FC2ブログ

あなたのそばに・・・(宮崎大成住宅 ローカルCM)

2019年05月02日 23:41

それぞれの県に、ローカルCMがあり、そのBGMがあると思うのですが
宮崎県民にはとてもなじみ深いCMソングが個人的に2曲あります。

一つは銀行のCM。作曲はプロの方だそう。(行員の方5人による合唱バージョンもあり プロ級レベル)
もう一つが宮崎市にある大成住宅という会社のこのCMです。
バージョンはなんと9パターンもあり、最新のものが現在も普通に流れているため
県民のほとんどは口ずさめるのではないかという曲です。
旋律も非常にキャッチーで、歌声も多少危なげながら、個性的な、
原田知世ファンとかは好きそうな声で、一度聴くだけで耳に残ります。
余談ですが、自分は個人的にフル音源持っていますので、ギターソロなどのアレンジを聴き
90年代に流行った、ちょっと照れ臭いサウンドから、CMではこの部分だけで良かった・・・などと思ってしまいます(失礼)

また、この曲には興味深い話があって、90年代中頃にCMが始まった時
宮崎県民は、あまりに洗練されたCMだったので、この会社の所在を知らない人(自分も)は
全国放送のCMだと勘違いして、「song by miyako」のmiyakoってどんな歌手?とか、
この映像の女の子がその人なのか?とか話題になりました。
自分は当時から稚拙な曲とはいえ、もう作曲していましたから
こういうTVから流れてくる曲にもアンテナはっており、この曲のクオリティにもすぐ「ピピン」ときたものの
当時ネットもありませんので、解決することもなくモヤモヤしていました。

そしてネットの時代になり、この歌を歌っているのが、この会社の社長の娘の鬼塚美也子さんという人だとか(いい話)
CMに出ている人は、福岡のモデルの方だとか(不確実情報)かなり後になり知ることになります。
CDも発売されていて、この会社「大成住宅」本店のみで販売しているとのこと。
ということで、9バージョンの中でも、とてもシンプルでお気に入りの動画です。
(撮影場所、沖縄好きな人だったらピンときます !! 後方にあの島が・・・)

(こっちのバージョンは、バックに九州の人だったらすぐわかる山が !! 宮崎県がないのが残念・・・)


という記事を書いた翌日、本日5/3。
なんと奥さんの用事で急に宮崎市へ行くことに。
それも大成住宅の場所を調べると、目的地からたった5分の距離。
これもなんかの縁だと思い(笑)音源を正当に所持していたわけでもないので
95年くらいのCD、さすがにもう販売していないだろう・・・と思いながら
寄ってみると・・・ありました!!
IMG_8500.jpg
誰かにあげることもあるかもと2枚購入。
IMG_8513.jpg
懐かしい縦長のシングルCD。
この写真の方が、CMの人とは違うので、歌っているご本人でしょうか?
IMG_8517.jpg
一番興味のあった、どこのどんな人が作曲しているのだろう?という疑問も解決。
対応してくださったベテラン社員の女性からお聞きしました。
宮崎とは縁もゆかりもない、福岡県で活躍されている方だそう。
CDにあった作詞者、作曲者を検索すると、すぐに出てきました。
福岡の、CMソングライターコンビの方たち(なんと福岡ローカルCMソング数百曲作られているそう !!)でした。
現物手にして、すべてスッキリしました。
スポンサーサイト



中尾諭介ライヴ

2018年08月04日 21:59

地元出身のミュージシャン、中尾諭介さんのライヴに行ってきました。

中尾諭介さんは、2000年にメジャーデビューしたロックバンド、In the soupのボーカル&ギターで
↓こういう方です。

↓こういう人たちとつながっていたり・・・

で、なんでライヴに行ったかというと、最近これまた地元出身のこの方↓と仲良くさせていただいていて・・・
NBIS4558[1]
あの伝説的ドラマ「電車男」に出演されていた、現在は劇団主催や演出家、テレビ番組のレポーターなど
されている、本田誠人さん。この方が親友ということでお誘いいただき
以前から数曲は知っていましたが、ようやく生で聴けたという次第です。
本田さん、いいライヴに誘ってくださりありがとうございます。

自分とにかくバンド好きなので、プロの弾き語りライヴ観るの初めてかもしれません。
中尾さん、とにかく声が素敵で、バンドとは違う良さが際立ち、素晴らしいライヴでした。
イベントの中だったので半時間ほどでしたが、聴き足らなかったです。
バンドでレコーディングした曲を、アコギと自分の歌だけで完結するの大変だよなぁ・・・とか
考えたり。
IMG_5625.jpg
ライヴ後は最新アルバムに収録されている「クロダイ」↓の話で盛り上がり、

こんな歌を作っておきながら、まだクロダイをあまりお釣りになっていないということで、
自分が「クロダイだけ釣り野郎」であることを言うと・・・
DSC000021.jpg
(笑)
「今度連れて行ってください!」と言われ、音楽の話しようと思っていたのにできませんでした(笑)

しかしこの「クロダイ」という歌・・・一聴するとコミックソングですが、後半の進行なんかドラマチックで
Charのコミックソングとかぶるとこがあります。ふざけていても、やっぱり泣きのメロに行ってしまったりする
ところなんか。

IMG_5631.jpg
最新アルバム。
IMG_5630.jpg
お二人に挟まれライヴ後の幸せな時間・・・

B級

2016年03月27日 10:05

今でこそ「B級」という言葉は「B級グルメ」のおかげか、
「庶民にとっては」1番のもの・・・みたいな意味で使われているが
昔はもちろんその言葉通り、1流とはいえないもの・・・的な意味で使われていたと思う。

自分が昔からB級という言葉をよく使っていたのは、
映画、特にSF、アクション系で使われていたから。「B級映画」って。
具体的に作品名あげると、「トレマーズ」とか、自分が崇拝するジョン・カーペンター監督の作品すべて(笑)
中でも「ニューヨーク1997」~「エスケイプ・フロム・LA」とか。
リドリー・スコット監督だとあの「ブレードランナー」
最近だと「第9地区」とか「ロサンゼルス決戦」とかか?(笑)

しかしおそらくこの作品たち好きな人みんなだと思うけど、他の1流と言われる映画たちと比べて
決して劣っているとは思っていない(笑)

音楽でもそういうところがあって
ジェフ・ベックだと名盤といえば「ブロウ~」「ワイアード」というのが定説。
自分は以前から言っている通りこれ。

ポールだともっとひどい。ご本人のリマスター計画でさえすっとばされたこれ。
おそらく永遠に手直しされないんでしょう(泣)
41FnKlGcpZL__AA160_.jpg
ZEPだとⅡやⅣがお決まりだけど自分はこれ。
619peav3O-L__AA160_.jpg
ここまでは時々同じ趣味の変わった人見つけることあるけど(笑)TOTOになるともういない。
1、 2、 4好きな人はいるけどこれがNo.1だとはまず聞かない。
昨夜フルで聴いたけど、やはり素晴らしかった(笑)
413gnz5KoBL__AA160_.jpg

例えばamazonでアーティスト名検索かけて、これらの作品が上にくることはまずない。
単品で聴けばどれもA級なんだけど、あまりに偉大なアーティストたちゆえ
これらはB級扱いなんでしょう・・・

やはり当たると嬉しい

2015年02月06日 17:24

ハードロック、メタル好きならご存知の
伊藤政則のROCK TV! という番組があります。

まあメタル中心なんですが、プログレや70'sロックも多く
大好きな番組です。
その番組プレゼント・・・



当たりました!!
まあ、そんな大きなモノではありませんが
当たるとやはり嬉しいですね。
DSC_9807.jpg

あけましておめでとうございます

2015年01月01日 19:05

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願いいたします。

地元に住む自分は毎年のことながら「帰省」なんてものがなく
自宅でテレビに映る帰省ラッシュの様子や海外旅行出発の様子を見て「みんな大変だね~」と思いながら
のんびり過ごしています。
おまけに今年は元旦からなんと長女が熱発して、初詣にもまだ行けない始末・・・

ということで家でじっと食ったり寝たりの生活(笑)

新年そうそうまた音楽の話ですが、
先日NHK-BSで「はっぴいえんど 風街ろまん」の特集がありました。
なんでもメンバーも存在を知らなかった8トラックマルチが見つかったということで
メンバースタジオに大集合(もちろん3人だけ)して、当時のことを語る・・という内容。
とても面白い番組でした。「風をあつめて」製作秘話は特に良かった・・・

はっぴいえんどとの出会いは、高校1年の時、隣に座っていたSくんから
無理やり聴かされたことでした(もうこのパターンばっかり 笑)
当時どっぷり洋楽にハマっていた自分には、どうもこのあまりに日本的な世界観がピンとこなくて
とりあえず聴いて終わり、という感じでした。
結局はっぴいえんどは聴きこまなかったとはいえ、このバンドから派生していく
日本ポップスシーンの系譜、例えば鈴木茂、大瀧ファミリーから達郎、とかは後に聴いていくことにはなります。

ということで3枚のアルバムは持っていませんが
このベストアルバムを久々(10年以上)に聴いてみました。
CITY/はっぴいえんどベスト・アルバムCITY/はっぴいえんどベスト・アルバム
(2012/10/03)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

楽器を弾くようになったり、曲作るようになったり、アレンジしたりするようになった今聴くと
昔と違う音がたくさん聴こえてきます。

昔このバンドはなんとなく大瀧ワールドなイメージがありましたが、
細野晴臣の存在がすごい。70年代に日本人がこんなベースライン弾いていたのか・・・とか
鈴木茂この時まだ10代!!とか・・・

あと高校生の時「このあまりに日本的な・・・」と思ったと書きましたが
これはもう年齢のせいでしょう(笑) 素直にいいわ。

フルで真面目に聴いたことがない「ゆでめん」も今度聴いてみるか・・・