SEA IS A LADY 2017

2017年05月11日 22:32



80~90年代のフュージョンブーム。
CASIOPEA THE SQUARE 高中 ナニワエキスプレス・・・
楽器のテクと表現力で勝負!! ってジャンルで、日本中の楽器小僧たちが
それまでロック弾いていたのに急にレスポール捨ててヤマハSGを買い
「ASAYAKE」コピーしたり、「TIME LIMIT」できなくて玉砕したり(笑)と
なかなか楽しい時代でした。

ここで角松のことを書くのは初めてかもしれません・・・
そのブームの真っ只中。
シンガーにしてはギター巧いな。
でも野呂さんや安藤さんには技術的にとてもかなわないし
高中の歌心にはかなわない
でもなんかインスト愛にあふれている、バックのミュージシャンはすごい。

という角松の初インストアルバムが「SEA IS A LADY」でした。
これはかなり聴いたアルバムで、最近でも時々聴いていました。
ギターのサウンドはショボいけど、メロディはいいし、グルーブも最高。

すると先日BS朝日で、角松がこのアルバムをリメイクした、という特番。
懐かしくなり速攻予約。

角松本人が、以前からこのアルバムについて、当時ギターサウンドもろくにわからないまま
勢いで作ってしまったと、あちこちで書いてあるのを見ていましたので
ああ、今の技術とサウンドでそっくりそのままのアレンジのまま
作り直したんだ、あのアルバムが純粋にクオリティアップしたんだ、と期待して聴いてみると・・・

ガッカリ・・・これはいかんわ。

下手に楽器や機材に詳しくなったり、ライブ慣れしたおかげで
余計なことを演りすぎです。
例えば名曲「SEA LINE」
たしかマイルドセブンメンソール発売時のCMに使われていたかな?
この曲、イントロの16カッティングが鳥肌もののかっこよさだったのですが
頭でっかちになりすぎの、片チャン動かない16カッティング
もう片チャンがシングルノートのミュート
二つ合わせて「おーっ、一緒に聴くとかっこいい~」というのを狙ったんでしょうが・・・
このパターンはもういろんなギタリストにさんざんやりつくされています。
なんであのまま今のいいサウンドで弾かなかったのか・・・

sil.jpg

本当に角松お願い・・・
この中域スカスカのオリジナル版を、リマスターで出してくれ、もう一度絶対買うから。
スポンサーサイト


コメント

  1. ぶらうん佐藤 | URL | -

    こんばんは。
    そうなんですか。私も気になってたので購入しようか迷ってました。どうしようかなぁ?(笑)オリジナル盤のリマスターは私も同感です!

  2. SMO | URL | -

    ぶらうん佐藤様

    お久しぶりです。
    私と感じ方も違うと思いますので聴いてみて感想聞かせていただけると
    嬉しいです(笑)
    こういうアルバム作る時は、せめて曲順は変えないでほしいです。
    それもやってしまっているし、追加曲もボーナストラックという形ではなく
    間に入れてしまってますし。
    自分はやはり前述した「SEA LINE」のイントロですね。
    新しいファンとかには、かえってオリジナルのカッティングの方が
    新しいですよ。
    それとCMで流れていたサビの部分、ターラララ・ラッター が
    ターラララ・ラッタラー(笑)になっています(こんなんで伝わるのか?笑)
    こういう変え方をかっこいいと思うところが、ああ、自分と感性違うわ
    と思ってきました(角松からしたら素人が~でしょうが)

  3. ぶらうん佐藤 | URL | -

    こんばんは。
    伝わってますよ(笑)
    なんだが逆に気になって聴きたくなってきました♪

  4. SMO | URL | -

    ぶらうん佐藤様

    (笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/311-2a8b173a
この記事へのトラックバック