--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下達郎

2012年09月29日 02:07



山下達郎大先生のベストアルバムが発売されました。
今までにもベストはあったのですが、これはレーベルを超えたもの
特に、貴重なシュガーベイブ時代の曲も入ってます。

普通のリスナーにはどうでもいいことでしょうが
全曲達郎氏自身のリマスター処理がされていて
宅録ファンにも嬉しいアルバムです。

これ時系列になってるので
聴きながら昔のこといろいろ思い出しました。

その1
高校生でギター始めた頃、「SPARKLE」のポジションを
友達から教えてもらって、いくら練習しても
ああいう音にならず、初心者ながら
ギタープレイ(特にカッティング)の奥深さに気づいたこと。
あの有名なカッティングは、いまだに氏が愛用している
ブラウンのテレキャスのライン直録りです。

ちなみに、さっき弾いてみたけどいまだにダメダメでした(泣)

その2
大学に入り、バンドやろうと誘ってくれた先輩(ベース)が
いきなり目の前で弾いてくれたのが、あの「BOMBER」のチョッパーの
完コピでびびったこと。

その3
その先輩とは結局バンドやらなかったけど
次に現われた、後に一緒に演奏することになる先輩(ベース)
がまたまたいきなり目の前で弾いたのが
「メリー・ゴー・ラウンド」(笑)だったこと。

その4
後に結婚することになるうちの奥さんと出会った時
二人が持ってた達郎のアルバム足したらほとんどコンプリートになったこと(笑)
音楽の趣味かぶると便利ですよね。

その5
今やっているバンドでようやく
いつかやってみたかった「クリスマス・イブ」のあの間奏
カノンのコーラスが実現できたこと。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。