あおり運転問題のすりかえ

2017年10月17日 21:56

世の中の流れからいうと反感買いそうな話題(笑)

例の事故以来、メディアでは毎日のように「あおり運転」が話題になっています。
「あおり」はもちろん問題でしょう。
それがなんかエスカレートしてきて、遅いクルマの後続のクルマの車間距離が話題に。
うちは田舎ですからクルマは生活に必須なツール。高速を走ることも都会の人たちより
多いかもしれません。
世の中右向け右で、後続車の責任ばかり語られていますが
そもそもあんなに悪質なドライバーはごく一部。(あの事件は論外です)
さっきも運転心理学者が、個室心理やストレスのことばかりが原因のように
語っていましたが、本気で解決したければ、同時に高速道路の走り方のマナー違反も語らないと。
それで「そこまで悪質ではない車間距離」の問題は解決しますよ。

・制限速度より異常に遅いクルマ
・追い越し車線を走行車線と同じスピードで走るクルマ
・車線が増えると加速するクルマ

速度の問題。
早く目的地に着きたいドライバーもいます。
もちろん制限速度で。
危険なドライバーと同等に問題なのが、下道より早く移動するために高い金払っている高速で
制限速度以下のスピードで走るドライバー、追い越し車線を低速でふさいでいる(理由がわからん)
ドライバーです。ほんと多い・・・スピードがこわいからという方、
都会は道路事情悪すぎてバイパスとして使う理由わかりますが、
田舎では下道もたいした混み方じゃないんだから、わざわざ高速を走るのやめましょう。

車線の問題。
追い越し車線ふさぐのは立派な道交法違反。(でも警察は絶対これを捕まえない)
ゆっくり行きたければ後続に譲って好きなだけ自分のペースで走ればいいのに
そういうドライバーに限って、片側二車線やゆずり車線になるとなぜかアクセル踏みます。
1車線の時60km/hで渋滞作ってたクルマが追い越し車線になると急に80km/hに !!
抜きたいクルマはすごいスピード違反をさせられることに・・・
この心理の方を運転心理学者に聞いてみたいです。

日本は一人亡くなると、一方はごちゃまぜで全て悪になるこわい国になってきている気がします。
メディアは「許せません」の繰り返しで、本当の解決法は語りません。

あっ、「自動運転」について。メーカーさんあまりがんばらないで(笑)
田舎では本当にやめてほしいです。
真面目に道路の状況判断するドライバーいなくなりますよほんとに。
高速は2車線とも80km/hでアリのようにノロノロ自動運転のクルマが続く・・・
ううっ・・気持ち悪い。
せめて自動ブレーキだけにしといてくれ・・・
スポンサーサイト

ローグ・ワン

2016年12月17日 19:03



観てきました。

エピソードⅣ公開時、中学生の自分は、SWがその後シリーズ化されることなど当然知らず、
あの話はざっと言えば「反乱軍が多くの犠牲を払って手に入れた、デス・スターの設計図を分析し、それを破壊する」
ということがクライマックス・・・というストーリーでした。

反乱軍の指導者モン・モスマの、そのたった数文字で語られたセリフを一本の作品にしてしまったのが
今回の作品です。

ギャレス監督は、低予算映画「モンスターズ/地球外生命体」をきっかけに
あのハリウッド版ゴジラの監督に大抜擢された監督。
今回もやったなと思いました。ちょっとやらかせば全世界のファンたちから
ボロンカスに言われるであろうSWシリーズ。よくこんなにうまくまとめたなという印象。
もしかすると、やや神話やオカルトじみたEPⅠ~Ⅲよりも、いいと思った人は多いのではないでしょうか。
とにかくストーリーの進行に、ダルさ、無理なつじつま合わせがなく
SF映画としても、ミリタリー映画としても、よくできています。
Ⅳ~Ⅵのファンがニヤリとする場面も散りばめられ、今作のみの初対面キャラクターたちに、
観終える頃には旧シリーズの思い入れのあるキャラたち同様感情移入してしまいました。
ナンバリングタイトルでなく、スピンオフということで、今作のみの付き合い・・・残念でなりません。

スター・ウォーズ フォースの覚醒

2015年12月20日 17:35



初日は無理でしたが、観てきました。

SWとは1978年、中1の頃からの付き合い。もう38年ですよ。
他に好きな映画はたくさんあれど、シリーズをずっとリアルタイムで体験(映画だけでなくムーブメントとして)
しているので、思い入れも簡単なものではありません。
DSC_0812.jpg
DSC_0823.jpg
劇場もポップがデカかったり、廊下はずっとキャラクターの額だったりと
お祭りレベルが他とはやはり違いますね。
なんせ新作公開ニュースがNHKニュース7で出るんですから・・・
DSC_0815.jpg
いつものフィギュア付きドリンクホルダーも。
DSC_0817.jpg
田舎のシネコンはグッズ売場も結構品物少なくて寂しいんですが
スター・ウォーズは何区画も占領。
となりにはこんな変なオバサンも !! ウソウソ、連れです(笑)
DSC_0826.jpg
DSC_0827.jpg
そしてこれは12/18、19、20日の、前売券購入者だけが買えた、表紙デザインが通常と違う
上映日が印字されたメモリアル・パンフレット。こういうのは嬉しいです・・・

さて、肝心な作品そのものについて。
ネタバレはなしで。

J.J.エイブラムス監督という人は、あの「スター・トレック」を、アメリカ人の3人に1人はいるのでは?
というファンの心配をよそに、思いっきりリメイクし、それが大成功、昔からのファンもきっちり納得させたという
とても器用な、またストーリーが過去作から破綻することのない、細やかな気遣いが出来る監督だと思います。
実はストーリーが破綻し、突っ込み所満載になってしまう続編&リメイク映画多いですよね。
今回も特にⅣ~Ⅵまでの世界観(画面質感含め)をきっちりと継いでくれたのではないかと思います。
ルーカス監督はもちろん偉大な人ですが、スピルバーグのような、万人に「近い」人たちを
納得させるエンターテインメント作品を作る力については大ファンとして、?? です。
その点この監督は、観るのがファンでなくとも・・・という作品が撮れる人だと思います。

ネタバレはなしと言いましたが、ちょっとだけ・・・

Ⅳが好きな人はもう「ニヤリ」続きでしょう。それもあざとさが感じられない・・・

自分のような「ミレニアム・ファルコン」好きにはたまらない、過去最高にファルコン愛に満ちた作品です。
DSC_0905.jpg
↑うちのファルコン号たち(笑)全部で何機あるかなぁ・・・

チューイがこんなにかっこよかった?? と思うはずです。

Ⅷが観たくなる仕掛けがあちこちに散りばめられていながらも
今作は今作で、きっちりラスト満足させてくれます。

Ⅰ~ⅢのCG画像が、一瞬アニメの画面?? と思えて嫌だった人は、今回Ⅳ~Ⅵテイストで
きっと昔のあの自分に戻れます(笑)ストーリーやキャラ以外に、風景なんかにもジーンとくるはずです。

ということで、またまた賛否両論でしょうが、今、こんなSWが観られることを幸せに思いました。
いい日でした。

おまけ(笑)
DSC_0835.jpg

マッドマックス

2015年07月11日 16:34

高齢者になるといろんなサービスがありますが
なんと50代になると映画が安くなることに昨年気付きました(笑)
歳を取るといいこともありますね。

ということで久しぶりに映画観てきました。
mm1.jpg
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
厳しい某映画レビューサイトなどで
「ストーリーはないに等しい(笑)が必見!!」とか「CG最低限、ほぼ実写」とか
絶賛の嵐で、公開終わる前に・・・とあせっていました。
もちろん自分の場合はこのシリーズに特別な思い入れがあります。
この1作目を観たのが中学生。
mm2.jpg
ご存知の通り、当時のアクション映画といえば「ダーティ・ハリー」とかが
激しいアクションの基準だったわけです。
この映画がその後自分にとってのアクション映画の基準になっていきます。
おまけにもう当時から速いクルマが大好きだったので
コレにもやられます(笑)
mm7.jpg
V8インターセプター(フォード・ファルコン改)
中学生でもう「スーパーチャージャーとは何ぞや?」なんて考えさせられるわけです。

ちなみに自分の部屋のガラステーブルの中にはコレがかざってあったり(笑)
mm3.jpg
棚には作ってないコレがあったりします。
mm4.jpg

中学生の頃から好きなものが変わらない・・・自分でも困ったものです(笑)

で、映画の方ですが、結論から言うと、本当に素晴らしかった・・・
ただし、映画を語るのに「ストーリーの練り方が」とか「設定の無理が」などと
もともとフィクションにいろいろ思う方は完全アウト !!です。
文芸ものには文芸ものの、ミステリーにはミステリーの見方があるように
「何も考えずに観る」という見方もあるわけです。
この映画の場合、現在の世界ではあり得ない、荒廃した風景の「色」も素晴らしかった・・・

過去作のイメージ的にちょっと心配だったトム・ハーディ。
mm5.jpg
開始後10分もしたら、マックス・ロカタンスキーに見えて来たから不思議です。
これだけほとんどセリフもなく主役で2時間・・・日本映画じゃ無理だなぁ。
自分が観た映画にはよく出てくるシャーリーズ・セロン
mm6.jpg
ブロンド長い髪、ちょっと無感情な、ツンとした役のイメージでしたが
いいじゃないですかこういう熱い役も。ファンになりそうです。

ネタバレなのであまり書けませんが
一番のお気に入りシーンは、走りながらエンジンの熱を本当に水をかけて冷やしたり、
もう最高なのが、ボンネットの上に乗り、スーパーチャージャーの吸気口に、口に燃料を含み
直接吹き付けてパワーを上げて競争する所。コミカルだけどクルマ愛が最高に感じられる場面でした。

沖縄そば

2015年01月23日 22:11


ずっと沖縄に行けてないので
時々大好きな沖縄そばを取り寄せます。

今回はサン食品の「首里そば」
だいたいが固めのそばが好みなのですが、この「首里そば」は固い。
そしてそばの友といえばコーレーグース。
薬味は一般的に紅しょうがなのですが
あの名店「首里そば」を真似て、生しょうがの刻んだもの・・・
DSC_9799.jpg

ああうまかった・・・

それにしても今回初めて買ったコレ・・・
sobadasi-tonk15p-s1.jpg
なかなか本格的な沖縄そばのだし。
そばつゆやうどんのつゆは自分で作るのですが
沖縄そばのはちょっと無理。
これが今度から定番になりそうです。