FC2ブログ

音色

2020年02月03日 21:40


「ねいろ」と言う人もいれば「おんしょく」と言う人もいます。
エレキギターの場合、これは使用機材やセッティングのみによるものではなく、もちろんピッキングや音使いなど、プレイスタイルも関わるものと考えます。

前回の続編ではないのですが・・・

先日のQUEEN+ADAM LAMBERTを観た時に、久しぶりにある感覚に襲われました。
大好きなライヴを観る時はもちろんノリノリですが、あまりに感動が大きい時には動きが止まって
周りから見るとおそらく「せっかく来てるのにノリの悪いヤツ」と思われているのでは?という状態になることです。
じっと聴き入って、魅入ってしまうんですね。
ブライアンのプレイがまさしくそうでした。ライヴ中何度も体が止まりました。

ブライアンといえばやはりあの独特の音色・・・

エレキギターの音色について少し考えてみました。

昔ギターマガジンのあるインタビューで、ギターの音色を言葉や図で現すギタリストがいました。
もう誰だったかは覚えていませんが、自分も結構好きなギタリストに関しては無意識にそういうことを
考えていることに以前気付いたことがあります。稚拙な表現ですが、少しやってみると・・・(笑)

以下、特に現在好きなギタリストばかりではありません。自分的に言葉で表現しやすかった人です。

ジェフ・ベック(ただし「GUITAR SHOP」以降) ギターというフレット半音刻みの音階表現を、自由自在なアーミングで超越した、肉声や管楽器のような音。ピッキングという行為を感じない音。芯を何層もの倍音が包む音。

リッチー・ブラックモア。冷静に聴けばほとんど歪んでいないのに超ハードに聞こえる音。だから和音弾いても各弦の音がハッキリ。

Char。この人のプレイにしか聞こえない(笑)ノイジーな音だが特にライヴ観ていると倍音がすごい。「ギターが鳴る」を体感させてくれた音。この人については特に、生で観ないとすごさはわからない。

高中正義。コンプってこんな音+抑揚つけず全て強くピッキングしたらこんな音。好きですよ(笑)

野呂一生。スピーカーの鳴りを全く感じない。ラインでも、皆空気感を出そうとするのに、倍音なんかにも全く興味のないくせにハーモナイザーが大好きな音。いや、大好きですよ(笑)

布袋寅泰(現在)。ピッキング~出音のタイムラグが超速。ガシガシ激しいピッキングなのに不気味なくらいノイズが聞こえない。音色が特に個性的とは思えない(BOOWY時の音色は唯一無二)のにこの人のプレイにしか聞こえない音。

山下達郎。スタジオ版とライヴの音が実は全く違って、氏のすごい音はライヴでしか聴けない。16のカッティングは「軽やか」が褒め言葉なのに、超強いピッキングでガッシガシ弾く上、出音ももろ真空管アンプの音で、シティポップでは重くなりがちな中域を全く抜いていない音。日本人にはこの人しかいないという音。近いとすれば鈴木茂。

松本孝弘。好きではないのに(笑)この人の音はすぐわかってしまう。

そして、本題に戻りますが、昔から思っているブライアンの音が、「木の音」です。
いや、ギターは木でできているので当たり前なのですが・・・
他に言葉が浮かびません。

80年代になると少し印象が変わってしまいますが、アルバム4枚目までは、自分にとってそういう音なのです。
例えばベタですが、「KILLER QUEEN」ソロの音。あれに似ている音存在しないですよね。
「いいギタリストはどんなギターを弾いてもその人の音が出る。」と言いますが、この人の場合は、あのギターの存在も大きいのでしょう。 

いつも以上の乱文・・・失礼しました。
スポンサーサイト



QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR

2020年01月27日 01:20

QAJ.jpg
行ってきました「QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR」

IMG_1298.jpg
新型肺炎のニュースをちょっと気にしながら羽田へ向かいます。
今回は友人(以前映画ボヘラプでQUEENにハマったといっていた人)が一緒です。
チケットを取るところから東京案内までさせてもらいました。

日本全国天気が悪く、途中も空は厚い雲に覆われていましたが、そのおかげか面白い現象に出会い
慌てて撮りました。雲に映った太陽の反射と、乗っていた飛行機の影です。

IMG_1301.jpg
富士山が少しだけ姿を見せてくれていました。
IMG_1310.jpg
羽田に着いてまず向かったのは、日本橋高島屋。
20191119-queen_full.jpg
今回ちょうど「QUEEN エキシビジョン」という展覧会が行われていて、自分はスルーしようかと思っていたのですが
同行の友人が行きたがっていたのと、ちょうど移動経路上近くに会場もあることだし・・・ということで寄ることにしました。
噂ではかなり人が多いということで、開店時間に行くことに。

いや・・・すごい人 !! 自分たちが着いた時はまだ良かったのですが、出る頃にはびっくりの人数に。
自分が東京で動く時に、同行者にイヤな顔されようがしつこく言うのが、
「1分ノロノロすると、結果的に30分ロスする」です。今回も実感しました。
コンサート関係の動きでは特に、地元の方はいいとしても、遠くへ移動する人にとっては
会場を出る時など、少しの行動遅れから悲惨なことになり、結局急ぐより疲れることになります。
IMG_1321.jpg


展覧会の内容は大雑把に言って・・・

※ステージ衣装の実物
有名なガードマン伊丹さんの私物(フレディからもらったプレゼントなど)
イギリスのフレディ宅の日本庭園を造った方の私物(合鍵が感動)
※メンバー自筆の歌詞メモ
レッドスペシャルの再現に人生をかけているギター職人伊集院さん関係資料
来日関係資料(チケット、ポスターなど)
当時のミュージックライフや音楽専科

といった感じ。特にフレディ自筆の「手をとりあって」のアルファベットで書かれた歌詞メモ(感動No.1でした)や
レッドスペシャルの内部構造を研究するための「レントゲン写真 !! 」など、結果的に観に行って良かったです。
IMG_1326.jpg

rgb.jpg
撮影OKは上のフレディ等身大フィギュアと、このブライアン&ロジャーのサインだけ。
御覧の通り2人は今回この会場に来ています。

IMG_1330.jpg
時間がもったいないので、高島屋内の蕎麦屋で昼食。
たまたま入っただけでしたが、この蕎麦は美味かったです。さすが老舗デパートのお店。
あの「数寄屋橋次郎」なんかも入っていました。

IMG_1334.jpg
初めて使う、上野東京ラインで、人生初さいたまに向かいます。
IMG_1336.jpg
さいたま新都心駅。デザインが凝っている上整然としていて、ほんと「新都心」って感じです。
IMG_1340.jpg
着きました。名前だけはとにかくよく聞く「さいたまスーパーアリーナ」
これで東京近辺の巨大コンサート会場は制覇かな ? (笑)
しかし・・・ここで開催されても「東京公演」と言われることに対して、埼玉県民はどう思っているのか興味があります(笑)
IMG_1349.jpg
物販。着いた時に見えた列の感じがあまりに整然としていたので、これは楽勝かなと思っていたら
大間違いでした。巨大迷路に迷い込んだようなすごい人の列・・・
IMG_1353.jpg
まいりました・・・
自分で買えたのはこれだけ。東京会場限定Tシャツやタオル、パンフなど。
IMG_1608.jpg

ところで・・・いつもコンサートに行く時は、物販で無駄な時間取らないよう、前もってグッズをオフィシャルサイトで確認し
購入するものを決めていくのですが、今回のツアーグッズは数日前という直前に発表されました。
それを見ていて、どうしても気になるものが・・・

↓これはちょうどこのタイミングで発売される、QUEENメンバー初の自叙伝「QUEEN in 3-D」という
ブライアン・メイの本なのですが、この本はもう1か月以上前にAmazon限定版を予約していました。
読むところがたくさんあるそうですし、写真好きの自分にとっては、今時専用メガネかけて見る
3D写真を見ながら読むという、超アナログなブライアンが微笑ましいと思ったからです。
3D.jpg
これ5940円です。まあこれでもかなり立派な価格ですよね。

ところがツアーグッズ一覧の中に、この本の本国版と思われる表紙のものが2倍の12000円で載っています。
これは何か怪しい・・・大物過ぎてあり得なさそうだけど、もしやブライアンのサイン本ではなかろうか ?
この価格で何もなかったら逆に詐欺だし(笑)
ポール・マッカートニーやポール・スタンレー(持ってます 笑)みたいな超大物でも、本国では普通のショップで売ったりします。
本当にサイン本だったら、サインコレクターとしては、手に入れなかったら後で後悔どころではありません。
だってあのブライアン博士ですよ。

しかし遠くから行きますので、物販待機列の先頭付近に並べるなどあり得ません。
こんなの先頭グループの一団で即売り切れに決まっています。

そこで今回だけは、関東在住の、絶対にこんなこと頼みたくない(笑)人間に「何でもお礼する」とお願いしました。
「12時発売開始だから、できれば9時前に並んで !」と。
案の定ひどい悪態つかれた上、こんどすごいものをおごらせて△×T>$・・・(以下省略 笑)

自分たちが着いたのはずっと後だったので、当日は会えず受け取れず、後日送らせました。
それが・・・
IMG_1788.jpg
やはりでした。
いや、実は当日夜ホテルで、もうサイン付ということは知っていたんですが・・・(パンフにでかでかと載っていた)
今までで超ド級のツアーグッズでした。
オフィシャルですからまずインチキはないでしょう。こういう画像も見つけましたし。
bmsig.jpg

実はもう一つ「これもヤバいだろうな」と思い、頼んでいたグッズがありました。
ブライアンがピックにしているコインのメモリアル商品なのですが、これはこの本より先に
即売り切れだったらしいです(泣)それはオクやメルカリで探します・・・

IMG_1797.jpg
後日手に入れました !! これは一応ギター弾きですから欲しかったです。(´▽`) ホッ・・・

さて本題に戻ります。

IMG_1366.jpg
しばらく商業施設で休憩し、会場に入ります。
ここでまたびっくり。入場チェックがこんなの初めてというくらい厳しい・・・
身分証明、荷物検査、金属探知機まで。真面目な話、QUEEN側の要望ではなく、警備会社がオリンピックのリハーサルを
していたのではないでしょうか?
席に座ってからも、トイレに行くだけで近くの係員にチケット提示です。これも初。
演奏中もインカム使わず大声で連絡しあってます。これはさすがに苦情言いたくなりました。
IMG_1371.jpg
でかいです。さいたまスーパーアリーナ。感心したのが清掃が行き届いていて、清潔感あふれているところ。
こういうの気持ちがいいですよね。
IMG_1380.jpg
こんな方たちもチラホラ。自分たちも望んではいたでしょうが、ずっと写真撮られていて大変そうでもありました。

コンサート前のBGMがTOTOでびっくり。
自分はTOTOファンですから嬉しかったですけど、ミュージシャン受けのよくないバンドなので
こういう所でめったにかからないですよね。3曲も(「CARMEN」を選ぶセンスにびっくり)かかっていました。

IMG_1393.jpg
始まりました。オペラハウスをイメージしたセットがすごく綺麗でよく出来ています。
こういうビジョンのセッティングは初めて見ましたが、左右にあるよりいいかも?
生の本人たちと同時に目に入るからです。
IMG_1421.jpg
出音も最高 !! いろんな方のツイッターとか見ていたら「音が小さかった」というのがありましたが
これ音が小さいんじゃないんですよね。PA巧いと耳障りな音しなくて気持ちいいから「もう少し大きくても・・・」と
思うんです。
会場の爆音だとどうかな?と思っていましたが、ブライアンの音色ってやはり他と全然違う、「あの音」でした。
IMG_1467.jpg
生ブライアンを人生で一度拝めて本望です。
72歳・・・信じられない。ミストーンもないし、日本人サービスがすごい(リップサービスというより本当に日本好きなんでしょう)
1曲派手に出だしのチューニング狂っていましたが、あれはギターテクの問題だな(笑)
IMG_1498.jpg
自分は大好きなのですが、日本人には不評のこの方登場も嬉しかった(笑)
かなり使われていました。このロボット、作者にちなんで「フランク」と呼ばれています。
「世界に捧ぐ」あれ、最高のジャケットだと思うんですが・・・
frank.jpg
フランク全身(笑)

AL.jpg
アダム !! あなたのボーカルすごすぎるよ。ファンになったよ(笑)
冗談抜き、こんなすごい生歌久しぶりに聴きました。
IMG_1532.jpg
終わりました。約2時間半。ほぼ全てメジャーな曲という怒涛のステージ。一度も座れませんでした。
観客の一体感もすごい。友人はこういうコンサート人生初ということで、もう感動の嵐。連れてきて良かった・・・
というか、世界最高峰のこれが人生初だと今後ヤバいですね。



SET LISTS

2020. 1. 25 (Sat) at さいたまスーパーアリーナ

00 Innuendo (intro)
01 Now I’m Here
02 Seven Seas of Rhye
03 Keep Yourself Alive
04 Hammer to Fall
05 Killer Queen
06 Don’t Stop Me Now
07 Somebody to Love
08 In the Lap of the Gods Revisited
09 I’m in Love With My Car
10 Bicycle Race
11 Another One Bites the Dust
12 I Want It All
13 Teo Torriatte
14 Love of My Life
15 39
16 Doing All Right
17 Crazy Little Thing Called Love
18 Under Pressure
19 Dragon Attack
20 I Want to Break Free
21 Who Wants to Live Forever
22 Guitar Solo
23 Tie Your Mother Down
24 The Show Must Go On
25 I Was Born To Love You
26 Radio Ga Ga
27 Bohemian Rhapsody

(EN)

28 Ay-Oh
29 We Will Rock You
30 We Are The Champions
31 God Save The Queen


特に前半部は、ヒット曲をフルではなく、ダイジェスト的に演っていたのが残念ではありましたが
この時間に詰め込むには仕方なかったんでしょうね。

QUEENのツアーセットリストは、日本だけ2曲多くて外国人の方たちからうらやましがられているというのが
有名な話ですが、今回はプラス2曲ではなく、「Fat Bottomed Girls」がカットされていたのが残念でした。

ブライアンのソロタイム。技術的にすごいとかではなく、独特のディレイを駆使したプレイ、やはりオンリーワンですね。
あのちょっとひっかかった感じのピッキング音も、ソロタイムだとよくわかりました。
ドヴォルザーグの「新世界 家路」を入れるところなんかも、世界中で特に日本人リスナーには効果的です。
日本人はつい「そろそろ家に帰る時間」と思ってしまう(笑)お馴染みの曲ですから。

そして一番言っておきたいのが、アダム・ランバート。
あの歌唱力。技術的に巧いだけではなく、表情の付け方、曲に合わせた変化など
ずっと聴き飽きることがありませんでした。疲れも見せない、ピッチが揺るがない・・・
フレディはもちろん不動のQUEENボーカリストですが、リアルタイム世代の我々は、フレディをもちろん忘れませんが
今でもやたら「フレディフレディ」言っていないで、そろそろアダムに感謝しないといけないと思いました。
QUEENの楽曲をコピーではなく、「今」の曲として、歴史に埋もれないよう繋いでいってくれています。
すごいボーカリストです。自分は「+」ではなく、もうQUEENのメンバーになってほしいです。

映画の影響でしょうが、世代の幅がポール・マッカートニーよりすごかったです。
中高生くらいの、一番多感な、いい音楽に触れてほしい世代が特に目立ちました。
微笑ましい・・・

ということで、わざわざ遠くから来る価値のある、感動のいいライヴでした。

IMG_1560.jpg
終わってからが大変です。東京ドームとかと違って、ほとんどの人が向かうのがさいたま新都心駅。
通路隙間もなく、ホームまで動きがとれません。改札ではカード読み取りトラブルで
駅員さんも多少切れ気味のアナウンス。退場が過去最悪のコンサートでした。
IMG_1562.jpg
通勤時間の山手線ホームよりすごい状態(笑)ああ浅草が遠い・・・
IMG_1604.jpg
ホテルのある浅草に戻ってきて一安心。もう疲れ果てて、目についた居酒屋で軽い夕食。

宿泊地決める時に今回同行する友人の希望が「スカイツリーに行きたい」だったので
浅草に泊まることにしました。ここからだとシャトルバスもあります。

部屋に入ると、窓からニューカラーのスカイツリーがお出迎え。
IMG_1765.jpg
翌日はスカイツリーへ直行。友人大喜び(笑)
IMG_1643.jpg

IMG_1678.jpg

IMG_1705.jpg

115-200126S-124805-02-0150wvkt-001.jpg
3人でおバカやって(笑)
冬のスカイツリーからの展望は特に絶景なのに、あいにくの曇り空。
それでも、おそらくツリー上部に着氷した雪のようなものがパラパラ落ちてきて、それがいい感じ。

そうそう。今回びっくりするくらい中国の方、韓国の方見かけませんでした。
スカイツリー、ソラマチは普段中国系観光客すごいですから。
こっちは動きやすくて良かったですが、店やスカイツリーにとっては大打撃ですよね。

IMG_1745.jpg
ソラマチには大好きな出川の番組ショップもありました。
IMG_1772.jpg
以前感動した梅園のあんみつ食べて。

帰路につきました。

これでしばらくは田舎にこもります・・・

逃避(笑)

2020年01月04日 14:58

もうすぐ仕事が始まるので、一番近い楽しみの話題で現実逃避します(笑)

だいぶ前に、今月 Queen + Adam Lambert に同行する友人から、
「事前に演る曲知りたい派なので、やばそうな曲ありますか?」と聞かれました。
その人は30代女性で、ありがちな映画「ボヘラプ」で入門した方です。

今回の Queen + Adam Lambert 最新セットリストを見ると、音源除き全28曲演っています。
結構な曲数、サービス精神ですよね。
日本ではこれに「I Was Born To Love You」が加わるのではないかと予想しています。

QUEENはヒット曲が多いバンドですし、映画「ボヘミアン・ラプソディ」本編や、売れに売れたサントラ盤のおかげで
以前はファンしか知らなかった「Doing All Right」なども有名になりましたから、
それを考えると、一般にマイナーなのはこのあたりかな?と思い、以下の音源などを紹介しました。

まずは「In The Lap Of The Gods」 邦題「神々の業」
アルバム「シアー・ハート・アタック」収録


「ボヘミアン・ラプソディ」から入ったファンにもきっと気に入られるドラマチックなナンバーです。

次に「I'm In Love With My Car」
アルバム「オペラ座の夜」収録


ライヴでは昔からロジャーのボーカルナンバーとしてお馴染みです。

そして「39」
同じく「オペラ座の夜」収録


このアルバム好きな人にはお馴染みの「えっ ! なんでカントリー調 ?」と誰もが思ったナンバーです。

「Dragon Attack」
アルバム「ザ・ゲーム」収録


ライヴ向きのバンドっぽいドライヴ感溢れるナンバーです。

「Machines」
アルバム「ザ・ワークス」収録


これも結構マニアックなナンバー。

「You Take My Breath Away」
アルバム「華麗なるレース」収録


ファンには人気の美しい曲です。

「Death On Two Legs」
アルバム「オペラ座の夜」収録


このアルバムの特徴をよく表す複雑なナンバー

「The Invisible Man」
アルバム「ザ・ミラクル」収録


このあたりのQUEENは少し苦手です(笑)

ということで、最近 Adam Lambert のボーカルもまあまあいいなと思い始めたので
コンサートが楽しみです。

QUEEN~夜空のラプソディ~

2019年12月01日 02:17

20191130.jpg
日本でたった3か所でしか行われなかった「QUEEN SUPERWORKS~夜空のラプソディ~」が
わが宮崎で行われました。場所はシーガイアの近く、宮崎市臨海公園。すごい人数が専用駐車場からシャトルバスで移動、
バスを降りてからも広大な臨海公園を結構な距離歩いて会場に向かいます。
他県ナンバーのクルマの多さにもビックリ。長野とか・・・ご苦労様です。
IMG_9720.jpg
地面の席は場所取りなど、何かと面倒なので、少し贅沢ですが指定席にしました。
花火は雨も風もダメなので、天気が心配でしたが、この青空。
周りにはすごい数の宮崎名物屋台が出ていますが、トイレ行きたくなると困るので我慢我慢・・・
IMG_9729.jpg
いい感じに日が暮れてきて、いよいよショーのスタート。
このイベントはもともと宮崎で行われている「宮崎シーサイド芸術花火」の特別編なので
前半は花火のマニアックな説明や、全国から集まっている有名な花火師さんの紹介などでした。
DSC_3652.jpg
DSC_3581.jpg
DSC_3623.jpg
そして後半はQUEENの曲に乗せて、すさまじい花火ショーです。
人生で花火をこんなにすごいと思ったのは初めてでした。失礼ですが、地元の花火とはレベルが違います。
形の美しさ、飛び方、火花のコントロール、感動しっぱなしでした。
そして何より、曲とのシンクロです。今までもハウステンボスなどで音楽とのリンクは観たことありますが、
QUEENの複雑な曲とのシンクロは見事で、職人さんたちの技に感服です。
選曲(セットリスト)もなんと、千葉、大阪、宮崎全て変えてあるとのことで、憎い配慮です。
「Innuendo」で始まり、ボヘラプではなく「The show must go on」で終わるという、感動の組み立てでした。
iphoneの動画ですので撮影はお粗末ですが、イメージが伝わればと思います。

終了後も会場を出るだけで大変でしたが、来た価値がありました。
しかし、いったい何人の人がいたのだろう・・・

SET LISTS

Innuendo
Radio Ga Ga
Hamer To Fall
We Are The Champions
Barcelona(フレディ・マーキュリー&カバリエ)
The Invisble Man
I Was Born To Love You
Bohemian Rhapsody
The Show Must Go On

GW

2019年04月30日 20:03

史上最長のGW !!

いつも通り家でじっとしています(笑)
うちの奥さんと「成田出国」のニュース見ながら、「日本人って不景気と言いながら若くて金持ち一杯いるよね」(笑)

買物に行くスーパーがTSUTAYAの隣なので、用事はありませんでしたが、
今日はこんな素晴らしいもの発見 !!
「ボヘミアン・ラプソディ」ソフト発売のチラシ二種類。これは内容も結構いいですよ。

おまけに、左のチラシ広げて裏返すと・・・
IMG_8484.jpg
もうポスター並みのかっこよさ !!
これはゲット必須 !!

でもこうやって音楽関係とか映画のチラシ集めるもんだから、余計な荷物が増えるんですよね。

関係ないですが(笑)最近お気に入りの食べ物。
ローソンのカツサンド !!
羽田空港の空弁にカツサンドありますが、あれに匹敵の味かな?
IMG_8463.jpg