FC2ブログ

開米栄三さん死去

2020年05月05日 16:53


初代ゴジラの造形に関わられ、この有名なスチルでは、中に入っておられた開米栄三氏が亡くなりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

我々昭和の「元」少年は、今のような娯楽のない世の中で
特撮映画に育てられたようなものです(違う人もいます 笑)
当時は誰が造形した等という情報も入ってきませんし、子供たちにはそれ自体興味のあることでもありませんでしたが、
大人になり、この開米氏や、利光貞三氏、スーツアクター(こんな言葉も最近)の中島春雄氏、そしてもちろん
円谷氏のことなどを知るわけです。ゴジラの形が1作1作全て違うことも。
平成シリーズの特技監督、川北氏もすでに亡くなっています。
当たり前のことですが、自分たちを育ててくれたこういう方たちも、どんどん亡くなっていき寂しい限りです。

1954年の第1作「ゴジラ」を観たことのない若い方には、この自粛期間中にぜひ観てほしいものです。
自分は昭和から平成のシリーズ、最近のアニメ3部作も全て観ていますが、
今でも、シリーズ中別格の神作品です。

g542.jpg
しかしこの酒井ゆうじ氏原型の食玩。オマケレベルじゃないすさまじさです。
スポンサーサイト



はるかな星が ふるさとだ・・・

2020年02月15日 22:54

ここ数日音楽ネタもありませんので、あまり話題にしたことのないジャンルの思い出話です。

先日ここのコメント欄で、いつもお世話になっているギターマジシャンさんと
チラッとですが、ウルトラセブンの話題になったことがありました。
その時、セブンの話をすると長くなるな(笑)と思ったのですが、今夜はそのうちの少しだけです(笑)

働き始めてすぐ住み始めたアパートで、真下の部屋からギターの音が聞こえてきたことがきっかけで話し始めて
仲良くなった方がいました。その方は5つくらい年上でした。数か月お互いの部屋を行き来して
一緒にギターを弾いて遊んだりしていたのですが、その方が結婚することになり、アパートを出て行くことになりました。
それで引っ越しの手伝いをしたのですが、その時荷物に、ウルトラセブンのLD全巻があることに気付き、
「セブンとか好きなんですか?自分も好きでした」と、初めてギターや女の子のこと(笑)以外の話題になり、
結局全巻お借りすることになりました。
特撮ものは基本的に好きなのですが、実はセブンは小学生の時以来観ておらず、侵略者(セブンはこのへんも違います)
の名前・形状は覚えていても、特にエピソードの記憶はありませんでした。
しかし大人になり改めて観て、そのすごさにびっくりしました。もちろんエピソードの内容にです。

特に好きなエピソードが・・・

3話  湖のひみつ
6話  ダーク・ゾーン
8話  狙われた街
10話 怪しい隣人
14話 ウルトラ警備隊西へ 前編
15話 ウルトラ警備隊西へ 後編
24話 北へ還れ!
26話 超兵器R1号
36話 必殺の0.1秒
37話 盗まれたウルトラ・アイ
42話 ノンマルトの使者
45話 円盤が来た
48話 史上最大の侵略 前編
49話 史上最大の侵略 後編

と、全49話のうちの14話ですから、多すぎですが(笑)
特に42話なんかは、自分沖縄が第2のふるさとですから、金城哲夫さんの傑作と言われるこのエピソードは
何回も観ています。

そしてまた時が過ぎ、30歳くらいの時。
ある休日に、仕事仲間が20代半ばの若者を連れてうちに遊びにきたのですが、
初対面のその人が、うちのスターウォーズの模型に気付き、「僕も特撮好きで、今こんなもの買ってきたばかりです」と
見せてくれたのがなんとウルトラアイ。「その世代でなんでセブン?」とか(笑)すっかり忘れていたセブンの話題になりました。
ところがそのウルトラアイ。いかにも子供向けのおもちゃでした。
そしてたまたまその頃読んでいた模型雑誌で、ウルトラアイのレプリカ売っているのを見たことを思い出し、
「なんか本物から型をとったレプリカが売っているみたいよ」と教えると、「欲しいです。見つけて教えてくれますか?」
という流れになりました。
今なら「自分でネット調べて頼めばいいじゃん」という話ですが、当時はまだネットショッピングなどなく、見つけるのは本。
注文するなら電話。携帯はもちろんない(笑)という時代です。ということで調べてあげることになりその日は終わりました。

そして後日大事件が起きます(笑)

もう電話して聞くんだから、面倒だし注文もしてあげよう・・・と思い、電話番号を見ようと例の雑誌を開きました。
載っていたのはどうやらセブンのグッズ専門に売っているショップで、商品の監修も、モロボシ・ダン役の
森次晃嗣氏ご自身がされているようでした。

早速電話してみると、ウルトラアイは種類も実はエピソードで若干形状が違い、レプリカも何種類かあることがわかったり、
在庫もあるということで、キングジョーが出た時のバージョンにしよう・・・など、無事注文・・・という流れになったのですが、
電話対応の店員さんが突然「セブンのファンの方ですか?今、ここに森次さんいらっしゃるんですけど、サイン入れてお送りしましょうか?」とビックリのお話。
突然の出来事に、もちろん「お願いします」と答えました。
「わかりました。少々お待ちください」

??

なんの間 ?

「森次です。今日はお買い上げありがとうございます」
これにはまいりました。少しこみあげてくるものが・・・(泣)

そしてもちろん、「2つください !!」(自分の分も 笑)
という展開になったことはいうまでもありません。(気が利く店員さんと森次氏のいたずら心もあったのでしょう)

その後ネットの時代になり、当時のことを懐かしみながら「ウルトラアイ」と検索すると
今は普通に「森次晃嗣 直筆サイン入りウルトラアイ」という商品が売られています。
最初から中の台紙にサインが入れられている、↓画像右下のようなものです。
写真立てのサインは復活平成セブンの頃のもの。自分あのシリーズ(森次氏最後のシリーズ)も好きです。
しかし↓画像の右上、電話事件の時の、いかにも予定外にケース外側に書きました !! って感じの
目立たない黒文字の森次さんのサイン入りウルトラアイは宝物です。