FC2ブログ

BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-

2019年10月25日 21:55

bst89.jpg

予約していたブルーレイが届きました。
懐かしい映像の最新リマスターです。「BLOND SAURUS TOUR '89 in BIG EGG -Complete Edition-」
90年代にNHKで放映、そしてVHSで発売されたライヴ映像のコンプリート盤でもあります。
なんやかんやで最近発売されたレベッカの再発&最新映像全部買ってしまっています(笑)

以前書きましたが、学生の頃から数を覚えてないくらいバンドやりましたが、
男ボーカルのバンドはたった2つです。あとは全て女性ボーカル。意図的ではなく、なぜかたまたまそうなってしまいました。
そして洋楽好きだろうが、バンドやることになればほとんど邦楽になってしまいます。
単純な事で、歌が歌えないからです。理由は外国語だということも技術的にもです。
それで結局お客さんに受ける曲ということで、このバンドのシングル曲は、もうほとんど演ったのではないだろうか?
というくらい演りました。

最近気付いたのが、「FRIENDS」を初めて人前で演奏したのが21の頃。最後に演奏したのが
今年の3月。何かすごいなと思いました(笑)

余談ですが、対バンでいろんなバンド聴いていると、もちろん素人なんだから好きな事すればいいのですが
延々ブルースセッションとか、ビートルズカバーでただレゲエにしましたとか、普通のお客さんほとんど楽しんでいません。
祭に呼ばれた時なんかは、お客さんが喜ぶ選曲が必須だと思って演っていました。

そして数年前までやっていたバンドでも、懐メロということでずいぶんお世話になったのですが、
やはり大人になると、若い頃気付かなかったことにいろいろ気付きます。
レベッカの曲は本当によくできています。
それは、実際演奏してみると、技術的にそれほど難しくないのに(あくまで拙い自分の基準ですよ 笑)
綿密にかっこよく聴こえるアレンジがされているということです。
ただ、条件があります。動画サイトでアマチュアバンドのカバーを観ると気付かれると思いますが

レベッカは土橋氏がほとんどの曲を作るキーボードバンド。それなのにキーボードプレイにそれほど技術はいらない。
ただしここが落とし穴。スコア見て簡単そうだから・・・と音色をバッチリ作らず演ると、本当にダサくなる。
当時のFM音源の音色を多少は知っていて、複数のシンセのMIDI同期の知識等必須。

ギターは、「エフェクトなんて気にしねーよ」のアンプ直系の人が弾くと曲のイメージぶち壊し。

ボーカルは、いくら巧くても、動かずに歌う人はダメ(笑)また、偏見でもいやらしい意味でもなく、
露出が異常に少ない人(頭に帽子、手首も見えない長袖、ソックスも見えないくらいのロングスカート)も
なぜか見た目で曲に合わない(笑)

話がそれましたが、このディスク見始めてびっくり。なんだこの音は !?
80年代の映像、音源です。それなのにメチャクチャ音がいい。
すぐ検索かけて納得。NOKKOのダンナ、世界的なエンジニアHOTODA氏のリミックス。
妻への愛も加わりすごい音に(笑)

しかしNOKKOのはっちゃけぶりすごいです。音程とか???だけど(笑)もうこんなボーカリスト出てこないでしょう。
着替えタイムもなし、ダンス踊りながらしっかり歌う。今の娘みたいにもちろん口パクなんてやらない。

IMG_9498.jpg

NOKKOのこんな表情のインタビューもたくさん観ることができます。
最近の再結成時に語っていましたが、この頃本当はボロボロで逃げ出したかったそうです。
この映像からは微塵も感じられませんが・・・
あんなにロックしてたのに、自分はロックなんて全く知らずに演っていた・・・とかびっくり発言もありました。

お恥ずかしいですが、バンドでカバーしていた頃の音源。
うちにメンバー打ち合わせに来た時、ドラムはエレドラしかなかったので
打ち込みに合わせて演奏したものです。もちろんミックスダウンはしています。
画像は真っ黒が味気なかっただけで、ほんとテキトーです(笑)

スポンサーサイト





コメント

  1. ギターマジシャン | URL | -

    レベッカ

    海外のバンドでも、何であそこのバンドにいた人が、こっちでこんなことをというのが、けっこうあって、レッドウォーリアーズの小暮が、元レベッカと知った時は、驚きました。
    (レベッカは「フレンズ」で知ったので、初期メンバーの知識は皆無でした)

    レベッカ関連では、フュージョン系のスタジオミュージシャンと思っていた是永がサポートで参加した際も、ちょっと意外でした。

    「フレンズ」のギターは、簡単そうで、けっこう運指が難しいし、生音メインのベンチャーズがたまに歪ませた時みたいな音色も、そっくりにするのは大変で、何だかんだ言っても、こちとら素人とプロは違うなあと実感します。

    SMOさんのカバー演奏は、すごく見事で、こういうガツンとくるギターの音に憧れながら、自分はピッキングが弱いせいか、なかなか出せずにいます。

    もっともっと、秘蔵音源を聴かせてほしいと思いました。

  2. SMO | URL | -

    ギターマジシャン様

    こんばんは。コメントありがとうございます。

    自分も、レベッカとレッズをほとんど同時期に聴き始めて
    その後シャケがレベッカにいたと知り、レベッカのファーストを聴き
    カッティングの音が同じでびっくりしました。

    フレンズのソロの話。さすがギターマジシャンさん。
    あのソロ完コピするには記憶&変な手クセもいりますよね。考えてたら間に合いません。
    何百回弾いただろう・・・? 音源ありますがご勘弁を(笑)

    ギターマジシャンさんに褒められるレベルの音源ではありません。
    聴いてくださりありがとうございます。
    ボードでプログラムした音を、当時使っていたケトナーのトランジスタの
    60Wで鳴らしてSM57のマイク録り、ディレイだけミックス時です。
    一発なので、相棒のベースも自分もリズムはずしていますがそのままです(笑)

  3. ももPAPA | URL | Wgi4adpQ

    おはようございます♪
    レベッカ じっくりと聴き込んだことはないですが このNOKKO の、突き抜けていくようなVocalは彼女ならではの魅力がありますね。

    こちらのカバー
    丁寧でしっかりとした演奏 じっくりと聴かせて頂きました。
    エモーショナルなギターフレーズも見事に決まってますね♪

  4. SMO | URL | -

    ももPAPA様

    おはようございます。コメントありがとうございます。
    レベッカは世代的には少し下ですが、参加バンドでは、高校生の頃は同級生に言われるがまま洋楽、大学行くと先輩に言われるがままRCや子供ばんど、卒業間際は後輩のバンドでレベッカやアン・ルイス・・・といった節操のなさでした。今大好きな布袋でさえ、後輩から演らされたBOOWYの曲がきっかけです。家に帰れば、ベックやフュージョンばかり聴くという(笑)しかしおかげでいろんなカバーをして勉強になりました。この中に自分の好みで始めた選曲はゼロで(笑)カバーした後に好きになるというパターンです。

    下手な音源聴いてくださりありがとうございます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/409-f7316ce5
この記事へのトラックバック