FC2ブログ

アビイ・ロード 50周年

2019年09月29日 13:12

いろいろと忙しくて、2週間も更新していませんでした・・・

さて、待望のこれ(笑)が本日到着しました。

アビイ・ロード【50周年記念スーパー・デラックス・エディション】です。
今までいったい何枚買って、何回くらい聴いてきたのか? ってくらいのアルバムですが、CD3枚、ブルーレイオーディオ1枚、
やっと全て聴き終わりました。

「サージェント~」から始まる、ジャイルズ・マーティンによるこのシリーズも、ようやくこのアルバムまでたどりつきましたが、
コンセプト(お仕事内容)は変わっていません。マルチ素材をデジタルにコピーして、素材の良さを損なうことなく
クリーンナップし、原曲重視のミックスとマスタリングを行うというものです。当時生で聴いていた音はこんなに良かったんだぞ !!
という、あくまでも自然な音(だから全く新しい音ではない)自分は「当時の機器の不備への復讐」(笑)だと考えています。

まずは2019リミックスのCD1。

楽器の定位とストリングスやブラスのミックスがはっきりと変化しています。
例えば「サムシング」などは、賛否あるでしょうが、ベース定位がセンターに落ち着き、ジョージ・マーティンによる
ストリングスが音場を包み込むように美しく響きます。ベースのレベルがやや下がっているようです。
そういえばジョージがこの曲のベースがデカいと言ったと言われているので、それも関係しているかもしれません。
まあこの名曲はポールのあのベースなしには考えられませんが。

名演といわれるこの曲のジョージのソロですが、音色が大きく変わっています。ここは自分的には違和感あり。
ギターの歪みが、アンプ出音ではなく、卓側の過入力による歪みのように変化しています。
ギターの美しい歪みが、オーディオ的な歪みに・・・犯人はコンプかな?ここは意図がわかりません。

セッションのCD1、2が私的聴きどころなのですが、ポールが他人に書いた2曲のデモなど
「アンソロジー3」とかぶっていない音源が嬉しいです。

スタジオセッションも、「サムシング」の本チャン直前のものや、間違えて途中でやめるものがあったり、
「アンソロジー3」の個人レベルのデモの次の段階、スタジオでの「せ~の」のセッションが数多く収められており、
当たり前ですが、ビートルズは4人なので、「せ~の」で演れば、ベースが抜けた音源だったりします。

今まで数十年何で気付かなかったんだろう?と情けなく思ったのが、大好きな「ゴールデン・スランバー」の
かっこいいベースは、ジョージが弾いていたということ。おまけにチューニングが合っていないのもそのまま音源に(笑)

ジョンのファンは「カム・トゥゲザー」のセッションの、ジョンのシャウトに痺れることでしょう。こっちが本チャンで
良かったのに・・・という感じです。

最後の1枚がブルーレイの5.1chとドルビーアトモス仕様。

実は自分、環境はありながら(アトモスは天井SP未設置)音楽アルバムをサラウンドで聴くのは嫌いで、今までほとんど
聴いていなかったのですが、これは面白かったです。いや、ここまで真面目にサラウンドミックスするとは・・・
という感じでした。明らかに今まで聞こえなかった音が分離して聞こえます。

ということで、まだまだ聴きこむ楽しみが尽きません。

余談ですが、このアルバム発表時に、日本のジャーナリストが「他のアルバムはもうしないのか?」と聞いたのに対し
ジャイルズが「今ほかの仕事もすごく忙しいし、まだしないといけないかい?」と答えたらしいです。
自分はマルチが残っている「ゲットバックセッション」まではやってほしいです。
なんか、アルバム「LET IT BE」についてはメンバーもファンも冷たいですが、自分はあのアルバム悪くない・・・というか
好き(笑)なんですよね。日本人ファンには特に思い入れのある方は多いのではないかと思うのですが・・・
まあ人とかなり好みがずれているのは自覚しています(笑)

「ゲットバックセッション」の映像復活はもう決定していますが、ジャイルズには、このシリーズの「アルバム」としての
仕事でやってほしいです。

ところで、いつもCDをどうやって聴いているかというと。

このマランツのCDプレイヤーを
IMG_9278.jpg
AVアンプにももちろん送りますが、このヘッドフォンアンプに送り(AVアンプの方にはデジタルで、こっちにはアナログで)
IMG_9277.jpg
定番のこのヘッドフォンで聴いています。
IMG_9279.jpg
DTMをするので耳鳴らしのため、足し算も引き算もないこのモデルをずっと使用しています。
この環境で聴くと、リマスター効果など、明らかにわかりますし、DTMの時は市販CDと比べて
自分の作る音、特にMIXバランスやイコライジングなど、どこがおかしいかがわかりやすいからです。

スピーカーのチョイスはこのように完全映像ソフト向けなので、CDなどはほとんど鳴らしません。
ですから今回のブルーレイオーディオを聴き、これもありだなと考え直しました。
DSC_0763.jpg
スポンサーサイト