 !!
その時、レストランのナプキンにもらった、桜井氏がいる頃のサイン。

CASIOPEA思い出話その2
issei.jpg
そしてこれが極めつけ !!
90年代(FULL COLORSの時)ライブ前でトイレ行ったら横に並んだのが野呂さん(笑)
人生最高の連れションでした。レコード化されなかった名曲、NHK「経済情報82のテーマ」の
話で盛り上がりました。(あんな曲知ってるんですか?と言われた)
トイレ出口でツーショット(笑)

ということでしばらくフュージョンウイークいってみます(笑)