FC2ブログ

THE & T-SQUARE

2020年03月14日 13:00

前回はCASIOPEAのことについて書きましたが、今日はWOWOWでCASIOPEAと同日、
最新ツアーのオンエアがあったT-SQUAREについて・・・

いきなりくだらない話ですが、「SQUARE」というバンド名の由来は、安藤氏が、バンド名付けないといけない・・・と
悩んでいる時に目の前にあったのが、当時の中学生はほとんど買ったことがあるのではないかと言われていた
このバッグがあったからです。(本人談。ちなみに自分は、確かに当時周りの友達は持っていましたが買ったことありません)

msg.jpg

自分は「ROCKOON」というアルバムから入りました。しかし「Tomorrow's Affair」のような名曲は入っていましたが
アルバム全体通して聴く・・・というくらいはハマらず、この次の「脚線美の誘惑」から本格的に聴き始めました。
そして、THE SQUAREというバンドの本質的な魅力である、JAZZ側からのアプローチ要素が強いフュージョンではない、
ポップなインストというスタイルが開花したのがこのアルバムだと思います。当時バックバンドもした、ユーミンが関わっている
アルバム「うち水にRainbow」

このアルバムは確かに楽器小僧たちが騒ぐような小難しいアレンジやテクニックは目立たないのですが
今聴いてもとにかく楽曲が素晴らしいと思います。捨て曲なし。

そしてこのCMの影響で、日頃フュージョンを聴かないリスナーたちにもアピールし、女性ファンが一気に増えたと
言われている、

このバンド当時最大のヒットアルバム「ADVENTURES」
adv.jpg
一般受けしたといっても、アルバムのクオリティは本当に高く、前作よりもアレンジの緻密さや各楽器のプレイも
ハイレベルでした。しかし、今聴くと、長谷部&田中のリズム隊が、後のレジェンドと言われるメンバーとどうしても比べてしまい
少し物足りないのも事実です。

大ヒットアルバム「ADVENTURES」の次作ということで、どうしても目立たない印象なのですが、
「ADVENTUARES」をデイサイドとすると、これはナイトサイドと、まるで意図的に作ったのではないかと思われるアルバム
「STARS AND THE MOON」
SAM.jpg
自分はこのアルバム、THE SQUAREの中では1、2番目に好きで、今でもヘビーローテーションです。
THE SQUAREの、マイナー(調ですよ)楽曲の極致という感じです。

そしてTHE SQUARE、本当のピークがやってきます。
メンバーはひととおりニューアルバムのレコーディングを終え、収録曲にも満足していたにもかかわらず
当時のプロデューサーが「何か足りない。もう少し・・・」と安藤氏に不満をもらし、
「チクショー」と言いながらも、追加曲として安藤氏があっという間に作ったのが「TRUTH」
おまけに、本人たちはそのつもりで作ったわけではないのに、当時のブームで何となくF1のテーマになってしまい
ほとんどの日本人が知っている曲になってしまいました。
その後安藤氏は「F1にピッタリの曲ですね」と何度も言われ、申し訳ない気持ち(笑)と語っています。
trut.jpg
自分は楽曲「TRUTH」には飽きているので(笑)このアルバム聴く時は他の曲ばかり聴きます。

そして、THE SQUAREと同時にCASIOPEAも聴いていた自分にとって、楽曲はいいけど、プレイのカッコよさは
やはりCASIOPEA・・・という考えをぶっ飛ばしてくれたのが、この名盤「NEW-S」です。
news.jpg
サックス&ウインドシンセが伊東氏から本田氏に変わりました。
実は自分、ライヴの時の伊東氏があまり好きではありません(笑)
前も書きましたが、「引く」かっこよさがないのです。常に吹いとかないと我慢できない。
それがギターがメロを弾く楽曲であっても、ユニゾンしてくるのです。
ギターの鳴りや倍音は強いサックスの音圧でかき消されてしまいます。
「Tomorrow's Affair」みたいな曲でやられたらたまりません・・・
SQUAREの場合、サックスメロにギターユニゾンという、逆もたくさんありますが、
それはギターびいきだからというのではなく、「All about you」のように違和感はありません。
話がそれました(笑)当時のファンたちの、伊東たけしいなくなってどうする?T-SQUAREも終わりか・・・
という不安を見事にぶっ飛ばし「メガリスショック」という言葉も生まれました。
mega.jpg
LDしか持っていなかった廃盤のこれ、ようやく手に入りました。

このツアーは運よく生で観ることができたのですが、もうこのオープニングでぶっ飛びました。
本田氏のすごさはもちろんなのですが、他のメンバーが、本田氏一人の影響で、潜在能力開放!というプレイに
なっています。
その後本田氏は人間的な問題で・・・(あくまで安藤氏側の言葉)とか言われながら辞めますが、
それが例えウワサでなく本当であっても、自分以前から言っているように、その人の人間性なんか
ミュージシャンには関係ない、楽曲こそすべてと思っていますので、この時がT-SQUAREのピークだと今でも思っています。


IMG_1982.jpg

最後に、安藤氏のギターといえば、やはりこの頃が思い出されます。

MOONのストラトタイプ。
PUはSSHだったりHSHだったりしますが、レッドのフロイドローズ付。
アンプはマーシャルのクリーン状態でペダルで歪ませ、おまけにライン出力(笑)という。
今では理解できないセッティングです。
mast.jpg
スポンサーサイト





コメント

  1. ももPAPA | URL | Wgi4adpQ

    こんにちわ♪

    Madison SQUARE GARDEN 持ってました(^^;

    THE SQUARE 確かにポップなフュージョンサウンドって感じで
    プリズムやカシオペアと識別してました。

    Truth は曲だけ独り歩きしすぎて、F1のイメージソングに
    なってしまった感がありましたね。

    Megalithの動画で、3分7秒あたりから チラチラ出てるベ
    ーシストは須藤氏でしょうか
    則竹 須藤のコンビも最強で、それに絡む安藤氏のギターも
    テクニカルでシビれます。

  2. SMO | URL | -

    ももPAPA様

    こんにちは。

    やはりバッグ持っていたんですね(笑)
    なぜ当時みんな持っていたのに買おうとしなかったんだろう・・・

    この時のメンバーは、安藤 和泉 本田 則竹 須藤 です。
    技術で言うと鉄壁ですよね。音楽は技術だけではありませんが、この頃は曲も最高でした。
    この曲、ドラムのリズムキープ大変ですよね。他人に合わせようとしたら崩壊しそうです。すごく強い意志が必要ですね(笑)

    この動画は発売されているものですが、生でもまんまこのレベルでした。

  3. ギターマジシャン | URL | -

    スクエア

    ジャズよりのフュージョンでフロントマンがサックスの伊東だったスクエアが、田中&長谷部のリズム隊に変わりロック調になったことで、安藤のギターが歪んだ音へと変貌して、メロディもアドリブもギターメインの曲が増え、当時ギター音楽ばかり聴いていた自分にとっては、嬉しい変化でした。

    さらに須藤&則竹のリズム隊で、テクニック面が強化されたところで、フロントマンが本田になり、テクニカルフュージョン路線へと幅が広がったように思います。

    伊東がライブで吹き続ける件は、自分がギターのせいでよけい感じるのでしょうが、本当に邪魔に感じて嫌になりますし、映像だとそっちにカメラが移動することも・・・。
    (サックスは伴奏ができない分、手持無沙汰になるのか、自分の昔の発表会でも、こっちのアドリブ中に勝手に入ってきました。)

  4. SMO | URL | -

    ギターマジシャン様

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    ロック調になった理由は、長谷部&田中加入に加え、当時安藤氏が、ジャズ系ギタリストから、ルークとかを聴き始めたからと、40周年のインタビューで語っていました。ギターや機材もそれで変わったと言っています。

    サックスの件。言われてみれば、伴奏に回れないから・・・ということを理由にしているかもしれませんね。しかし、ボーカルの代わりのようなスタイルなのですから、ボーカルみたいに休めばいい話ですよね。とにかく、もともとギターインストとして作られた楽曲ではわきまえてほしいです。
    また、テーマでたっぷりサックス吹ける楽曲の、ギターとかがかっこいいイントロで、早々合いの手入れるのも我慢してほしいです。最近のライヴでも相変わらずですよ(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://islandbreeze1701.blog21.fc2.com/tb.php/433-bad39842
この記事へのトラックバック