--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCK +

2015年05月30日 18:55

ここ十数年のCharは、とても活動的で、
「TRAD ROCK」シリーズや、ツアーのライヴ盤もたくさん出しているので
よく考えてアレッと思ったのですが、実はこの新譜「ROCK +」は
純然たるオリジナルアルバムとしては、2005年の「天邪鬼 AMANO-JACK」以来
10年ぶりですね。

このアルバムは、今年還暦を迎えるCharが、十二支をキーワードに制作した記念盤で
Charにゆかりのある12人のアーティストをソングライターに迎えた、全曲オリジナル。
面白いのはすべての曲、プレイヤーやエンジニアが違うというところでしょう。
Char作曲のものは一つもありません。

1. カタルシスの凱旋  泉谷しげる

泉谷自身がアコギ一本の弾き語りをしても全く違和感ないだろう曲。
フォーク全盛時代の彼が、他のフォークミュージシャンとは違うロックスピリットを持っていたことが
(清志郎の音楽と同意)この曲でもよくわかります。

2. Still Standing  佐橋佳幸

これは秀作。かっこいい! ところで、スタジオミュージシャン、松たかこダンナ、
山下達郎のバックギタリストの佐橋氏。彼の何十周年かのイベントにもCharが出ていましたが
接点は何でしょう?わかりません・・・一緒に仕事とかありましたかね?
右チャンネルでずっと鳴っている佐橋氏のギターが気持ちいいです。 

3. Stormy Heart  布袋寅泰

布袋の最新アルバム「New Beginnings」の中に入っていても
おそらく全く違和感のない曲。インスト。完成度が高いです。
メロ部はCharが弾いても布袋節なのはさすがの楽曲の強さ。
中間部のソロでようやく「おおー、やっぱりChar節 !!」って曲です。

4. Gでいくぜ ムッシュかまやつ

Charにはこういう即興で作った的な、ユルい楽曲が多々あるのも認めますが
これだけ他のアーティストがきっちり曲を作っている中、この曲の存在意義は
「先輩を立てる」以外に何かあるのか疑問です。
 
5. ニッポンChar, Char, Char   石田長生

BAHOの友情参加ですかね? BAHOの時のCharとのからみは大好きですが
↑と同じ理由で、ソングライターとして自分的にはこのアルバムには??
4、5のスペースに誰か他の人の曲入れてほしかったです。

6. トキオドライブ 奥田民生

単純に好みの問題でしょう。自分はユニコーン時代からこの人の音楽に特に興味がないので
(桑田氏の音楽に興味がない理由と似ているかも)即興ですぐ出来た! 的な曲にしか聞こえません。

7. Night Flight  松任谷由実

さすがユーミン。きっちりした仕事。しかしCharと接点あったんですね。全く知りませんでした。
ユーミンの持ち味は好みはあるでしょうが、「風景が見える楽曲」ですから
この曲は大成功ですよね。

8. 悪魔との契約満了  佐藤タイジ

佐藤タイジって、奥田民生のような、イケイケロックンロールな曲、と思いきや、
疾走感はあっても美しいメロディでびっくり。言葉が多すぎるけど秀作。

9. I'm Just Like You  JESSE

ついにオヤジにラップ歌わせたか(笑)でもいい曲。

10. 7月7日 福山雅治

福山の曲に特に興味はないですが、歌をきちんと作る人だと納得。
いい曲ですね。Charとは仲いいのは知っていました。

11. チャーのローディー  宮藤官九郎

これはあの「Charのフェンダー」の続編ですね。官九郎というかグループ魂の世界です。
面白すぎるから許す。ふざけていますが、4、5、6とかの適当さと違って
時間かけてきっちり作っているところが明らかにわかります。
途中の阿部 サダヲ&Charのやりとりも素晴らしい(笑) 最後の「ヤフオク~」爆笑しました。

12. 坂道ホームタウン  山崎まさよし

この人もいい曲書きますよね。でもなんでこんなに言葉つめこまないといけないんだろう?
せっかくの美しいメロディが・・・


このアルバム面白いのは、全曲Charの音色が見事に違うことです。
まあ録音環境が曲ごとに違うわけですから、当たり前といえば当たり前ですが。

あっ、誤解なきよう。もちろんあの個性あふれるCharのトーンなのですが
サスティンが違う、耳障りが違う、空気感が曲によってまるで違うんです。
(ギターもコロコロ変えているかな?)そこがすごく楽しめました。

人に曲を作ってもらって、違うメンバーとプレイする、歌う、こんなCharもアリかな? と思いました。
考えてみれば、J.ベックとかだってそうですよね。作家陣でアルバムのクオリティ思いっきり違ったり・・・
あの人は歌わないけど(笑)

また、歌も福山やユーミンのように、歌謡曲的な「きっちり」した歌があるためか
心なしかいつもより丁寧に歌っている感じで微笑ましいです。

余談・・・ジャケットのマルチエフェクターはCharブランドで本当に発売されるもの。
回路等Char使用のものとのこと。OD、FUZZ、CH、DL、A.WAHの組み合わせ、
まさしくCharサウンド簡易コピー仕様ですね。

6月、このアルバム使って、この前行った(笑)武道館で還暦記念コンサートか、行きたいなあ・・・

ということで・・・
買い!!


DSC_3344.jpg
久しぶりに、家宝を眺めながら聴いています(笑)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。