FC2ブログ

中尾諭介ライヴ

2018年08月04日 21:59

地元出身のミュージシャン、中尾諭介さんのライヴに行ってきました。

中尾諭介さんは、2000年にメジャーデビューしたロックバンド、In the soupのボーカル&ギターで
↓こういう方です。

↓こういう人たちとつながっていたり・・・

で、なんでライヴに行ったかというと、最近これまた地元出身のこの方↓と仲良くさせていただいていて・・・
NBIS4558[1]
あの伝説的ドラマ「電車男」に出演されていた、現在は劇団主催や演出家、テレビ番組のレポーターなど
されている、本田誠人さん。この方が親友ということでお誘いいただき
以前から数曲は知っていましたが、ようやく生で聴けたという次第です。
本田さん、いいライヴに誘ってくださりありがとうございます。

自分とにかくバンド好きなので、プロの弾き語りライヴ観るの初めてかもしれません。
中尾さん、とにかく声が素敵で、バンドとは違う良さが際立ち、素晴らしいライヴでした。
イベントの中だったので半時間ほどでしたが、聴き足らなかったです。
バンドでレコーディングした曲を、アコギと自分の歌だけで完結するの大変だよなぁ・・・とか
考えたり。
IMG_5625.jpg
ライヴ後は最新アルバムに収録されている「クロダイ」↓の話で盛り上がり、

こんな歌を作っておきながら、まだクロダイをあまりお釣りになっていないということで、
自分が「クロダイだけ釣り野郎」であることを言うと・・・
DSC000021.jpg
(笑)
「今度連れて行ってください!」と言われ、音楽の話しようと思っていたのにできませんでした(笑)

しかしこの「クロダイ」という歌・・・一聴するとコミックソングですが、後半の進行なんかドラマチックで
Charのコミックソングとかぶるとこがあります。ふざけていても、やっぱり泣きのメロに行ってしまったりする
ところなんか。

IMG_5631.jpg
最新アルバム。
IMG_5630.jpg
お二人に挟まれライヴ後の幸せな時間・・・
スポンサーサイト

B級

2016年03月27日 10:05

今でこそ「B級」という言葉は「B級グルメ」のおかげか、
「庶民にとっては」1番のもの・・・みたいな意味で使われているが
昔はもちろんその言葉通り、1流とはいえないもの・・・的な意味で使われていたと思う。

自分が昔からB級という言葉をよく使っていたのは、
映画、特にSF、アクション系で使われていたから。「B級映画」って。
具体的に作品名あげると、「トレマーズ」とか、自分が崇拝するジョン・カーペンター監督の作品すべて(笑)
中でも「ニューヨーク1997」~「エスケイプ・フロム・LA」とか。
リドリー・スコット監督だとあの「ブレードランナー」
最近だと「第9地区」とか「ロサンゼルス決戦」とかか?(笑)

しかしおそらくこの作品たち好きな人みんなだと思うけど、他の1流と言われる映画たちと比べて
決して劣っているとは思っていない(笑)

音楽でもそういうところがあって
ジェフ・ベックだと名盤といえば「ブロウ~」「ワイアード」というのが定説。
自分は以前から言っている通りこれ。

ポールだともっとひどい。ご本人のリマスター計画でさえすっとばされたこれ。
おそらく永遠に手直しされないんでしょう(泣)
41FnKlGcpZL__AA160_.jpg
ZEPだとⅡやⅣがお決まりだけど自分はこれ。
619peav3O-L__AA160_.jpg
ここまでは時々同じ趣味の変わった人見つけることあるけど(笑)TOTOになるともういない。
1、 2、 4好きな人はいるけどこれがNo.1だとはまず聞かない。
昨夜フルで聴いたけど、やはり素晴らしかった(笑)
413gnz5KoBL__AA160_.jpg

例えばamazonでアーティスト名検索かけて、これらの作品が上にくることはまずない。
単品で聴けばどれもA級なんだけど、あまりに偉大なアーティストたちゆえ
これらはB級扱いなんでしょう・・・

やはり当たると嬉しい

2015年02月06日 17:24

ハードロック、メタル好きならご存知の
伊藤政則のROCK TV! という番組があります。

まあメタル中心なんですが、プログレや70'sロックも多く
大好きな番組です。
その番組プレゼント・・・



当たりました!!
まあ、そんな大きなモノではありませんが
当たるとやはり嬉しいですね。
DSC_9807.jpg

ミュージックライフ

2014年12月21日 20:50

物持ちの良さは既に自慢ずみですが(笑)

KISSのコンサートがあるので、当時のミュージックライフを見ていました。
しかし、持っているものにはKISSの記事なし・・・


で、こんなの見つけました。
高いな~と思いましたがいつもの衝動でポチッ(笑)
ミュージック・ライフが見たKISSミュージック・ライフが見たKISS
(2013/09/30)
不明

商品詳細を見る


懐かしい・・・持っていないミュージックライフの記事だらけですが
40年近く前なのに記憶がある写真がいっぱい・・・
当時はデジタルではないので、スキャン画像の復刻で印刷が汚いです。
でもよくこれだけきちんとアーカイヴしてくれたものです。
時期としては「ALIVE」から「仮面の正体」くらいまで。

当時の記事は本当にゆるい・・・音楽的なことよりも
「素顔で外を歩いていて気付かれたことはないか?」とか
「日本は好きか?」とか・・・
「トーピード・ガール」は実は「東京ガール」のことだとか(本当か?)

もうすぐクリスマスですね。

近所のイルミの画像です。
DSC_2927.jpg
DSC_2931.jpg

羽生結弦とゲイリー・ムーア

2013年12月21日 20:34

うちの家族は自分以外フィギュアスケートが大好きです。
だから家族がスケートをテレビで見てると居間から退散したりするのですが
最近びっくりしたことが・・・

聞こえてくるBGMが・・ゲイリー・ムーア!?

羽生結弦って「パリの散歩道」使ってるんですね。
なんて感心な(違うか 笑)名前にも「弦」って字あるし・・・
しかし、こんな渋い曲だれが選曲するんだろう?
自分としてはもうクラシックロックの部類なんですが
若い人たちはこの曲聴いてどう思うんでしょう?

それと、羽生結弦のおかげで、この曲にVoなしインストバージョンがあることを
初めて知りました。音源欲しいな~

ゲイリーは有名な曲知ってるくらいで音源も持っていなかったので
久しぶりに聞こえてきて、やはりいいギターだなぁ・・・と思いました。
レスポール、フロントPUで、これでもかってくらい歪ませてますが(笑)
泣いてますねぇ。(しかし・・こんなにノイズ出す人だったかなぁ?)