FC2ブログ

FENCE OF DEFENSE

2020年02月29日 21:46

昨夜はこのバンドを聴きながら眠りにつきました(笑)
このバンドのことは、周りの人に言ってもまず知っている人がいないのが悲しいですが、
FENCE OF DEFENCE
北島健二 西村麻聡 山田わたる 87年デビューの実力派バンドです。
当時NHKで放送されていた、あの伝説のバンド教則番組「ベストサウンド」のゲストや、
J-ROCKの番組「ジャストポップアップ」(生演奏がほとんどの良心的番組)で知ったバンドです。
とはいえ、北島氏はギターマガジン等で以前からお馴染みのギタリストでした。

Vo & Bass 西村 G 北島 Dr 山田 に、シンセ等の同期というスタイルのバンドで、
この後同じようなスタイルで大ヒットを飛ばすTMやB'zと共通点は多いですが、自分はどうもその2バンドは苦手で、
売れなかったのが不思議なこのバンドが大好きでした。
(実際TMや松本孝弘とは非常に関わっている)

当時も今もよく聴くのがこの2枚です。
FENCE OF DEFENCE Ⅳ RED ON LEAD
FOD4.jpg
FENCE OF DEFENSE V TIME
TIME.jpg
このバンドが好きだったのはもちろん北島氏のギターが好きだったからです。
独特のねちっこい音色、HRの枠には収まらないお洒落なアレンジ。
またⅣ当時、運よく地元で氏のギタークリニックがあり、練習スタジオ程度の狭い会場で
そのプレイをほんと目の前で見ることができました。内容は全く覚えていませんがお話もできました。

北島健二については面白い話があって、この人スタイルとしてはHRギタリストなんですが、ギターという楽器自体には
あまり興味がなく、オールド弾かない、アンプも、もちろんマーシャル系とかも使いますが、ローランドJCが大好きという
変わったロックギタリストです。
スポンサーサイト





コメント

  1. ギターマジシャン | URL | -

    北島健二

    後にヒットメイカーとなる織田哲郎らとWHYを結成したのをヤングギターの記事で知ったのと前後して、ソニー出版のムック本の付録ソノシートでジェフ・ベック講座の模範演奏をしていて、ベックファンの自分は、その完璧な演奏に感動しました。

    当時は、織田哲郎というか歌ものには興味がなかったので、WHYのアルバムや、織田がボーカルで参加した北島のファーストアルバムは買わなくて、ベック路線のインストにしたセカンド「ギター犯罪美学」は、とびつくように買いました。

    フェンス・オブ・ディフェンスは、キーボードなしのトリオながら、打ち込みサウンドも格好良く、TMやB’sに先駆けていたのに、思ったほど売れなかったですよね。

  2. ももPAPA | URL | Wgi4adpQ

    こんにちわ♪

    FENCE OF DEFENCE "CHAIN REACTION" 聴いてみました。

    このサウンド ももPAPA的には"ツボピタ"なサウンドですよ!
    西村氏のVocalもなかなかですが、北島氏のギター いいですね~
    粘りがあってドライブするギター 布袋さんよりもずっとこっちが好きです。

    しかし、このバンド お恥ずかしいですがこれまでノーチェックでした。
    売れなかったそうですが、なぜだろう こんないいサウンドなのに・・

    ちょっと もっと追ってみようと思います。٩( ''ω'' )و

  3. SMO | URL | -

    ギターマジシャン様

    こんにちは。
    そうそう、雑誌等でもこの人教則ものが多くて、名前だけは前から知っていたんですが
    このバンドで、本当にかっこいいなと思いました。
    ベックっぽさはあまりないですよね。ペイジのリフとかは、曲の部分によく出てきますが(笑)
    このバンド売れなかったですよね~でも今でも活動していて嬉しいです。

  4. SMO | URL | -

    ももPAPA様

    こんばんは。コメントありがとうございます。
    そうなんです。みなさんご存知ないです。
    TVの主題歌なんかもあったのですが。
    残念ながら、自分が大好きだった頃の動画はほとんど上がってないようです。

    北島氏のギターは、おっしゃる通り粘りがありますよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/431-1c4fa538
この記事へのトラックバック