SEA IS A LADY 2017

2017年05月11日 22:32



80~90年代のフュージョンブーム。
CASIOPEA THE SQUARE 高中 ナニワエキスプレス・・・
楽器のテクと表現力で勝負!! ってジャンルで、日本中の楽器小僧たちが
それまでロック弾いていたのに急にレスポール捨ててヤマハSGを買い
「ASAYAKE」コピーしたり、「TIME LIMIT」できなくて玉砕したり(笑)と
なかなか楽しい時代でした。

ここで角松のことを書くのは初めてかもしれません・・・
そのブームの真っ只中。
シンガーにしてはギター巧いな。
でも野呂さんや安藤さんには技術的にとてもかなわないし
高中の歌心にはかなわない
でもなんかインスト愛にあふれている、バックのミュージシャンはすごい。

という角松の初インストアルバムが「SEA IS A LADY」でした。
これはかなり聴いたアルバムで、最近でも時々聴いていました。
ギターのサウンドはショボいけど、メロディはいいし、グルーブも最高。

すると先日BS朝日で、角松がこのアルバムをリメイクした、という特番。
懐かしくなり速攻予約。

角松本人が、以前からこのアルバムについて、当時ギターサウンドもろくにわからないまま
勢いで作ってしまったと、あちこちで書いてあるのを見ていましたので
ああ、今の技術とサウンドでそっくりそのままのアレンジのまま
作り直したんだ、あのアルバムが純粋にクオリティアップしたんだ、と期待して聴いてみると・・・

ガッカリ・・・これはいかんわ。

下手に楽器や機材に詳しくなったり、ライブ慣れしたおかげで
余計なことを演りすぎです。
例えば名曲「SEA LINE」
たしかマイルドセブンメンソール発売時のCMに使われていたかな?
この曲、イントロの16カッティングが鳥肌もののかっこよさだったのですが
頭でっかちになりすぎの、片チャン動かない16カッティング
もう片チャンがシングルノートのミュート
二つ合わせて「おーっ、一緒に聴くとかっこいい~」というのを狙ったんでしょうが・・・
このパターンはもういろんなギタリストにさんざんやりつくされています。
なんであのまま今のいいサウンドで弾かなかったのか・・・

sil.jpg

本当に角松お願い・・・
この中域スカスカのオリジナル版を、リマスターで出してくれ、もう一度絶対買うから。

ポール祭終了 !!

2017年05月01日 09:44

4-1.jpg
いよいよポール祭のためだけに(笑)東京へ出発~

4-2.jpg
2年ぶりの東京ドーム。あの時の頭痛を思い出します(笑) 今回は入る前から薬飲みました・・・

4-3.jpg
グッズ売場はやはりすごい数ですが、2013 2015ほどの並び方ではありませんでした。
1時間も待つことなくゲット。

4-4.jpg
そして前回学習した、東京ドーム入り待ち絶好ポイントへ。
この歩道橋の下です。この画像は終了後、人がはけてからのもので
午前中から、まるで花見か?というような場所取り合戦でした。
前回はシートやイスまで準備という人をあまり見かけませんでしたので
今回はみんな学習したのでしょうね。
なんせドームでは実物は豆粒(笑)で、実際はビューで生中継見ているようなものですから
生のポールを間近で見ようとすれば、出待ち、入り待ちしかないのです。
しかし・・・ここ以外は直射日光に当たって大変だっただろうな・・・

当日は晴れだったのですが、なんとポールが通過するころは
天気予報通り雨・・・
晴れていたらいい写真が撮れていたのに・・・

ということで、前回同様目の前2mをポール通過 !!!
暗くてカメラがついていけない・・・

しかし・・・

4-5.jpg
なんと・・・! 今回はバッチリこっち見てくれている !!!
一眼でファインダーをのぞき、最高速で連写でしたから
後で落ち着いて画像チェックする時に気付きました。

これは隣で手作り応援グッズを見せていた方のおかげでしょう。
その方は羽田のお迎えで、めざましテレビに取材受けるようなコアなファンでした。
また親切な方と知り合いました。感謝・・・

4-6.jpg
4-7.jpg
4-8.jpg
ポールに会えて、目的の半分は果たし(笑)のんびり軽食などして
開演1時間前にドーム入場。
発表では4万8000人の入りだったそう。うちの地元人口の半分くらい(笑)

4-9.jpg
予定時刻を30分オーバーし、いよいよライヴスタート。
「ONE ON ONEツアー」で加わったリストが楽しみです。

4-10.jpg
4-11.jpg

2017 4.29(Sat) TOKYO DOME

SET LISTS

1 A Hard Day's Night
2 Save Us
3 Can't Buy Me Love
4 JET
5 Temporary Secretary
6 Let Me Roll It
7 I've Got A Feeling
8 My Valentine
9 1985
10 Maybe I'm Amazed
11 I've Just Seen a Face
12 In Spite Of All The Danger
13 You Won't See Me
14 Love Me Do
15 And I Love Her
16 Blackbird
17 Here Today
18 New
19 Queenie Eye
20 The Fool On The Hill
21 Lady Madonna
22 FourFiveSeconds
23 Eleanor Rigby
24 I Wanna Be Your Man
25 Being for the Benefit of Mr. Kite!
26 Something
27 Ob-La-Di, Ob-La-Da
28 Band on the Run
29 Back in the U.S.S.R.
30 Let It Be
31 Live and Let Die
32 Hey Jude

(EN)

33 Yesterday
34 Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(Rep)
35 Hi,Hi,Hi
36 I Saw Her Standing There
37 Golden Slumbers
38 Carry That Weight
39 THE END

ドーム他の2日間では、「Letting Go」「Junior's Farm」などの曲の入れ替えはありました。

今回のツアーパンフレットに、自分が毎度話題にするセットリストについて
ポール自身の興味深い発言がありました。
毎回どうやってセットリストを考えるか? です。

自分は毎回、おそらく何度も来ているであろう観客が、お決まりの曲で喜び
例えば自分が個人的に今回一番楽しみにしていた、初演奏の「You Want See Me」などで
観客が喜ばないことが不思議でたまりませんでした。
なんと「I've Got A Feeling」とかもです。盛り上がらない・・・
「今まで演奏しなかったビートルズの名曲に、なぜ喜ばないのだろう?」

ポール本人がそういう初チャレンジに対するオーディエンスの反応を見て
「新しい曲はやめよう」と考え、毎回同じ曲ばかりするようになる心配もあります。
予定調和です。

ここまでは自分の勝手な想像だったのですが・・・

パンフレットの発言の中に、まさしくその部分がハッキリ書かれていました。
そういう曲で、客がビールを買いに立ち上がるのが見えて、ガッカリすると。
まあとらえ方は人それぞれで勝手ですが、予定調和は何でもレベル落としますから。

そしてまたこのことも書いてありました。
バンドメンバーが「Back Seat~」や「Silly Love Songs」を演りたいと
ポールをつついていると。
次回はこの名曲2曲をぜひ実現してほしいです。

74歳のポール。

全く大丈夫でした。「Maybe I'm Amazed」を演らなければ
おそらく大抵の人は気にならない声の出方だと思います。
そして楽器のプレイの方は・・・
本当にまいります。未だにすごく練習しているのがわかります。
アコギは特に、真面目に練習しているんだろうなぁ・・・
セレブが地道に努力する。かっこいいです。
技術の向上と体を鍛えることは、財力でどうにかすることはできませんから。

バンドメンバー。毎度のことたった5人でポールの全時代のセットリストを
時には忠実に、時には新しい風を吹かせて再現する技術。同期なしであの音の厚さ。
そして何よりあのコーラスワーク。
今回も、実はこのバンド一番の売りはこのコーラスな気がします。
楽器を弾きながらも合唱団クオリティです。

今回は1階スタンドセンター寄りの場所だったせいか
前回より数段音が良かったです。最近ヤフオクドームに行ったせいかもですが。

ポール、近いうちにまた !!

4-12.jpg

4-13.jpg
翌日は長女と昼食の約束をしていて、待ち合わせの東京駅へ。

4-15.jpg
初めて来ました。KITTEです。

4-16.jpg
またまた一食だけ贅沢をしようということで、「アルカナ東京」という店に。
いろんなとこでコイツと会います(笑)なんだか憎めなくなってきました(笑)

4-17.jpg
ランチコース。野菜をいろんな方法で食べさせるというのがコンセプトのお店で
今まで味わったことのない種類のものばかり。美味しかったです。

4-18.jpg
KITTEの6階は屋上庭園になっていて、ここがまたいいです。東京駅を上から見るというのも
いいですね。

ということでポール祭終了。これはまた来年、2年後、来そうですね。

さようなら東京。

いよいよスタート

2017年04月25日 22:20

さきほどポール・マッカートニーの武道館公演が無事に終わったようです。
先日書いたように、今回自分は断念したわけですが、さきほど某所にアップされたセットリストを見ると
2015年武道館に行った人だったら、泣くほど後悔することはないであろう選曲でした(行かれた方ごめんなさい・・・)

ポールは来日直前インタビューで
「今回はサージェント~の曲も演る」と言っていたわけですが
今夜の武道館では、最近お決まりの「ミスター・カイト」と「サージェント~リプライズ」のみでした。
ポールの発言が本当なら、セットリスト自体は後半戦東京ドームの方に期待が持てそうです。
とにかく今夜のセットリストは、「ONE ON ONEツアー」で、2013と2015で「演らなかった入れ替え曲」を
あろうことかたくさんカットしています。
もうポール余計なことは考えず、このツアーで演っている曲を素直に演ってくれた方が
日本のファンにとっては前回、前々回とカブりが少ないということをわかってほしいです。

前回2015年の武道館で、観客が狂喜したサプライズは「ANOTHER GIRL」でしたが
今夜のサプライズはこれまたマニアックな「IN SPITE OF ALL THE DANGER」でした。
クオリーメンの曲で、ビートルズの「アンソロジー1」で聴くことができます。

2年ぶりのポール祭 !!

2017年04月16日 13:50


いよいよ今月末近づいてきました。
2年ぶりのポール来日。東京に行くのも2年ぶりです。
とはいっても1泊帰りなので、ほとんどの時間をコンサートのために使い
ブラブラはほとんどできないでしょう。
ああ東京もゆっくり行きたい・・・

さて今回は 2013 2015 の時とはツアーが違いますので
セットリストが結構変わるのでは?という楽しみがあります。
毎回この予想している時期が楽しいものです。

おまけに同じツアーとはいえ久しぶり、そしてサージェント発売50Thとかも絡んでいるので
同じツアーで最後に演った時とも少しは変えてくれるのではないでしょうか。

以前も書きましたが、今回のツアーのセットリストで
2015来日から入れ替わった曲はこれ。

A Hard Day’s Night
Letting Go
Temporary Secretary
I’ve Got a Feeling
Here, There and Everywhere
In Spite of All the Danger
You Won’t See Me
Love Me Do
The Fool on the Hill
FourFiveSeconds

この9曲は変えないで、サージェントの曲を追加してくれるといいなぁ・・・
で、サージェントの曲といえば・・・

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
オープニングにぴったり。来るかな?(笑)

「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」
リンゴとのセッションでよく聴くし、もともとボーカルがリンゴだからしなくていいです(笑)

「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」
やはりジョンのイメージが強すぎるのでいいかな

「ゲッティング・ベター」
これはロシアでも演ってたし、演らないと!!

「フィクシング・ア・ホール」
個人的にはこの辺がレア。でも日本人ビートルズファン多いとか言いながら
またいつかのように周りがシラッとなるの見て「オマエたちコレ知らないのか!!?」とびっくりしそうな曲?

「シーズ・リーヴィング・ホーム」
演らないでしょう。

「 ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」
最近のインタビューで、今回の来日「サージェント~」の曲は演りますか?
という質問に対して「演るよ」と言っていたポール。この曲のことだったら怒るよ(笑)
インタビュアーも「ミスター・カイト」以外の~と聞けばよかったのに・・・(笑)

「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」
「ホエン・アイム・シックスティ・フォー」

このあたりはマニア受け狙いすぎでないかな。

「ラヴリー・リタ」
前回十分聴かせていただきました。

「グッド・モーニング・グッド・モーニング」
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ)」
これもないな。

「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」
これは近年よく演っているし、ジョンの世界なのに
へえ、ポールが歌ってもいいなと思ったので、客は喜ぶのでは。

ESCAPE FRONTIERS 完全再現ライヴ

2017年03月13日 18:48



生で観れるものなら観たかったJOURNEYの「ESCAPE」「FRONTIERS」完全再現ライヴ at 武道館。
昨夜WOWOWでオンエアされました。すごく楽しみな放送だったし、WOWOWには本当に感謝なのですが
ライヴ自体のクオリティは、演ってくれただけで嬉しい・・・というレベルだったのではないかと思います。
もちろん標準以上の十分満足なライヴでしたが、なんか演奏がとっちらかっていて
いつものJOURNEYクオリティではありませんでした。
スティーヴ・スミス復活で、ペリー以外の当時のメンバーが完全復活、昔からのファンは喜んだわけですが
やはりアンサンブルがイマイチな原因はドラムかな?という感じでした。
皮肉なことに前ドラムのディーン・カストロノボのすごさを証明することになりました。
JOURNEYが売れ線バラードばかりではない、立派なハードロックバンドであることを示す楽曲は
二ールのギターとドラムのアンサンブルがキモだと思うんですが、そういう曲では今のスティーヴ・スミスは弱いと思います。
ディーンはその点ですごかったんだな・・・と痛感。
それと、各アルバム1曲ずつ、知らないサポートメンバーがボーカルとったのですが
アーネル、キーが高くて歌えなかったんでしょう。
この企画立てた時点で予測できたことでしょうから、まあ仕方ないか・・・
個人的名曲「After the fall」はアーネルの声で聴いてみたかったです。

話はまったく変わりますが、自分の体調の関係で、ライヴ関係はいつもうちの奥さんが
それほど興味のないミュージシャンでも付き合ってくれています。
たまにはこっちも付き合おうかということでもないのですが
彼女の好きなユーミンが、今年久々に大規模な全国ツアーをやるということで
どうせ取れないだろう・・・と、九州内行けそうな会場二か所申し込んでみたら
二か所とも当たってしまったので、いつものお礼に付き合うことにしました。
学生の頃付き合っていた子がユーミンの大ファンで、自然にほとんどの曲は知っているし
当時徹夜で並んでチケットを手に入れ(当時はネットも携帯もなし、頼りは自分の体のみ 笑)
あの頃としては考えられないステージのレベルに感動したことを思い出します。
いや、ほんと日本人アーティストで当時あのレベルのステージはなかったです。
あれから30年・・・いろいろと思い出しそうです。