FC2ブログ

THE & T-SQUARE

2020年03月14日 13:00

前回はCASIOPEAのことについて書きましたが、今日はWOWOWでCASIOPEAと同日、
最新ツアーのオンエアがあったT-SQUAREについて・・・

いきなりくだらない話ですが、「SQUARE」というバンド名の由来は、安藤氏が、バンド名付けないといけない・・・と
悩んでいる時に目の前にあったのが、当時の中学生はほとんど買ったことがあるのではないかと言われていた
このバッグがあったからです。(本人談。ちなみに自分は、確かに当時周りの友達は持っていましたが買ったことありません)

msg.jpg

自分は「ROCKOON」というアルバムから入りました。しかし「Tomorrow's Affair」のような名曲は入っていましたが
アルバム全体通して聴く・・・というくらいはハマらず、この次の「脚線美の誘惑」から本格的に聴き始めました。
そして、THE SQUAREというバンドの本質的な魅力である、JAZZ側からのアプローチ要素が強いフュージョンではない、
ポップなインストというスタイルが開花したのがこのアルバムだと思います。当時バックバンドもした、ユーミンが関わっている
アルバム「うち水にRainbow」

このアルバムは確かに楽器小僧たちが騒ぐような小難しいアレンジやテクニックは目立たないのですが
今聴いてもとにかく楽曲が素晴らしいと思います。捨て曲なし。

そしてこのCMの影響で、日頃フュージョンを聴かないリスナーたちにもアピールし、女性ファンが一気に増えたと
言われている、

このバンド当時最大のヒットアルバム「ADVENTURES」
adv.jpg
一般受けしたといっても、アルバムのクオリティは本当に高く、前作よりもアレンジの緻密さや各楽器のプレイも
ハイレベルでした。しかし、今聴くと、長谷部&田中のリズム隊が、後のレジェンドと言われるメンバーとどうしても比べてしまい
少し物足りないのも事実です。

大ヒットアルバム「ADVENTURES」の次作ということで、どうしても目立たない印象なのですが、
「ADVENTUARES」をデイサイドとすると、これはナイトサイドと、まるで意図的に作ったのではないかと思われるアルバム
「STARS AND THE MOON」
SAM.jpg
自分はこのアルバム、THE SQUAREの中では1、2番目に好きで、今でもヘビーローテーションです。
THE SQUAREの、マイナー(調ですよ)楽曲の極致という感じです。

そしてTHE SQUARE、本当のピークがやってきます。
メンバーはひととおりニューアルバムのレコーディングを終え、収録曲にも満足していたにもかかわらず
当時のプロデューサーが「何か足りない。もう少し・・・」と安藤氏に不満をもらし、
「チクショー」と言いながらも、追加曲として安藤氏があっという間に作ったのが「TRUTH」
おまけに、本人たちはそのつもりで作ったわけではないのに、当時のブームで何となくF1のテーマになってしまい
ほとんどの日本人が知っている曲になってしまいました。
その後安藤氏は「F1にピッタリの曲ですね」と何度も言われ、申し訳ない気持ち(笑)と語っています。
trut.jpg
自分は楽曲「TRUTH」には飽きているので(笑)このアルバム聴く時は他の曲ばかり聴きます。

そして、THE SQUAREと同時にCASIOPEAも聴いていた自分にとって、楽曲はいいけど、プレイのカッコよさは
やはりCASIOPEA・・・という考えをぶっ飛ばしてくれたのが、この名盤「NEW-S」です。
news.jpg
サックス&ウインドシンセが伊東氏から本田氏に変わりました。
実は自分、ライヴの時の伊東氏があまり好きではありません(笑)
前も書きましたが、「引く」かっこよさがないのです。常に吹いとかないと我慢できない。
それがギターがメロを弾く楽曲であっても、ユニゾンしてくるのです。
ギターの鳴りや倍音は強いサックスの音圧でかき消されてしまいます。
「Tomorrow's Affair」みたいな曲でやられたらたまりません・・・
SQUAREの場合、サックスメロにギターユニゾンという、逆もたくさんありますが、
それはギターびいきだからというのではなく、「All about you」のように違和感はありません。
話がそれました(笑)当時のファンたちの、伊東たけしいなくなってどうする?T-SQUAREも終わりか・・・
という不安を見事にぶっ飛ばし「メガリスショック」という言葉も生まれました。
mega.jpg
LDしか持っていなかった廃盤のこれ、ようやく手に入りました。

このツアーは運よく生で観ることができたのですが、もうこのオープニングでぶっ飛びました。
本田氏のすごさはもちろんなのですが、他のメンバーが、本田氏一人の影響で、潜在能力開放!というプレイに
なっています。
その後本田氏は人間的な問題で・・・(あくまで安藤氏側の言葉)とか言われながら辞めますが、
それが例えウワサでなく本当であっても、自分以前から言っているように、その人の人間性なんか
ミュージシャンには関係ない、楽曲こそすべてと思っていますので、この時がT-SQUAREのピークだと今でも思っています。


IMG_1982.jpg

最後に、安藤氏のギターといえば、やはりこの頃が思い出されます。

MOONのストラトタイプ。
PUはSSHだったりHSHだったりしますが、レッドのフロイドローズ付。
アンプはマーシャルのクリーン状態でペダルで歪ませ、おまけにライン出力(笑)という。
今では理解できないセッティングです。
mast.jpg
スポンサーサイト



THE SQUARE

2018年05月11日 22:05

最近こんなつまらないブログに来て相手してくださっている
ギターマジシャンさんと、T-SQUAREの安藤氏のことについて
やりとりさせていただいていたら、ここのところSQUAREばかり聴いていて
10代終わりから20代前半のことを懐かしく思い出したり、昨年WOWOWでオンエアされた
「THE SQUARE」のリユニオンライヴ観たりもしていました。
このWOWOWオンエアライヴは、ノーカットで商品化されていて
カットされている数曲が気にはなっていたのですが、買うには至りませんでした。
しかしネットでこれを見つけ・・・

なんと大好きなアルバム「うち水にRainbow」の、それもユーミンが作ってくれた
「黄昏で見えない」が収録されている !! これ超レアでしょう ?
おまけにWOWOWのライヴと合わせると、このアルバム収録曲ほぼコンプという・・・
即買いました。で、今見終わったところです。
この収録会場は横浜のライヴハウスなのですが、WOWOWのブルーノートライヴより
はるかに音がいい !! 特に安藤氏のギターは、サウンド、プレイともに雲泥の差です。
いいもん買った~(笑)

MCも面白い。特に良かったのが和泉氏のMC。
「両手でピアノが弾ける幸せ」
「昔、向谷と、歌手のバックバンドでもキーボードが二人いるのに、オレたちはなんで一人でこんなにがんばらないといけないのか?と愚痴っていた」とか、アナログレコーディングはテープを巻き戻さないといけないとか、昔を知っている楽器好きには楽しい話ばかり。ライヴハウスらしく、曲のスタートミス~やり直し、もそのまま。

長谷部徹氏のドラム。実はCASIOPEAと一緒に聴いていた当時、この人のドラムは
つまらないな・・・と思っていました。安藤氏も実は、最近のフュージョン特集ムックの中では
「昔のメンバーは別に不満があって別れたわけではない」的なことを言っていますが
当時のギタマガのインタビューに、やめてもらったメンバーについて、
「演奏レベル的にもう一緒にはできない」とリーダーとして言わなければならなかったと
ハッキリ記事に残っています。安藤さんお人よしっぽく見えるけど、実は野呂さんより頑固かも・・・
言っていたことと違うところなんかはルカサーみたい(笑)
で、長谷部氏、当時よりプレイもサウンドも素晴らしいではないですか !!

まあ、前から気になっている、勝手に名付けた、伊東氏の「我慢できないSAX」(読み間違えないように 笑)
「黄昏で見えない」や「Tomorrow's Affair」などのテーマ部分。
原曲は安藤氏のメロだけなのですが、もうどこもかしこもSAXでユニゾンしてきます。
「そこはギターだけで聴かせてくれよ」「吹くの我慢してギター立ててやれよ」と昔から思っていました。
バンドでは大切なことです。SQUAREのSAXがボーカルだとしたら、ギターソロの最中でも
シャウトするバカなボーカルと同じですよ。

ということで、「THE」 SQUARE時代の、「うち水にRainbow」~「RESORT」くらいが好きな方には
ツボにはまりまくりセットリストのソフトです。

しかし安藤氏、あの大好きな名曲「Moon over the castle」
あれだけギター弾きたちから愛されているのに
あのバージョンをライヴで弾く気は全くないのでしょう。残念です。動画でいいから一度だけ
観たかった・・・