--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野呂一生 自叙伝

2017年02月12日 01:16



CASIOPEAの野呂さん(自分には3rdではなくやはりこっちがしっくり・・・)が自叙伝を出しました。
野呂さんは昔からアルバムのライナー書いたりジャケットのイラスト書いたりしていたので
予想通りのユーモアあふれる、もう慣れたものといった、楽しい文章でした。
ギターマガジン等のインタビューは学生の頃から読んでいたので
それぞれのアルバムの制作秘話などは昔から知っていたことばかりでしたが
自叙伝ということで今回初めて書かれた赤裸々な事実には驚かされました。
CASIOPEAメンバーチェンジの真実、解散の真実。

高1の頃、オールナイトニッポンの途中に流れていた曲が気になって仕方がない・・・
という1stアルバムの曲(今でも覚えている出会いの曲は「SWALLOW」)との出会いから最近の3rdまで、ずっと聴き続けていますが
正直なところ歳をとるほどエレキギター本来のシンプルな音色が好きになってきて
あの当時斬新だったハーモナイザーや、コーラスかけっぱなし、もろラインの野呂さんのサウンドが
最近ちょっと苦手になっていました。
しかしこの本を読んでいると、自分自身の当時のことまで思い出されて
CASIOPEAの楽曲たちは時代を一緒に生きてきたんだなという思いを強くしました。

いつものことですが、単純な自分がこの本を読み終えてしたことといえば
お察しの通り、当時特にお気に入りだったCASIOPEAの曲聴きまくりです。

聴いた曲は(笑)

GYPSY WIND
SMILE AGAIN
TAKE ME
CHANDELIER
EYES OF MIND
DOMINO LINE
FROM OVER THE SKY
SWEAR
太陽風
Juicy Jam
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/303-c425fadc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。