サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

2017年05月28日 14:38



メディアでも大々的に取り上げられていますが、今年はサージェント~発売50周年。
今回はちょっと無理して・・・
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(スーパー・デラックス・エディション)」を
買いました。
今まで、ポールのアーカイブコレクションで、2作だけスーパー~を買いましたが
比べるとこれはまた気合の入ったものです。

DISC1(SHM-CD)は、新ステレオミックス。

DISC2&3(SHM-CD)は、スタジオ・セッション33曲。ほとんどが未発表、4トラックのセッション・テープから初ミキシング。
「ペニー・レイン」の新ステレオ・ミックス、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」も新ステレオミックス。

DISC4(SHM-CD)はオリジナルのモノラル・ミックスと、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」「ペニー・レイン」のシングル音源。
長年ファンやっときながらモノミックスを聴くのは恥ずかしながら初でした・・・

DISC5&6(BD&DVD):
5.1サラウンドのオーディオ・ミックスと、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の5.1サラウンド・ミックス。
アルバムと「ペニー・レイン」の新たなステレオ・ミックスのハイレゾ音源と、2015年にステレオ・ミックスされた「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のハイレゾ音源。
映像:「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」、「ペニー・レイン」そして「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のオリジナル・プロモーション・フィルムの4K復元版。及び、未発売のドキュメンタリー映画(1992年放映)の復元版。

そしていろいろなオマケ付きの超豪華仕様でした。

バンドを演っていると、ほとんどの場合耳コピ、そして自分の場合、打ち込みやアレンジ等もしているので、
変な特技が身につきました。それは各々の楽器の音をバラバラに聞き取ることです。

今回のこのリミックス。ファンによっては許せない行為かもしれません。
オリジナルを変えてしまうわけですから・・・
まだざっと聴いただけですが・・・自分のような人間にとっては、こんなに楽しいことはありませんでした。
今まで不明瞭だった楽器の音が、それこそバラバラと、ハッキリ生々しく聴こえてきます。
また最近聴き始めた「ビートルズの時代って何でこんなにひどい音なの?」という若い方たちには
ますますビートルズのすごさをアピールできるのではないでしょうか。

でも実は長年のファンにとって最大の価値ある音源は、CD2、3のセッションかもしれません。
表題曲がどうやってできていったか。「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」の最後のあのコードが
どうやって録られたか? など、まるで目の前に録音風景が浮かぶようでした。
これは長年このアルバムを聴いてきた楽器プレイヤーは必携です。

次はアビーロード50周年かな?(笑)
大好きなリボルバーは飛ばされてしまいました(涙)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/313-89daefc7
    この記事へのトラックバック