THE VENTURES JAPAN TOUR 2016

2016年08月27日 00:09


ちょうど1年前くらいでした。ドン・ウィルソンのラストツアーで、ベンチャーズ初体験したのが。
その時にはうちから2時間ほどの会場だったのですが、
今度はわが街まで来てくれましたので、行かないわけにはいきません。
v2.jpg
v3.jpg
今回は急に行けなくなった奥さんに代わり、ギター友達のTOMO氏と参戦してきました。
今回の見所は何といってもドンの後釜、ボブの息子のイアンのプレイです。
ドンに文句はありませんが、何といっても自身で引退するくらいですから
昨年のプレイは危ないところも目立ちました。それでも観ることができて幸せでした。
ベンチャーズはおそらくこのまま世代交代を続けながら続いていくのでしょう。

それで思い出しました(笑)そういえば大好きなKISSですが、伊藤政則が「あの」番組で
ジーン(70歳で引退すると報道あり)が「KISSは永遠に続いていく」と言ったことから
KISSはもう伝統芸能みたいなもので、メンバーがいつの間にか変わっていても
「KISS」として続いていくのでは?というようなことを言っていたのを思い出しました。

ライヴについて・・・
結論から言うと、打ち合わせのミスや、まだ慣れがないことからくる
グルーヴの甘さはあったものの、サイドギターのクオリティは、ガラッと変わりました。

今回はセットリスト省略しますが、最新の、新曲追加ベストアルバムから数曲演奏されます。
笑ったのが、高見沢氏が提供している曲が、もろアルフィー節だったこと。
その場で初めて聴いたのにわかるくらいです(笑)
でもある意味作曲のオリジナリティがすごいってことですよね。

今回も終演後そんなに時間をおかず出てきてくれたので
またまたメンバー全員とお会いすることができました。(毎度自分だけボカしごめんなさい・・・)

同行したTOMO氏と、ジェリーのギターはおそらくそのへんのメタルギターより難しいだろうねと
感心することしきり・・・2人とも一番聴いていたのはハードロックですから。
v41.jpg
ボブがバンドの潤滑油ですね。今回もジェリーが厳しい表情をする場面があり、打ち合わせミスか?
という場面で、すかさずMCに入ってお客さんを笑わせるところとか・・・
v51.jpg
それにしても、ギター弾きのくせにリオンのドラムのファンになってしまっています(笑)
この人のドラムいいです・・・具体的に言うと、この人の音色は、PAなし、ドラマーずらっと並べて
目の前で叩いてもらったら、おそらく誰でも生音の違いがわかるという感じですか。
過去に同じことを感じたのは、Charと演っていたジム・コウプリーを観た時です。
HR系の方たちの中に、叩き方が力任せで、鳴っていないので、音は意外と前に来ない・・・なんてことがあったりします。
v61.jpg

全員2ショット撮ってくれたのですが、イアンとのはなんと撮影ミス・・・(泣)
v7.jpg
一番上の販売サインと比べていただけるとわかるのですが、
直接いただいたほうはなんと、イアンのサインの上にリオンがサインしてくれたもんだから
(イアンのサインがもともと文字少なくて目立たないのもあるか)
3人分しかないようになってしまいました(笑) トホホ・・・
スポンサーサイト

ドン・ウィルソン ラスト・ツアー

2015年08月30日 01:27


うちの地元にベンチャーズが来たのでコンサート行ってきました。
こんな田舎にもベンチャーズは毎年のように来ているのですが
自分は特別ファンというわけではないので、今まで行かずにいました。
しかし、なんと今年は唯一の初代メンバーである、ドン・ウィルソンが、はっきりとラストツアーと公言しているので
曲も有名なのは知っているし最後に一回くらい・・・ということで行こうと思ったわけです。
チケットも今時この値段?というくらい安いし。

ここで中1の頃にビートルズとかの洋楽に出会ったと何度も書いていますが、
実はベンチャーズの曲が初めて耳に入ってきたのはそれより前でした。
記憶は定かではないのですが、中1の頃、何かの理由でよく出入りしていた施設の
館内放送でよくかかっていたのです。もちろんその時は、誰の何という曲というのは
まったく意識していないのですが、有名な数曲のメロディーはこの時頭にインプットされていたのでした。
それからは特に真面目に聴くでもなく数十年がたつのですが、初めて真面目に聴いたのは
Charというフィルターを通してです。有名な話ですが、あの人のルーツは、よく話題に出てくるクラブトンとかではなく
ベンチャーズです。だからBAHOとかでふざけて弾いたり、最近ではカバーを真面目に作ったり・・・
それでベスト盤程度の曲は知っている、という感じでした。
あ、「ダイアモンド・ヘッド」は、ギターよく弾きます(笑)
あれ、なんか無性に弾きたくなりませんか ? 特にあのミュートの部分・・・

コンサートの話題に戻ります。
予想はしていたことですが、平均年齢の高さがハンパない(笑)
これ絶対ウソじゃないですよ。足腰弱ってまともに歩けていない人が大勢いました。
もう自分とうちの奥さん目立つくらい若い(笑)
「ロックバンドのコンサート」というくくりで見ると、この客層はおそらくあり得ないのでは?
という風景です。こうして考えるとベンチャーズってすごいです。
しかし、イヤな予感もいろいろ的中(笑)
マナー悪いだろうなぁ・・・とか、よくトイレ行くだろうな・・・とか。
もう、割り込みとかやめましょうよおじいちゃん、おばあちゃん。若い人たちに
見本見せろって !!「オレは指定席なのになんで並ばにゃいかん!」とか係員に文句言ってました。
コンサートは全員指定席だって(笑)

おっと話それました(笑)
コンサートは楽しかったです。メンバーの年齢とか考えると仕方ないなと寛大な気持ちになる部分は多々ありましたが
やはり尊敬すべきバンドでした。観ておいて良かったです。
Char、渡辺香津美、沖縄ハードロックの人たち、達郎、あの人たちがなぜベンチャーズ、ベンチャーズと
言うのかわかった気がしました。
ジェリー・マギーのリードギターはほんと大変そうだったし、リオン・テイラーのドラムはいい音だし。
ボブはニコニコしながら難しいことしてて器用だし、ドンの愛されるキャラクターはほんと微笑ましいし、生きた歴史を感じるし・・・
やはりギターを、歪みなし、エフェクトほとんどなし、1音色だけでインスト1ライブやるすごさがわかったし・・・



以下ネタばれ注意 !!


SET LISTS(なんと本人たちのためか高齢な客のためか ? 途中に休憩時間あり !!)

第1部
オープニングBGM~ツァラトゥストラはかく語りき
クルーエル・シー
ぺネトレイション
京都の恋
ジャンバラヤ
二人の銀座
ホワット・アイ・セイ
レベル・ラウザー~ライダース・イン・ザ・スカイ
秘密諜報員
朝日のあたる家
10番街の殺人
ワイプ・アウト

15分休憩

第2部

アコーステイック・セット(エレガット、エレアコ、エレキアップライトベース)

雨の御堂筋~京都慕情
北国の青い空
マリア・エレナ
クラシカル・ガス

メドレー ウォーク・ドント・ラン~パーフィディア~木の葉の子守歌~ブルドッグ
ロウンチー
アパッチ
星への旅路
テルスター
ハワイ・ファイヴ・オー
キャラバン(ドラム・ソロあり)

アンコール

ダイアモンド・ヘッド~パイプライン

自分は、「クラシカル・ガス」がとっても良かったです。
ドラムソロで、あの有名なベース叩き(笑)やっと生で観れました。
あれいつか真似したいけど、ベーシストは楽器傷みそうでイヤだろうなと勝手に妄想していました(笑)


終演後の客のはけ方はみなさん高齢なのに早い早い・・・
あっという間にホールのロビーはガラーンとしていました。

実は演奏中誰も一度も立つこともなく(ベンチャーズは普通なんでしょうか)手拍子も少なかった・・・
自分たちが参加するコンサートはほぼ半分は座れないので(笑)
なんかメンバーに悪かったんじゃないかと勝手に申し訳なく思ったりしながら帰っていると、
ホール裏口に見送りのファンらしき数名発見したので、自分たちもせめてお見送りすることに・・・

待たされるかな?と心配していましたが、なんと20分ほどでメンバーお出まし。
待っていた人たった10名くらいだったのでラッキーなことに、こんなすごいことになりました(笑)
IMG_0440.jpg
ジェリーと。
自分「I Like your Guitar Thank you」
ジェリー「Oh Thank you」
IMG_0441.jpg
リオンと。
自分「Cool !! your Drums」
リオン「ありがとー」
(せっかくこっちが英語で話してるのに 笑)
IMG_0445.jpg
ボブと握手。この人ほんと優しそう・・・あ、他のメンバーも全員握手してくれました。
IMG_0443.jpg
そしてもう二度と会えないであろうドンと。
自分「病気しないでずっとお元気で。Long Long Time Thank you !!」
ドン「お~ありがと~」

メチャクチャな英語ですが(笑)沖縄時代から外人さんには意外と通じてるので許してください・・・

近くにいたどこから来たのかわからない追っかけの方によると
こうして4人そろったサインをもらうのはかなり困難なことなのだそう(笑)
Untitled-14.jpg


本文中に出てきたこの人。関係ないですが(笑)今回もどうにか当選しました・・・
先行はうちの奥さんのと二人分はずれまくりでしたが(本人確認が厳しくあの手この手は無理なのです・・・)
ローソンプレリクがひっかかってくれた・・・ホッ。この人のライヴ観れないのはつらいですから。
それも40周年記念ツアーです。
TY2015.jpg