ブレードランナー2049

2017年10月28日 20:16


前作が1982年公開、高校生でした。

中学生の頃からハヤカワ文庫読みまくるSF少年だったので
その頃から、大作と言われるSF映画は大抵観てきたのですが、
大好きなスター・ウォーズは、自分にとってはSFではありません。あれはファンタジーや神話だと思っています。
純然たるSFというのはやはり抽象的だったり、観念的であったりします。それが敬遠されたりするのですが。
例えば「スター・トレック」の初期作品や「2001年宇宙の旅」など。
そして「ブレードランナー」はSF中のSF。「2001年~」と同じく、結論は観た観客が
それぞれ考えてね、というエンターテインメントとは言えない作品でした。
その証拠に当時は制作費も回収できなかった、商業作品としては大失敗の映画です。
そのたった1本の映画が、AV機器、ソフトの世界の進歩とともに、また監督の修正作業とともに
多くのバージョンを生み出すカルトムービーになりました。
スター・ウォーズの大ファンの自分でも、1作を50回は観ていないと思いますが、
「ブレードランナー」は全バージョン計で、間違いなく100回は観ていると思います。
しかし、周りの人に観たという人がいないところが、やはりカルトムービーということでしょう。

前作は、いろいろな謎をファンに丸投げしたまま、伝説となりました。
まさか35年後に、リドリー・スコット本人(監督はできなかったが)と、ハリソン・フォードが関わって続編ができるとは・・・

しかし、あの伝説の作品の続編・・・ということで、制作決定を耳にした時には、
正直、やめておいたほうが・・・と思っていました。そっとしておいてほしい・・・とか(笑)

今回、できるだけ事前の情報はシャットアウトして、あまり期待はせずに観に行きました。

まずは商業作品として見た場合、アメリカで前作同様「大コケ」したという理由がよくわかりました。
前作のSFとしての志を守りすぎているために、またまたエンターテインメント性が低い・・・
おまけに、最近の映画ファンには、上映時間2時間43分は長すぎる・・・
昔の映画ファンから観ても、1カット1カットが無駄な長さです(カット「数」は減らしてほしくない)
これあと20分はカットして良かったのでは?と思います。

次に、ブレランファンとして見た場合、これはもうエンターテインメント性に走らなくて
本当に良かったです。映像美、センスのいいDolby Atmosの特性を存分に生かしたサウンド、
前作ファンがニヤリ・・・の仕掛けの数々・・・

しかし・・・今回、前作のほぼすべての謎の答を出してしまいました。
(「ほぼ」というのは、デッカードがレプリか?という前作最大の疑問については
やはり今回もハッキリとは語られなかったからです。個人的には「人間」という思いが強まった)

これは果たして「スッキリして良かった」のでしょうか?
「この正体は誰々だった」「これは何故こうなった」暗示でもなく、
誰にでもわかるよう、律儀に登場人物の言葉で丁寧に説明されます。
この終わり方だったら自分もう続編は絶対に作らないでほしいです。

ネットで一番叩かれているのが「レイチェルの妊娠と出産」ですが
これは前作からの流れから言って、SFとしてのリアリティでは「あり」でしょう。
タイレルの後を継いだウォレス最大の目的がレプリの増産ですから。

Kとデッカードの殴り合いが???なのは同感です(笑)

ラスト、Kが横たわる時に初めてあの音楽、あれは「Kの死(機能停止)」の暗示でしょう。

あと、チョイ役の犬が良かった・・・(笑)

最後にマニアックな話。めざましテレビなどでも紹介されていましたが、
今回映画で使用された、あの有名なブラスターのプロップガンは、
何年もかけて、中子真治氏(留之助商店)という方が情熱を込めて作ったものです。
その1/5サイズレプリカのキーホルダーが、劇場グッズとして販売されています(写真集付き 画像)
日本中で瞬殺売り切れ状態なのですが、うちの地元公開2日目に買えました。
関東の劇場はこのキーホルダー1つのために、「朝何時からどこどこに並んで下さい」とか
前日からネットで「お知らせ」していました。田舎はこういう時いいです(笑)
スポンサーサイト

シネコンで・・・

2017年09月30日 21:03


アップするのかなり久しぶりです・・・

「エイリアン コヴェナント」観てきました。
1作目を観たのが1980年、高校生の頃でした。
それから、シリーズは名作、駄作、スピンオフ含め全て観ていますが、
本家リドリー・スコットの「エイリアン」としてはこれがまだたったの3作目です。
ネットの映画評はボロンカスですが(笑)スコット監督の画の美しさ、
前作「プロメテウス」の続編としてのつながり、ということでは
十分な作品だったと思います。娯楽度を横並びに比べている人が多いですが
ややもすればB級映画・・・とすぐレッテルをはられるSF映画の監督で
こんな絵画的な画を撮る人はあまりいないのではないでしょうか?
自分はラブコメとか古代帝国ものとか、映画館では絶対に観ないのですが、
映画を「監督で観る」という例外が、このスコット監督と、
ジョン・カーペンター監督の作品です。
ひとつ面白いなと思うのが、1作目、「プロメテウス」、今回と、
主役の女優が失礼だけど、絶対に美人ではないということです。
今回の、キャサリン・ウォーターストンが一番、???だったのではないでしょうか。
それにしても、この人の映画は1本も観たことがありませんでした。
いや、これは好意的に思っていることです。女優の外見に頼らない
監督の強い意志が感じられますから。シガーニー・ウィーバーも
1作目以降、いろんな作品でどんどん素敵になってきましたからね。

さて、リドリー・スコットは今回監督ではありませんが、今秋あの名作「ブレード・ランナー」続編公開です。
スコットイヤーです。

さて、今日の題についてです。
シネコンで席に着いてしばらくすると、もう70代くらいのおばあちゃんが
杖をつきながら、座席までの階段をヨタヨタと登ってきました。
後ろには荷物を持ったスタッフが・・・

この後自分がどうしたか読めましたか?(笑)

「入るシアター間違えた!!」と、慌てて入口まで戻りました(笑)

もちろん間違えてはいなかったのですが、以前も一度、バリバリのアクション映画で
もうヨボヨボのおじいちゃんが入ってきて慌てたことがありました。

人を外見で判断してはいけないと改めて思いました。

追悼 キャリー・フィッシャー

2016年12月29日 01:13


中学生の頃から、そこまで美貌には惚れこんではいませんでしたが
ずっと心の中にいる家族のような女優でした。
代表作が何十作もある名優たちも素晴らしいですが
同じシリーズ、同じキャラで全世界の人々に愛され続けてきたことは
決してそれに負けることではないのではないでしょうか。
エピソード8は撮影終了しているとのことですので
次作が遺作になってしまいます。

ご冥福をお祈り申し上げます。
フォースがあなたとともにあらんことを・・・

スター・トレック ビヨンド

2016年10月23日 00:33


IMG_0274.jpg

このシリーズも、中学生以来、観るの義務ですから(笑)観てきました。
今回の新シリーズになって早くも3作目。
ザッカリー・クイントのスポックに最初は違和感を感じていましたが
前作「イントゥ・ダークネス」が大傑作で、そろそろお馴染みになってきた・・・
そんな時、チェコフ役のアントン・イェルチンが不慮の事故で亡くなったため
おそらくこれが今メンバー最終作ではないでしょうか。

今回はJJエイブラムスが製作に回り、ワイルド・スピードのジャスティン・リンが監督。
ワイルド・スピードシリーズは愛車ランエボがすごく大切に使われていたこともあり
(この人が監督した3以降は、1、2に比べそれほど思い入れはありませんが)
これも好きなシリーズでしたが、スター・トレックの監督は・・・と正直心配でした。

今回なかなかいい仕事してくれたのではないかと思います。
それは、あのデカい連邦艦に、狭い所でカーチェイスをさせ、観たことのない新しい画を作ったところです(笑)

スター・ウォーズのXウイングは、狭い溝やデス・スターの工事の隙間とか(笑)を飛ぶのがお決まりですが
エンタープライズや、今回の小さいとはいえフランクリンのような連邦艦というのは
社員全寮制の会社がそのまま飛んでるっていうくらいデカい船ですよ。それがパイプの中を・・・
今回「配管工事」というギャグのセリフが出てくるのも無関係ではないような・・・

レナード・ニモイの現実と重ね合わせた登場の仕方や
クルーのあの写真・・・往年のファンに対するサービスも忘れていませんでした。

花火&ゴジラ

2016年07月30日 22:00

今夜はあの隅田川花火大会の日ですが、なんとうちの地元も花火大会でした。

毎年書いている通り、うちのベランダの正面がこんなという、恵まれたロケーション。
DSC_7376.jpg
DSC_7510.jpg
これなんか星雲とかの天体写真みたいになってますが・・・
DSC_7301.jpg
このスマイルはイラストじゃありませんよ。本当にさっき空を撮った写真です(笑)
main.jpg
shin.jpg
突然話は変わりますが(笑)、特撮ファンなので、もちろん「シン・ゴジラ」観てきました(笑)
情報を意図的にシャットアウトしていたので、今夜初めてネットのレビュー見たのですが
どうせまたニワカ評論家のボロンカス批評だらけだろうと思っていたら・・・
好意的なものが多くてびっくり。Yahoo映画の邦画で「4」超えるの久しぶりかも・・・
いやこの作品は良くできていたと思います。ただし、日本人の心にある「怪獣王」のゴジラではないですが。
そういう意味では外人ギャレス監督の2014ゴジラの方が意外なことに「怪獣」だったと思います。

自分は50代の特撮ファンでは珍しいタイプだと自覚しています。60歳くらいの人と
「ウルトラQ」の話もできるし、40歳くらいの人と「エヴァ」の話もできます。
だからこの歳で「いい」と思ったのかもしれません。でも館内にいた明らかに自分より上の世代の方たちも
エンドロール終わるまで誰も立ち上がりませんでした。
まあバックがオール伊福部ミュージックだったせいもあるかもしれませんが。

好き嫌いの分かれるところはおそらく
「日本という国で、もしこういう災害が起きた時」という仮定に異常にこだわってストーリーが進みます。
戦闘ヘリのバルカン射撃開始するだけで、誰に、どれだけの許可、手順、連絡が必要か?など・・・
政府関係者、自衛隊、各国の反応は描かれても、一般民衆の目線では一切描かれません。
実はこの点が前代未聞で「新しい」映画と言えるかもしれません。
個人的には、ラブコメ要素がゼロのところが高得点(笑)親子愛、夫婦愛、男女のゴタゴタ(笑)
潔く、一切出てきません。
そういう部分を面白いと思えるか?(完全に中学生以下くらいの子供相手は想定していないと思われる)

もう一つは、今までゴジラというキャラを、擬人化したり、意志があるように思い込んでいるかいないか?
でしょうね。ゴジラ愛に溢れている方はきついかも・・・

今までのゴジラ像がどうの・・・とか、往年のファンはどうの・・・とか気にしていたら
新しいものは作れるわけがないと思うので、庵野監督のこの発想は自分としては大正解です。
これは40代以上の多くの方々に観てほしい作品です。
sub626.jpg