--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野呂一生 自叙伝

2017年02月12日 01:16



CASIOPEAの野呂さん(自分には3rdではなくやはりこっちがしっくり・・・)が自叙伝を出しました。
野呂さんは昔からアルバムのライナー書いたりジャケットのイラスト書いたりしていたので
予想通りのユーモアあふれる、もう慣れたものといった、楽しい文章でした。
ギターマガジン等のインタビューは学生の頃から読んでいたので
それぞれのアルバムの制作秘話などは昔から知っていたことばかりでしたが
自叙伝ということで今回初めて書かれた赤裸々な事実には驚かされました。
CASIOPEAメンバーチェンジの真実、解散の真実。

高1の頃、オールナイトニッポンの途中に流れていた曲が気になって仕方がない・・・
という1stアルバムの曲(今でも覚えている出会いの曲は「SWALLOW」)との出会いから最近の3rdまで、ずっと聴き続けていますが
正直なところ歳をとるほどエレキギター本来のシンプルな音色が好きになってきて
あの当時斬新だったハーモナイザーや、コーラスかけっぱなし、もろラインの野呂さんのサウンドが
最近ちょっと苦手になっていました。
しかしこの本を読んでいると、自分自身の当時のことまで思い出されて
CASIOPEAの楽曲たちは時代を一緒に生きてきたんだなという思いを強くしました。

いつものことですが、単純な自分がこの本を読み終えてしたことといえば
お察しの通り、当時特にお気に入りだったCASIOPEAの曲聴きまくりです。

聴いた曲は(笑)

GYPSY WIND
SMILE AGAIN
TAKE ME
CHANDELIER
EYES OF MIND
DOMINO LINE
FROM OVER THE SKY
SWEAR
太陽風
Juicy Jam
スポンサーサイト

Happy Birtday Paul !!

2015年06月18日 20:37

うちの家族と誕生日がすごく近いので覚えていました。
今日はポール・マッカートニー73歳の誕生日です。
これからも健康で、いつまでも楽しませてほしいです。

「OUT THERE」というツアー名をおろして・・・
セットリスト一新で、2年後くらいにドームツアーぜひまた。

さて、最近ポール関係やロックの話題ばかりでしたが
昨夜はなぜか久しぶりにコレを聴いていました。
DSC_0327.jpg
ご存知の名盤「MINT JAMS」/CASIOPEA。神保さんにお会いした時、サインいただいたのですが
「他の3人もいつか書くかもしれませんよね。端に書いときます」だそう・・・お人柄ですよねほんと。

サイン自慢が続きますが、ネタはまだまだあります(笑)

さて「MINT JAMS」の話のつづき・・・
はじめはなんと2000円 !! のレコード。当時LPは2500円ですからバーゲンです。
次にCD化後すぐ買って、そして2000年代にリマスターされたもの・・・と、もう3枚目です。

高3の時、本当に聴きまくりました。ギターのアドリブ、口ずさめるくらい(笑)今も全曲言えます。
というか、自分的にこれがなぜ名盤かというと、野呂さんのアドリブがもう
あらかじめ構築されていたのではないかというくらいの完成度です。
特に「TAKE ME」のソロ。
高中氏なんかは、ソロは小節単位で構築していると公言していますからいいですが
これは今聴いてもアドリブではなく「瞬間作曲」です。

「TAKE ME」といえば・・・
新生CASIOPEA 3rd も演っていますが、本当に申し訳ない野呂さん・・・
あの曲のキーボードは、オルガンありえないでしょう。
そりゃあオルガニストをメンバーに入れたわけですから
弾かせたいのはわかりますが、あのせつないメロ、減衰しないオルガンの音で
弾きますか普通 !?
今更YAMAHA GS-1の音を再現しろとは言いませんが
せめて減衰するピアノ系の音です。

CASIOPEA思い出話その1
DSC_0328.jpg
「HALLE」のツアーの時、なんとCASIOPEA打ち上げ場所隣のテーブルで食事 !!
その時、レストランのナプキンにもらった、桜井氏がいる頃のサイン。

CASIOPEA思い出話その2
issei.jpg
そしてこれが極めつけ !!
90年代(FULL COLORSの時)ライブ前でトイレ行ったら横に並んだのが野呂さん(笑)
人生最高の連れションでした。レコード化されなかった名曲、NHK「経済情報82のテーマ」の
話で盛り上がりました。(あんな曲知ってるんですか?と言われた)
トイレ出口でツーショット(笑)

ということでしばらくフュージョンウイークいってみます(笑)

神保彰ライブ

2010年04月08日 22:58



地元で神保彰のソロライブがありました。
こんな田舎に好きなミュージシャンが来てくれるだけでも
嬉しいんですが、いやあ素晴らしかった・・・

知らない方のために・・・
神保さんは80~90年代のフュージョンバンドの中心的バンドのドラマー
超絶テクニックのドラマーです。
しかし技術をやたらひけらかすのでなく
歌心あふれるプレイをする方です。

今夜のライブはバンドではなく一人ぼっちです。
説明するの難しいんですが
生ドラム、パッドで音源制御プラス電子音源
という、要するに打ち込みなしの一人アンサンブルです。

演奏曲は

CASIOPEAメドレー
マイケル・ジャクソンメドレー
ディープ・パープル!!メドレー
クラシックメドレー
そして神保さんのオリジナルです。

一発目のCASIOPEAメドレーは涙ものでした。
ドラムを囲んで座る方式のステージなので
ほんと目の前です。
よくわからないお客さんたちは当然正面行ってましたが
もちろんドラム見るなら後ですよね(笑)
その「後」でまわり見るとバンド関係の知っているおじさんたちばかり(笑)

楽しかったです。ライブ終了後はお話もできました。
写真もきさくに撮ってくれたし。
この方の人柄の良さは昔から有名なんです。いまや「世界の神保」なんですけどね。

画像は目の前にある神保さんのセットです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。