FC2ブログ

ムーミン展

2019年08月31日 23:14

以前ムーミンの原作小説の原画展が地元に来てくれたことはここに書きました。
あれから4年、テレビのCMで今年の夏はお隣の大分県で開催されると知り、
うちの奥さんと、「ああ、あのムーミン展が回ってきたわけね」とスルーしていたところ、
同僚が行ってきたということで、話を聞いたり図録を見せてもらっていると、
展示内容が全く違う上、規模が拡大していることを知り、一応昔、原作小説を9冊全て読むくらいは好きでしたから
やはり行こう !! ということになり、明日が開催終了というギリギリのところで行くことができました。

何度か行った、大分県立美術館OPAMです。美術に詳しいわけではありませんが、素晴らしい施設です。
IMG_9121.jpg
今回どうしても行っておこうと思った決定的な理由はこれです。
tani.jpg
昔から大好きだった、ムーミン谷の、原作小説版ではなく、のちにボードゲーム用に
トーベ・ヤンソンが書いた、この原画が来ていたこと。
これはじっくり5分くらい立ち止まって見せてもらいました。感慨深かったです。

しかし、入った途端、この手の展覧会お決まりのアレ・・・
小さい子たち大暴れ、貴重な原画の額にタッチ、泣き叫ぶ、グッズ見たらポイ捨て。年々ひどくなってきます。
前も書きましたが、これ自分も生まれる前の原画展、小さい子たちが面白いわけないんです。
ジブリ関係も、トトロとか好きで連れてくるのか知りませんが、駿じいさんが書いたコンテとか
面白いのは大人だけです。
子供自身と、周りの人たちに嫌な思いさせて、自分たちだけ楽しい親たち本当に困ったものです。
ほとんどほったらかし。周りの人は子供に腹が立つのではなく、放置している親に???です。
自分も子育てしましたからわかります。周囲のことがなぜわからないのでしょう?
やっかいなことに最近はマナーの話なのに、へたなこと言うと「子育て支援」の話題にすり替えられるから面倒です。
あれあれ、またつまらない話でした(笑)

原画はこんな感じです。特にお気に入りの2つですが、
Comet.jpg
comet2.jpg
御覧の通り、言い知れぬ暗さがあり、昔、子供心に少し怖さを感じていました。
そう、あの我々が子供の頃観た、アニメのムーミン(カルピス子供劇場第1作目)のイメージとは違うのです。
自分もあっちは当時から全く興味ありませんでした。

IMG_9112.jpg
場内は100%撮影禁止でしたので、これが唯一の記念撮影スポットでした。

少年に戻った2時間でした。
スポンサーサイト