FC2ブログ

「フレッシュン・アップ・ツアー」スタート !!

2018年09月18日 21:59

IMG_6284[1]

今回も無事に手に入りました。

ポール・マッカートニーの2018ワールド・ツアーがスタートしました。
9月17日カナダのケベックです。

自分はセットリスト見る派ですので、早速調べてみました。
ビートルズとポールの曲で知らない曲はありませんが、ちょっと予習です。

ポールのツアーは始まってしまえばほとんどリスト変わりませんから・・・

ネタバレ注意 !!






1. A Hard Day’s Night (オープニングは毎回変えるじゃない!!ツアーの顔だよ~)
2. Hi, Hi, Hi
3. Can’t Buy Me Love (入れ替えようよ~)
4. Letting Go (よっしゃ)
5. Who Cares
6. Come On to Me
7. Let Me Roll It (ほんともういいです)
8. I’ve Got a Feeling
9. Let ‘Em In
10. Nineteen Hundred and Eighty-Five
11. Maybe I’m Amazed (リンダなら「MY LOVE」に入れ替えようよ~)
12. I’ve Just Seen a Face (入れ替えようよ~)
13. In Spite of All the Danger
14. From Me to You
15. My Valentine
16. Michelle
17. Love Me Do (「Please Please~」とかに入れ替えようよ~)
18. Blackbird (入れ替えようよ~)
19. Here Today
20. Queenie Eye
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. Fuh You
25. Being for the Benefit of Mr. Kite! (もういいです)
26. Something (毎回でも聴く 笑)
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da (もういいです)
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R. (ここから下は仕方ないわ 笑)
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude
アンコール
33. Yesterday
34. I Saw Her Standing There
35. Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers / Carry That Weight/ The End


赤文字が、最近自分が行き始めてからは
演っていない曲と、ニューアルバムの曲です。

う~ん・・・こんなに変わり映えしないなら、もっと新曲演ってほしいような・・・
ここ数年では一番の名曲と言われる「エジプト・ステーション」一曲目の「I DON'T KNOW」さえ演っていない !!
どういうこと ??
そうそう、「エジプト・ステーション」好きですが、あんなに地味なアルバムが
なんと全米1位に !!
関係者も、もうCDの「盤」で、また、一枚通して聴く旧来のスタイルでセールス考えるのは
今のリスナーのスタイル考えて無理であろう・・・と予測しながら作ったと言っています。
これはまだリスナーも捨てたものではないと喜ばしいです。
「アルバム」を通して聴く。こんな当たり前のことができなくなったら寂しいです。

最近昭和生まれにはつらいニュースが続いていますが、
自分の好きなミュージシャンとか、いつ倒れて、コンサート活動できなくなったり
新譜出せなくなったりするかわかりません。
ポールなんか特に、まだ生で聴けていない曲がたくさんあって
本人は「ヘイ・ジュード」演らないコンサートなんか考えられない
マニアックなリストは演らない・・・とか言ってますが、
有名な曲でも、もう少しは入れ替えてくれないと、自分「ペニー・レイン」みたいなベタな曲も
おそらく死ぬまでに聴けません(泣)

思うに・・・やはり歌のキーとか、弾きながら歌うのがつらいベースラインの曲とかを
避けている気がします。「ペニー・レイン」「心のラヴ・ソング」とか、みんな聴きたいのに演らないのは
やはりそれでしょう。2015の武道館では、リハ音漏れ聴いた人が、「ペニー・レイン」三回も演っていたと
言っています。本番では演りませんでした。「三回」ということは、納得いかない出来だったのでしょう。
近年執拗に演っている「ミスター・カイト」なんかは、歌いながらでは大変なベースラインですが
これは必死で練習したと本人が語っていますので、おそらく演奏が楽しいのでしょう。
一度目は感動しましたが、その後お客さんで喜んでいるって話はほとんど聞かないので(笑)


しかし、昭和40年前後生まれの我々の世代が生で聴きたいコンサートって
今からどんどんなくなっていきます。まあわざわざ遠くまで金使って行かなくて済む、って話も
あります。
今のうちにポールなんかは、贅沢言わずに、こんな瞬間↓だけでも楽しみに行きたいと思います。
DSC_8633.jpg
ドームでは、ビジョンでしか顔も見えないポールを、毎回この距離で見られているんですから
セットリストに多少文句があろうと、幸せですよね。
IMG_6216[1]
スポンサーサイト

エジプト・ステーション

2018年09月11日 20:18


前作「NEW」は、2013年、久しぶりの来日ツアー「OUT THERE JAPAN」前後、
メディアでもしきりに取り上げられ、盛り上がり、良い意味で私たちファンのBGMになり、
思い出に残るアルバムになりました。
今聴き直しても、あのアルバムはポップだし、良作だったと思いますが、
当時はそれこそポール祭という感じで、内容について、正直冷静に評価できませんでした。

このニューアルバム「エジプト・ステーション」は、決してわかりやすい曲が多くはないのですが、
ポールの「今、作りたいものを作った」という気持ちが非常に伝わってくる気がします。

それとやはりポールはクラプトンのように、年相応に枯れていくベテランシンガーではなく、
本当にロックンローラーだということを再認識しました。
サウンドも昔を懐かしむ音ではありません。(「NEW」は昔懐かしさを狙っている部分があった)

また、音とは関係ないですが、ポールが描いたジャケットが素晴らしい。
配信ではなく、「紙を手に持つ」喜びにあふれるアルバムだと思います。

また運よく東京ドーム最終公演に行けることになりました。
その時また、この中のおそらく4曲くらいを生で聴き、アルバムの評価も変わってくるでしょう。

「I Don’t Know」秋に聴くのにいい曲です。
ポール76歳、最後の来日か? などという決まり文句には惑わされませんが
こういうロックアルバムを作るのは、もうそろそろ終わりかもしれません。

ポール・マッカートニー来日

2018年08月08日 17:59


びっくりしたー。
またこんなタイミングで・・・急すぎ。
9月に新譜発売。新曲が聴ける久しぶりのツアーだし、困ったなぁ・・・

ポール祭終了 !!

2017年05月01日 09:44

4-1.jpg
いよいよポール祭のためだけに(笑)東京へ出発~

4-2.jpg
2年ぶりの東京ドーム。あの時の頭痛を思い出します(笑) 今回は入る前から薬飲みました・・・

4-3.jpg
グッズ売場はやはりすごい数ですが、2013 2015ほどの並び方ではありませんでした。
1時間も待つことなくゲット。

4-4.jpg
そして前回学習した、東京ドーム入り待ち絶好ポイントへ。
この歩道橋の下です。この画像は終了後、人がはけてからのもので
午前中から、まるで花見か?というような場所取り合戦でした。
前回はシートやイスまで準備という人をあまり見かけませんでしたので
今回はみんな学習したのでしょうね。
なんせドームでは実物は豆粒(笑)で、実際はビューで生中継見ているようなものですから
生のポールを間近で見ようとすれば、出待ち、入り待ちしかないのです。
しかし・・・ここ以外は直射日光に当たって大変だっただろうな・・・

当日は晴れだったのですが、なんとポールが通過するころは
天気予報通り雨・・・
晴れていたらいい写真が撮れていたのに・・・

ということで、前回同様目の前2mをポール通過 !!!
暗くてカメラがついていけない・・・

しかし・・・

4-5.jpg
なんと・・・! 今回はバッチリこっち見てくれている !!!
一眼でファインダーをのぞき、最高速で連写でしたから
後で落ち着いて画像チェックする時に気付きました。

これは隣で手作り応援グッズを見せていた方のおかげでしょう。
その方は羽田のお迎えで、めざましテレビに取材受けるようなコアなファンでした。
また親切な方と知り合いました。感謝・・・

4-6.jpg
4-7.jpg
4-8.jpg
ポールに会えて、目的の半分は果たし(笑)のんびり軽食などして
開演1時間前にドーム入場。
発表では4万8000人の入りだったそう。うちの地元人口の半分くらい(笑)

4-9.jpg
予定時刻を30分オーバーし、いよいよライヴスタート。
「ONE ON ONEツアー」で加わったリストが楽しみです。

4-10.jpg
4-11.jpg

2017 4.29(Sat) TOKYO DOME

SET LISTS

1 A Hard Day's Night
2 Save Us
3 Can't Buy Me Love
4 JET
5 Temporary Secretary
6 Let Me Roll It
7 I've Got A Feeling
8 My Valentine
9 1985
10 Maybe I'm Amazed
11 I've Just Seen a Face
12 In Spite Of All The Danger
13 You Won't See Me
14 Love Me Do
15 And I Love Her
16 Blackbird
17 Here Today
18 New
19 Queenie Eye
20 The Fool On The Hill
21 Lady Madonna
22 FourFiveSeconds
23 Eleanor Rigby
24 I Wanna Be Your Man
25 Being for the Benefit of Mr. Kite!
26 Something
27 Ob-La-Di, Ob-La-Da
28 Band on the Run
29 Back in the U.S.S.R.
30 Let It Be
31 Live and Let Die
32 Hey Jude

(EN)

33 Yesterday
34 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Rep)
35 Hi,Hi,Hi
36 I Saw Her Standing There
37 Golden Slumbers
38 Carry That Weight
39 THE END

ドーム他の2日間では、「Letting Go」「Junior's Farm」などの曲の入れ替えはありました。

今回のツアーパンフレットに、自分が毎度話題にするセットリストについて
ポール自身の興味深い発言がありました。
毎回どうやってセットリストを考えるか? です。

自分は毎回、おそらく何度も来ているであろう観客が、お決まりの曲で喜び
例えば自分が個人的に今回一番楽しみにしていた、初演奏の「You Want See Me」などで
観客が喜ばないことが不思議でたまりませんでした。
なんと「I've Got A Feeling」とかもです。盛り上がらない・・・
「今まで演奏しなかったビートルズの名曲に、なぜ喜ばないのだろう?」

ポール本人がそういう初チャレンジに対するオーディエンスの反応を見て
「新しい曲はやめよう」と考え、毎回同じ曲ばかりするようになる心配もあります。
予定調和です。

ここまでは自分の勝手な想像だったのですが・・・

パンフレットの発言の中に、まさしくその部分がハッキリ書かれていました。
そういう曲で、客がビールを買いに立ち上がるのが見えて、ガッカリすると。
まあとらえ方は人それぞれで勝手ですが、予定調和は何でもレベル落としますから。

そしてまたこのことも書いてありました。
バンドメンバーが「Back Seat~」や「Silly Love Songs」を演りたいと
ポールをつついていると。
次回はこの名曲2曲をぜひ実現してほしいです。

74歳のポール。

全く大丈夫でした。「Maybe I'm Amazed」を演らなければ
おそらく大抵の人は気にならない声の出方だと思います。
そして楽器のプレイの方は・・・
本当にまいります。未だにすごく練習しているのがわかります。
アコギは特に、真面目に練習しているんだろうなぁ・・・
セレブが地道に努力する。かっこいいです。
技術の向上と体を鍛えることは、財力でどうにかすることはできませんから。

バンドメンバー。毎度のことたった5人でポールの全時代のセットリストを
時には忠実に、時には新しい風を吹かせて再現する技術。同期なしであの音の厚さ。
そして何よりあのコーラスワーク。
今回も、実はこのバンド一番の売りはこのコーラスな気がします。
楽器を弾きながらも合唱団クオリティです。

今回は1階スタンドセンター寄りの場所だったせいか
前回より数段音が良かったです。最近ヤフオクドームに行ったせいかもですが。

ポール、近いうちにまた !!

4-12.jpg

4-13.jpg
翌日は長女と昼食の約束をしていて、待ち合わせの東京駅へ。

4-15.jpg
初めて来ました。KITTEです。

4-16.jpg
またまた一食だけ贅沢をしようということで、「アルカナ東京」という店に。
いろんなとこでコイツと会います(笑)なんだか憎めなくなってきました(笑)

4-17.jpg
ランチコース。野菜をいろんな方法で食べさせるというのがコンセプトのお店で
今まで味わったことのない種類のものばかり。美味しかったです。

4-18.jpg
KITTEの6階は屋上庭園になっていて、ここがまたいいです。東京駅を上から見るというのも
いいですね。

ということでポール祭終了。これはまた来年、2年後、来そうですね。

さようなら東京。

いよいよスタート

2017年04月25日 22:20

さきほどポール・マッカートニーの武道館公演が無事に終わったようです。
先日書いたように、今回自分は断念したわけですが、さきほど某所にアップされたセットリストを見ると
2015年武道館に行った人だったら、泣くほど後悔することはないであろう選曲でした(行かれた方ごめんなさい・・・)

ポールは来日直前インタビューで
「今回はサージェント~の曲も演る」と言っていたわけですが
今夜の武道館では、最近お決まりの「ミスター・カイト」と「サージェント~リプライズ」のみでした。
ポールの発言が本当なら、セットリスト自体は後半戦東京ドームの方に期待が持てそうです。
とにかく今夜のセットリストは、「ONE ON ONEツアー」で、2013と2015で「演らなかった入れ替え曲」を
あろうことかたくさんカットしています。
もうポール余計なことは考えず、このツアーで演っている曲を素直に演ってくれた方が
日本のファンにとっては前回、前々回とカブりが少ないということをわかってほしいです。

前回2015年の武道館で、観客が狂喜したサプライズは「ANOTHER GIRL」でしたが
今夜のサプライズはこれまたマニアックな「IN SPITE OF ALL THE DANGER」でした。
クオリーメンの曲で、ビートルズの「アンソロジー1」で聴くことができます。