花火&ゴジラ

2016年07月30日 22:00

今夜はあの隅田川花火大会の日ですが、なんとうちの地元も花火大会でした。

毎年書いている通り、うちのベランダの正面がこんなという、恵まれたロケーション。
DSC_7376.jpg
DSC_7510.jpg
これなんか星雲とかの天体写真みたいになってますが・・・
DSC_7301.jpg
このスマイルはイラストじゃありませんよ。本当にさっき空を撮った写真です(笑)
main.jpg
shin.jpg
突然話は変わりますが(笑)、特撮ファンなので、もちろん「シン・ゴジラ」観てきました(笑)
情報を意図的にシャットアウトしていたので、今夜初めてネットのレビュー見たのですが
どうせまたニワカ評論家のボロンカス批評だらけだろうと思っていたら・・・
好意的なものが多くてびっくり。Yahoo映画の邦画で「4」超えるの久しぶりかも・・・
いやこの作品は良くできていたと思います。ただし、日本人の心にある「怪獣王」のゴジラではないですが。
そういう意味では外人ギャレス監督の2014ゴジラの方が意外なことに「怪獣」だったと思います。

自分は50代の特撮ファンでは珍しいタイプだと自覚しています。60歳くらいの人と
「ウルトラQ」の話もできるし、40歳くらいの人と「エヴァ」の話もできます。
だからこの歳で「いい」と思ったのかもしれません。でも館内にいた明らかに自分より上の世代の方たちも
エンドロール終わるまで誰も立ち上がりませんでした。
まあバックがオール伊福部ミュージックだったせいもあるかもしれませんが。

好き嫌いの分かれるところはおそらく
「日本という国で、もしこういう災害が起きた時」という仮定に異常にこだわってストーリーが進みます。
戦闘ヘリのバルカン射撃開始するだけで、誰に、どれだけの許可、手順、連絡が必要か?など・・・
政府関係者、自衛隊、各国の反応は描かれても、一般民衆の目線では一切描かれません。
実はこの点が前代未聞で「新しい」映画と言えるかもしれません。
個人的には、ラブコメ要素がゼロのところが高得点(笑)親子愛、夫婦愛、男女のゴタゴタ(笑)
潔く、一切出てきません。
そういう部分を面白いと思えるか?(完全に中学生以下くらいの子供相手は想定していないと思われる)

もう一つは、今までゴジラというキャラを、擬人化したり、意志があるように思い込んでいるかいないか?
でしょうね。ゴジラ愛に溢れている方はきついかも・・・

今までのゴジラ像がどうの・・・とか、往年のファンはどうの・・・とか気にしていたら
新しいものは作れるわけがないと思うので、庵野監督のこの発想は自分としては大正解です。
これは40代以上の多くの方々に観てほしい作品です。
sub626.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/288-0760b10e
    この記事へのトラックバック