グレン・フライ

2016年01月23日 01:54

デビッド・ボウイの訃報からまだそんなに間もなく
今度はグレン・フライが・・・
実はボウイの方は、全盛期、自分が中高生の頃、グラム・ロック系に全く興味がなく
ビートルズとハードロックばかり聴いていたものだから
ほとんど思い入れがないというのが正直なところ・・・
布袋さんの発言でよく名を耳にするのと、曲も超有名なものしか知らない。
でもイーグルスは、中学生の頃このアルバムをいったいどれだけ聴いたことか?

1976発売のこのアルバムはご存知の通りイーグルスのアルバムで一番売れたわけだけど
バンドとしてはもう終焉を迎えるか?という頃。
通な人はもっと前のアルバムをフェイバリットにあげるけど
自分はやはりどんなにベタと言われようが、捨て曲なしのこれ。
今夜も、亡きフライに思いを馳せながら通して聴いてみた。
やはりいい・・・死ぬまで聴いているアルバムの一つだろうな・・・

自分にロックの素晴らしさを教えてくれた世代のミュージシャンたちが
次々に逝くのは当然のこととはいえ、10年後、いったい誰の新譜を買って聴けばいいのだろう?などと
おかしなことを考えてみたりする。

ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト


コメント

  1. foxxtale | URL | -

    SMOさん、こんばんは!
    大変大変ご無沙汰して申し訳ございません!

    まだあまり余裕はないのですが、ぼちぼち復活していきたいと思ってます。
    遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いします!

    グレン・フライ亡くなりましたね…
    私もホテル・カリフォルニアのアルバムが大好きです。
    ベタですが、タイトル曲はマストなんです。
    ですが、この曲にはグレン・フライはあまり関わっていないようですね(^_^;
    グレンの曲で言えば、ニュー・キッド・イン・タウンが大好きです。
    同じく一生聴いているだろうなってアルバムです。

    今年に入って、ロック系のミュージシャンの訃報が相次いでいますね。
    個人的にリスペクトしているベテランミュージシャンも多く・・・
    モーターヘッドのレミー、デヴィッド・ボウイ、モット・ザ・フープルのドラマー、そして元レインボーのジミー・ベインあたりは特にショックでした。
    そして本日も、ジェファーソン・スターシップのポール・カートナーが・・・

    ご冥福お祈りします。


  2. SMO | URL | -

    foxxtaleさん

    お久しぶりです。
    実はfoxxtaleさんのコメントがついた昨夜、3年ぶりに
    スタジオ入って、KISSのパーカー着て(笑)爆音鳴らしていました。
    なんかすごいタイミングでびっくりしました。

    ミュージシャンは今からもどんどんいなくなることが
    運命なわけですが、いやですね。あの人が・・・とか考えたくありません。

  3. ぶらうん佐藤 | URL | -

    こんばんは。
    私もボウイはそんなに興味がなかったので、
    グレン・フライの訃報の方がショック大でした(涙)
    「ホテル・カリフォルニア」大好きでよく聴きました♪
    ソロの「オールナイタ―」「ソウル・サーチン」も
    好きで愛聴盤になってます。

  4. SMO | URL | -

    ぶらうん佐藤様

    あのアルバムは、もちろんタイトル曲は名曲ですが
    ピアノ系のバラードが、あの時代では垢抜けすぎていると
    今でも思います。

    高校3年の頃、オフコースの「時に愛は」エンディングのソロを聴いて
    ここまでバレバレやるか!!と思ったのも懐かしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/273-f3dbf10e
この記事へのトラックバック