FC2ブログ

JAWS

2019年01月16日 23:14

今夜の話題は、ほとんどの方に興味がないものと思われます(笑)

先日、あるニュース番組の、「最近話題になったニュース」というコーナーで
IKEAのサメのぬいぐるみ(1mで1780円 笑)が、2017年くらいからロシアでブームになり(もちろんインスタ絡み)
そのブームが世界に広がり、ついに今年は日本のIKEAでも売り切れ状態になった。というニュースを知りました。
(その時のIKEA店頭の売り切れを知らせる張り紙がまたしゃれていました)
直後、欲しいけど、IKEAなんてない、日本のはずれ、田舎では買えるわけもない・・・
とあきらめている知り合いの女の子供にプレゼントするため、ちょっとネット探してみると・・・
定価で在庫発見 !! 即購入(ニュースの影響はすごい。直後いろいろなサイトから在庫消えました)

プレゼントする前に、流行りのように一枚くらい画像を・・・と撮ったのはご想像の通り(笑)


で、本題はIKEAのぬいぐるみではなくて・・・

今でもテレビ等で「サメ」と聞くと、少しビクッ ! と反応してしまいます(笑)

自分、小学生の頃、初めて映画館で一人で観た映画が「JAWS」だったんです。
それまで親や友達と、お決まりの邦画観たりはしていましたが、洋画、それもパニック映画の元祖です。
この映画の衝撃はすごいものでした。JAWSについて検索かけると、昭和40年前後生まれの人たちで
自分と同じことを感じている人が、全世界にびっくりするほどたくさんいることがわかります。
内容はもちろんですが、小学生だった当時、子供ながら、この映画のポスターデザインの虜にもなり
親にねだり、生まれて初めて「ポスターなるものにお金を使う !! 」という経験もしました。
落書帳に絵もたくさん描きました。

そしてさっきの画像の話に戻ります(笑)

数十年の歳月が流れ、やっと持てた家の廊下に、そのポスター(もちろん当時のものではないですよ)が
今もこうしてデカデカと貼られていて、IKEAのシャークが眺めているわけです(笑)
音楽の趣味はもちろん、こういうことも子供の頃からほとんど変わらないのでした・・・

しかし、JAWSに対する評価というものは、大人になっていく自分にとっても、全世界の映画ファンにとっても
どんどん膨れあがってていきました。
スピルバーグがこれによって世界の監督になったこと、数えきれない亜流を生んだこと、
多くの映画関係者を生んだこと、この撮影の失敗経験が、この後特撮が急激に進化するきっかけになったこと・・・

それにつれ、映像ソフトの特典を中心に、いろいろな事実が明らかになりました。
その中でも今日書いておきたかったのが、このポスターの絵が、誰によってどう描かれたかということです。

JAWSにはもともと原作小説があって、なんと自分映画公開前の小5の時、もう発売されていた
原作を読んでいました。その翻訳版表紙は既にこのデザインだったんですが、最初本国アメリカで発売された時は
とんでもなく雑なサメの絵だったんです。映画化も決定した後、それを描き直してくれと依頼されたのが
後に「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」のポスターも描いた、Roger Kastel という人。
この人が、依頼されて「さあ困った」と行ったのが博物館。
その時撮ったホオジロザメ剥製の写真が・・・
IMG_7978.jpg
すみません画質悪いですが、これ絵ではなく、この方が撮った「写真」です。
おまけにこの時博物館の改装中で、サメが邪魔で横向きに置かれていて、この裏側写真(笑)
その結果あのポスターのサメは「腹側」・・・感動(笑)

ポスター原画を描いているスナップが・・・
IMG_7979.jpg
「おおー、あれを描いている・・・」この画像には感動しました。

しかし・・・デザインなんてされていない、ほとんど写真そのまんまでびっくりです(笑)

こういう事実が、数年前発売になった、レストア版のブルーレイによって
50代になった今わかるという・・・感慨深いです。

すみません・・・IKEAのニュースから思考がこんなになりました(笑)
スポンサーサイト